人生で一番好きな漫画ランキング

今まで読んだ中で一番好きな漫画ランキング|1位は果たしてどの作品か?

特徴.COMが行ったアンケート調査で、「あなたが今まで読んだ漫画の中で一番好きな作品を教えてください」という質問に対する回答結果をまとめました。

20歳から59歳までの男女446名が選ぶ、人生で一番好きな漫画ランキング、果たして結果はどうだったでしょうか?

「今までで読んだ中で一番好きな漫画」アンケート概要

  • 実施期間:2020年3月4日〜12日(9日間)
  • 実施方法:ランサーズにてアンケート回答者を募集
  • 有効回答数:446票

回答者の性別は男性197名(44%)、女性249名(56%)となっており、割合としては女性がやや多い構成になっています。

回答者属性(性別)漫画アンケート

年代の構成は20代100名(22%)、30代179名(40%)、40代114名(26%)、50代53名(12%)となっており、30代が4割と高い割合を占めており、次いで40代、20代の順番となっています。

回答者属性(年代別)漫画アンケート

「今までで読んだ中で一番好きな漫画」人気ランキングトップ10

「あなたが今まで読んだ漫画の中で一番好きな作品を教えてください」という質問に対する回答の集計結果をまとめました。

早速人気ランキングトップ10を見ていきたいと思います。なお、10位が同率で2作品あったため、11作品が入賞しました。1位から10位までの作品のランキングと得票数は以下のようになっています。

  • 【1位(22票)】スラムダンク
  • 【2位(20票)】ワンピース
  • 【3位(12票)】ドラゴンボール
  • 【4位(10票)】花より男子
  • 【5位(8票)】HUNTER×HUNTER、北斗の拳
  • 【7位(7票)】こち亀、鬼滅の刃、ドラえもん
  • 【10位(6票)】るろうに剣心、ジョジョの奇妙な冒険

人気ランキング(漫画)TOP3には少年・少女漫画の王道とも言える『スラムダンク』『ワンピース』『ドラゴンボール』がランクインしました。

1位『スラムダンク』と2位『ワンピース』が抜きん出た得票数となっています。2作品の差はわずか2票差でした。

3位以降は性別の偏りが大きくなっています。3位『ドラゴンボール』は男性得票数が多く、4位『花より男子』は10票全てが女性、5位『HUNTER×HUNTER』『北斗の拳』は全てが男性となっています。

年齢構成で30代が40%を占めることから、30代に人気のある漫画がランキングに大きく影響しています。1位から3位までの人気ランキングは30代のベスト3と同じ結果になりました。

人気ランキングトップ3の詳細

それでは、1位から順に詳細を見ていきましょう。

【1位】スラムダンク

合計22票
男性13票 / 女性9票
20代1票 / 30代18票 / 40代2票 / 50代1票

回答者の多い30代で1位となっていることが、総合1位となった主要因となっていますが、押しも押されもせぬ人気作品であり、堂々たる結果だと思います。

『スラムダンク』は週刊少年ジャンプで30年前(1990年)から1996年にかけて6年間・全276話にわたり連載されました。主人公の桜木花道が高校生で、現在30代の読者が当時主人公と同じくらいの年頃の頃に接した漫画です。

それでは、今まで読んだ漫画の中で一番好きな作品として『スタムダンク』を選んだ回答者の人たちが、その作品を選んだ理由の代表的なコメントをピックアップしたいと思います。

<スラムダンクを選んだ理由>

  • ドキドキする試合の展開とともに個性や感情溢れる登場人物たちの青春模様が大好きです。
  • 主人公のものすごい勢いでの成長と実生活でもためになる名言がたくさんあることろが好きです。
  • 主人公の成長ストーリーとリアルで起こりそうな自然な笑いのセンスが好きです。
  • バスケットボールの楽しさ、画力の高さ、人間ドラマの描きから、セリフなど全てが心を震わせる。
  • 人間の成長と凡人にもフォーカスが当てられているところ。

コメントで多かったのは、「主人公の成長ストーリーが好き」「登場人物たちのキャラクターが良い」「主人公がヒーローすぎずリアリティがある」「the 青春」「絵が上手い」といったところになります。

主人公の魅力はもちろんのこと、主人公以外の登場人物の魅力も大人気で、作者(井上雄彦氏)の洞察力と描写力、画力のすごさが現れた作品と言えるでしょう。

【2位】ワンピース

合計20票
男性12票 / 女性8票
20代5票 / 30代13票 / 40代1票 / 50代1票

『ワンピース』は週刊少年ジャンプで23年前(1997年)に連載が始まり、現在に至るまで続いています。週刊少年ジャンプ歴代作品としては『こち亀(こちら葛飾区亀有公園前派出所)』(1976年〜2016年)に次ぐ長期連載となっています。

20代で1位、30代で2位となっていますが、20代後半〜30代前半の世代が連載開始の頃からリアルタイムで読んでいたと思います。一方で、人気が高まった後から読み始めたような人も多くいるのではないでしょうか。その辺りが、30代でも2位に入っているポイントだと思います。

それでは、今まで読んだ漫画の中で一番好きな作品として『ワンピース』を選んだ回答者の人たちが、その作品を選んだ理由の代表的なコメントをピックアップしたいと思います。

<ワンピースを選んだ理由>

  • 主人公が仲間を集めて強くなっていくところです。また、仲間でなくても、どこかでつながっていて助けあったりストーリーの布石になっているところが好きです。
  • 仲間と一緒に冒険していくところが好きです。中学生から読んでいてずっと子供のままで入れるところです。
  • ストーリーがしっかりしていて、感動・笑い全てが詰まっているところです。伏線もちりばめられていて、ストーリーを予想したり予想を裏切られたり、飽きない設定になっているとこともとても面白いと思います。
  • 物語が進むたびに感動したり学ぶことが多い漫画なので万人受けすると思う漫画です。
  • 作中の登用人物が多くの名言を言うところ。現実世界でも応用できる考え方が多く、とても参考になる。

コメントとして多かったのは、「仲間との絆」「感動や学びがある」「ストーリーがしっかりしている(伏線がある)」といったところになります。

長く連載するにつれて、登場人物の数が多くなりすぎたり、ストーリーを忘れてしまったりするといった弊害も多少は生じていますが、やはりワンピースの魅力は仲間との絆に感動し、飽きずにストーリーを楽しめるというところではないでしょうか。

【3位】ドラゴンボール

合計12票
男性9票 / 女性3票
20代2票 / 30代5票 / 40代5票 / 50代0票

40代で1位、30代で3位となっています。

それでは、今まで読んだ漫画の中で一番好きな作品として『ドラゴンボール』を選んだ回答者の人たちが、その作品を選んだ理由の代表的なコメントをピックアップしたいと思います。

<ドラゴンボールを選んだ理由>

  • 悪側だったキャラクターが、主人公の強さを認めて味方になってくれるところ。
  • 初めの頃のドラゴンボール集めの展開ストーリーがワクワクします。
  • ストーリーとイラストが好き。
  • 孫悟空がどんどん強くなっていくところです。
  • 激しい戦闘シーンや必殺技がかっこいい。

コメントとして多かったのは、「主人公(孫悟空)が強くなってくところ」「ストーリー(特に初期)」「イラストが好き」「戦闘シーンが好き」といったところになります。

やはり、作者の鳥山明氏の独特の絵に対するファンが多いことと、「冒険・成長(強くなる)・戦う・悪役も最後は仲間になる」という成長物語の王道のような魅力が人気の秘訣ではないでしょうか。

人気ランキングトップ4〜10位の詳細

それでは、人気ランキング4〜10位については、回答者の代表的なコメントと一緒に駆け足でご紹介します。

【4位】花より男子

合計10票
男性0票 / 女性10票
20代2票 / 30代3票 / 40代5票 / 50代0票

選んだのは全て女性になっており、年代では40代で1位となっています。

<花より男子を選んだ理由>

  • イケメンで御曹司の個性が違う4人が登場するところが面白くて好きです。
  • 主人公のつくしが金持ち男子に媚びることなく自分を貫いているところ。周りに良い影響を与えているとこ。
  • 単純な恋愛ではなくいくつもの困難を乗り越えていくヒロインの強さが好きです。

【5位】HUNTER×HUNTER

合計8票
男性8票 / 女性0票
20代2票 / 30代4票 / 40代2票 / 50代0票

<HUNTER×HUNTERを選んだ理由>

  • ダークシリアスながらファンタジーアドベンチャーな世界観を崩していないところ。
  • 緻密に練り込まれたストーリー。登場キャラが使用する念能力の細かな設定。作中に出てくるグリードアイランドというゲームの設定の作り込みの凄さ。これは死なないだろ?と思うようなキャラでもバンバン死んでいく衝撃な展開。
  • ただのバトル漫画ではなく、駆け引きや心理戦や物語の展開などがとても面白いです。

【5位】北斗の拳

合計8票
男性8票 / 女性0票
20代0票 / 30代3票 / 40代4票 / 50代1票

40代で3位となっています。

<北斗の拳を選んだ理由>

  • 悪役が見事に表現されている。
  • 悪役の生き方が不器用すぎて、しかしそれでも味がある所です。
  • 男の生き様を小学生の頃に教えてくれた作品。

【7位】こち亀

合計7票
男性7票 / 女性0票
20代2票 / 30代2票 / 40代3票 / 50代0票

<こち亀を選んだ理由>

  • 主人公の両さんが色々なアイデアで金儲けをしようとするが、最後は失敗するドタバタ劇が面白いです。
  • 時代ごとの話題を取り込んでいき何回も繰り返しで読める所が好きです。
  • 非常に長い期間連載されたにもかかわらず、どの話も面白いところです。

全年代でTOP3への入賞はありませんでした。

【7位】鬼滅の刃

合計7票
男性7票 / 女性0票
20代4票 / 30代2票 / 40代1票 / 50代0票

20代で2位となっています。

<鬼滅の刃を選んだ理由>

  • 兄妹愛が強く描かれている点です。
  • 幻想的なところ。
  • 鬼に家族を殺された主人公の少年。鬼になってしまった妹を人間に戻すべく、鬼殺隊に入り旅をします。その中で出会う隊員の想いや、鬼となってしまった人の、今までの生き様、本当の気持ちを知ると、とても感慨深く、生きることとは何かを考えさせられる作品です。また、主人公の少年、炭次郎の誰とでも分け隔てなく仲良くなれるところ、妹をはじめ周りの人想いな所も読んでいて心があたたかくなる作品です。

【7位】ドラえもん

合計7票
男性7票 / 女性0票
20代0票 / 30代5票 / 40代1票 / 50代1票

30代で3位となっています。

<ドラえもんを選んだ理由>

  • 子供の時に読んで衝撃を受けました。キャラクターたちと冒険できるようなドキドキと、涙なしには見れないラストがありました。
  • ひみつ道具のワクワク感とドラえもんとのび太の友情がいいなと思います。
  • 様々なひみつ道具が、出てくるので、ワクワクして見てられます。時には感動するような話もあって、そういうところが好きです。

【10位】るろうに剣心

合計6票
男性3票 / 女性3票
20代1票 / 30代4票 / 40代1票 / 50代0票

全年代でTOP3への入賞はありませんでした。

<るろうに剣心を選んだ理由>

  • 志々雄真実が出てくる京都編が好きです。
  • 登場人物の心情や生き様などが自分の中でとても考えさせられる物語だからです。
  • 戦う漫画でありながら、しっかり感動するシーンもあるところ。

【10位】ジョジョの奇妙な冒険

合計6票
男性4票 / 女性2票
20代1票 / 30代3票 / 40代2票 / 50代0票

全年代でTOP3への入賞はありませんでした。

<ジョジョの奇妙な冒険を選んだ理由>

  • 特殊な能力について自分ならと考えさせられると面白いところです。
  • とても芸術的なキャラクターデザインとカラーセンス、独特な言い回しや台詞、世代を超えたストーリーすべてが好きです。
  • 画力。ストーリーの中に人間の本質も垣間見える部分もあり、共感できる部分もあり、読んでいて面白い。

人気ランキングトップ10(男女別)

男女別のランキングトップ10を集計しました。まずは男性は以下のようになっています。

男性のトップ10

  • 【1位】スラムダンク(13票)
  • 【2位】ワンピース(12票)
  • 【3位】ドラゴンボール(9票)
  • 【4位】HUNTER×HUNTER、北斗の拳(8票)
  • 【6位】こち亀(7票)
  • 【7位】ドラえもん(5票)
  • 【8位】ゴルゴ13、ジョジョの奇妙な冒険、進撃の巨人(4票)

続いて女性のランキングトップ10になります。

女性のトップ10

  • 【1位】花より男子(10票)
  • 【2位】スラムダンク(9票)
  • 【3位】ワンピース(8票)
  • 【4位】のだめカンタービレ、鬼滅の刃(5票)
  • 【6位】有閑倶楽部、フルーツバスケット、ガラスの仮面、王家の紋章(4票)
  • 【10位】天使なんかじゃない、ちびまる子ちゃん、BASARA、ブラックジャック、るろうに剣心、タッチ、ドラゴンボール(3票)

人気ランキングトップ10(年代別)

年代別のランキングトップ3を集計しました。20代から50代までを順番にご紹介します。

20代

  • 【1位】ワンピース(5票)
  • 【2位】鬼滅の刃(4票)
  • 【3位】NARUTO(3票)

30代

  • 【1位】スラムダンク(18票)
  • 【2位】ワンピース(13票)
  • 【3位】ドラゴンボール、ドラえもん(5票)

40代

  • 【1位】ドラゴンボール、花より男子(5票)
  • 【3位】北斗の拳(4票)

50代

  • 【1位】天才バカボン、ゴルゴ13、有閑倶楽部、ガラスの仮面(2票)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP