ヒカルの年収と金持ちな理由5選|違うと思う人の声・アンチの意見も

ヒカルってなんで金持ちなの?」「主な収入源と具体的な数字が知りたい!」「ネットビジネスでの稼ぎは?」など、ヒカルの印象は今やお金持ちなイメージが強く、多くの人は総資産を気にした経験があるはずです。

ここではヒカルの収入源を全て暴露していくと共に、ユーチューブでの広告収入などの細かな計算をしていくことで、よりリアルな数字を出していくことにしましょう。

さらにヒカルは過去に黒い噂を持っている人物であることからも、過去の収入の全てについても暴露していくことで、ヒカルが今まで稼ぎ出したよりリアルな金額を割り出すことにします。

また、「ヒカルはお金持ちじゃない!」と主張するアンチの声も伝えることで、なぜヒカルは一部からお金持ちと認められないのか?の答えを導き、本当にヒカルはお金持ちなのかどうか?についての結論を出します。

あなたがこの記事を読むメリットは、「ヒカルのリアルな総資産を知れること」「具体的な数字と年収を知れること」「本当に金持ちなのかどうか?を知れること」の3つです。

ヒカルの年収


まずはユーチューブのみでの広告収入から見ていきましょう。ヒカルの再生回数は16億回を超えているので、ここでは分かりやすくするためにも16億ちょうどでの計算をしていきます。

ユーチューブ広告は再生回数×0.1円が相場だと言われていますが、実際のところ有名になるほどに広告は高くなるとの声も上がっています。ヒカルの場合、平均単価の0.1円としても1億以上の稼ぎがあるとの計算式が成り立ちます。

16億回×365日×0.1円の場合 総合広告収入1億6000万円
16億回×365日×0.15円の場合 総合広告収入2億4000万円
16億回×365日×0.2円の場合 総合広告収入3億2000万円

ここから分かったことは、ヒカルは少なくとも1億6000万以上これまで稼いでいる事実であって、ヒカルは決して小金持ちと言われる程度の年収ではないという事実です。

マックスむらいさんがインタビューで語った情報によれば、「1再生0.2円に近い数字になることもある」との発言をした反面、「1再生0.1円未満のユーチューバーもたくさんいる」と述べていることから、ヒカルレベルの知名度となれば0.2円近くなんてことも十分に考えられることです。

一方で、「ヒカルは再生回数を水増ししている!」などのネットでの書き込みも目立ちますが、広告がしっかりついているということは、再生回数に見合った収入がしっかりと入っているということです。こうした背景からも、ヒカルの広告収入のみでの稼ぎは1億6000万以上はあると考えるのが妥当です。

 

タイアップの具体的なギャラ

さらにヒカルは企業とのタイアップなどでも収入を得ているので、企業案件とも呼ばれる企画でどれくらいの稼いでいるのか?を明確にしていきましょう。

そのためにもまずは、ヒカルの案件依頼の料金を知る必要が出てきます。以前にユーチューバーであるシバターが暴露した情報によると、ラファエルで一本当たり320万円の料金設定がされているそうです。

これはおよそ「登録者数×1.5」の料金設定であったことから、「ヒカルも同じような計算式でリアルな料金が見えてくる」との発言をしていました。この発言を参考にヒカルの料金設定を導くと以下のような金額が見てきます。

「チャンネル登録者数280万人×1.5=420万円」

これがおよそのヒカルの料金設定であって、一ヶ月に一度案件があった場合でも年間「5040万円」となり、半分であっても年間「2520万円」となるわけですから、こちらもかなり大きな金額となっています。

また過去には「高卒就活支援」をしており、バズキャリアといった企画を行なっています。ここでも何らかのお金は動いているはずで、この時のヒカルは絶頂期の人気があったことからも、相当大きなお金が裏では動いているのだろうとの想定ができます。

こちらは細かな情報が出ていないので、具体的な数字を出すことは難しいですが、何らかの料金は発生していると捉えるのが妥当です。あくまで仕事であって、ボランティアのみで動いているわけではありませんから。

 

その他の細かな収入について

ヒカル2ndチャンネルとHikaru Gamesの2つのサブチャンネルの計算をしていきます。ヒカル2ndのこれまでの再生回数は「2823万回」Gamesの再生回数は「6億4236万回」となっています。

2823万回+6億4236万回×0.1円の場合 総合広告収入6706万円
2823万回+6億4236万回×0.15円の場合 総合広告収入1億0059万円

こちらはあくまでサブチャンネルなので1.5円までの計算としますが、それでも6000万を超えてくる数字を稼いでいる計算となります。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP