ヒカルへのアトピー発言に対する怒りの声8選【アンチの酷い発言集】

ヒカルファンでもそうでない人にも多く呟かれたツイートであり、多くの人が苦しむアトピーに対して心無いコメントや影響力のあるシバターが発言することに対して、心底怒りの感情を覚えることは当然のことです。

これはヒカルに無関心な人であっても「絶対に触れてはいけないことだ」と分かる問題であり、いじられた側がとても嫌な気持ちになったりコンプレックスを抱くことすら考えられるレベルです。

さらにシバターのユーチューブコメント欄が、ヒカルのアトピーをバカにするかのような発言が溢れかえってしまった為に、結果的にシバターファンからも「これはダメだ」と批判される結果を招きます。

同じくアトピーで苦しむ人からすれば、こうした発言は「自分にも関係があるものだ」と捉えることでネガティブな感情になりますし、何より「なりたくてなったわけではない」症状な訳ですから、誰だって治せるものなら治したい気持ちは持っているはずです。

そうした人々の気持ちを踏みにじるような発言やコメント、またはSNSでの書き込みに対して心痛めた人は多く存在し、ファン以外でも心底嫌われるであろう発言をしてしまった炎上事件であります。

 

2.あまりに無神経で残酷だ

こちらはファンや信者と呼ばれる人に多く見られた意見で、アトピーの症状がわからない程度の最小限で抑える努力をしているはずのヒカルに対して、心無い書き込みをするアンチに対しての怒りの声です。

ネットは匿名性がもたらすことで誹謗中傷をしやすい環境であるものの、さすがにアトピーに対して笑えないレベルの書き込みをすることは無神経でありますし、応援する人々にとっても心痛い書き込みであります。

アンチの心理としては、ヒカルの肌を攻撃することでヒカル本人だけでなくファンをも傷つけようと考えていて、ヒカルアンチは本人だけでなくいつも褒め称えるファンが嫌いであることも多いです。

中にはヒカル本人よりも信者の方が無理だと答える人もいて、いつもヒカルを庇うコメントやチヤホヤすることに対して嫉妬心を抱き、ファンを煽る為にあえてコメントする人もいるほどです。

ヒカルが頑張っていることは間違いのない事実ですし、気に食わない存在だからといって外見を攻撃するのは本当に良くないことであって、言われた側の気持ちを考えてみれば何とも言えない、とても悲しい気持ちになることは間違いありません。

 

3.アンチこそアトピーになれ

こちらはファンとアトピーに苦しむ人に多い意見です。アトピーの苦しさが分からない人は冗談交じりで面白いと動画を評価したり、面白半分でSNSに呟くことをしがちですが、これがヒカルファンや苦しむ人にとっては許せない行為なのです。

アトピーで苦しむ人にとってはヒカルがどれだけ苦しい思いをしてきたのか?を理解できますし、ファンにとってもヒカルの立場となって常に物事を考えるので、「きっと心が痛むのであろう」と考えることになります。

実際に自分がアトピーで苦しむことになれば他人をイジる言葉には選ばないはずですし、少しでも触れられることが嫌だと理解できている人は、「ヒカルが心の中ではすごく傷ついているのではないか?」と心配しているのです。

これはヒカルを庇う人にとっても最上級の怒りの声であると言っても過言ではなく、アンチに対して使ってはいけない発言を除いては最も怒りが伝わり、相手に不幸になってほしいと願うメッセージと言えるでしょう。

ヒカル自身はどういう心境かは分かりませんが、こうした苦しさを理解したり共感してくれる人が多くいるからこそ、これまでの辛い経験やアンチの誹謗中傷にも耐えられた部分は必ずあるはずです。

 

4.アンチは嫉妬する負け組

これはファンや信者と呼ばれる人に見られる意見ですが、アンチが嫉妬していることは間違いのない事実です。そしてアンチを最もイラつかせて嫌いにさせる言葉であり、アンチの心がボロボロのなってしまう怒りの声です。

確かにここまで上り詰めたことは才能があるからこそ上り詰めれたのであり、今では成功者として多くの人に認められる存在となったヒカルに対して、アンチはもうアトピーくらいしかバカにする言葉は浮かばないのです。

粗探しをする人の心理としては、「優越感を得るため」「嫉妬心から相手の欠点を探したい」本音が隠れています。こうした部分を考えるとアンチの心の中には、「ヒカルを見下すことで評価を下げよう」と必死になる気持ちが見えてきました。

嫉妬心は人間であれば誰でも抱く感情でありますが、相手を傷つけるような発言をすることはファンや信者の庇う姿勢をより加速させ、結局はアンチがイラついてしまう原因を作ってしまうだけなのです。

嫉妬する人が負け組かどうかは分かりませんが、少なくともファンや信者はヒカルの良い部分は素直に認めることができており、悪い部分さえも正当化してしまうからこそ嫌われてしまっている現状もあります。

 

④リアルなファンの声がこちら


ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP