【ファミレスに一人で行くのはあり?】両者の意見と他人の評価10個

「一人でファミレスは迷惑だよね?」と考える人や、「一人で行く人は可哀想な人?」と思い込む人がいるなど、一人ファミレスに対して「周りはどう思っているのか?」を気にする人にとって、全ての本音が分かる場所がここにはあります。

ファミリーレストランという名前だけに、一人で行くのは何か違和感を持つことも多いですが、【一人で行くのは大いにありである】ことを初めに伝えておきます。

また、周りはどう思っているのか?のリアルな声を聞き出すためにも、多くの人から集めた声を厳選することで、「あなたがどう思われているのか?」についての、本当の声を知ることもできます。

迷惑に思う人や見下すような感情を持つ人は本当にいないのかどうか?の事実を、自分の目で確かめてみるといいでしょう。

ファミレスに一人で行く人の割合


まずは「ファミレスに一人で行くことが珍しいかどうか?」の数値を知ることで、一人ファミレスを選択することが珍しいことではなく、多くの人が選択している事実を知ることができます。

外食・中食市場情報サービス『CREST』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社が行った、外食・回転寿司市場の調査によると、一人飯をする人の割合は41.6%と4割以上の割合を叩き出し、さらにファミレスを選択する人が7.9%の伸び率であったとの公表がされています。

これは近年、一人ファミレスを選択する人が増えている決定的証拠となるデータであって、結婚をしない選択肢が増えた今の日本では、一人でファミレスを選択する人もどんどん増えてきているそうです。

ちなみに41.6%の中の細かな割合は、寿司が第一位の21%となっていて、ファミレスは第二位の20.7%との結果が出ていることからも、むしろ外食で一人ファミレスを選択する人は多い分類で、寿司と争うほどに一人で利用する人が増えていることも、こうした調査からはっきりと読み取れることができます。

つまり、「一人ファミレスはおかしなことだろうか?」との疑問を抱くあなたは、むしろメジャーな選択をしていて、多くの人が一人ファミレスを選択しているという事実からも、「何もおかしな選択ではない」との捉え方をすべきです。

 

どう思う?一人ファミレスへの本音


どこか寂しそうに見える

ファミリーやゆっくりとお喋りする場としての利用価値が高いファミレスだけに、一人で食べている姿を見えると「どこか寂しそう」に見えてしまうのは、相手を見下しているからではなくて、ファミレスの雰囲気が作り出した幻想です。

決して寂しそうな人ではなくとも、仕草や表情一つでとても寂しそうに見えてしまうのがファミレスが持つ魔法の力で、一人で黙々と食べるのは普通であるのに対して、ファミレスという場所になることで、どうも寂しいように見えてしまうことがあります。

そう見えてしまう瞬間とは、休日のお昼から一人でファミレスを利用している人を見かけたときや、雰囲気が暗くて哀愁漂う人を見かけた時であって、忙しい平日のお昼時に利用している人に対しては、そうした感情を抱くことはありません。

中には初めて恋人ができたなどの出来事で、浮かれて調子に乗った人が「一人で可哀想」と見下すこともあるでしょうが、こんな人は何かと自分に都合のいい理由をつけては他人を見下し、バカにする人ような人なので気にする必要もありません。

つまり一人ファミレスを利用する人は、時と場合によっては寂しそうに見えてしまうこともあるけれども、基本的にはそうした本音は持たれにくい程度で捉えておくと、それほど周りの視線を気にする必要も無くなります。

 

田舎なら浮いて見える

都会であれば多くの人が一人ファミレスを利用しますし、そもそも都会では人が多すぎて人目を気にする必要も無くなるので、堂々と一人でファミレスを利用する割合も高くなります。

問題は田舎で一人ファミレスを利用した時であり、田舎は高確率で家族連れ等のお二人様以上で利用していることがほとんどですし、一人席のようなスペースも用意されていないことから、どうしても浮いた存在として見られてしまいます。

こうした状態も上記でお伝えした「寂しそう」と思われたり、または「友達がいないのかな…」と思われてしまう瞬間で、やはり田舎の人ほど視野が狭い捉え方をすることで、何かとネガティブな方向に捉えられてしまいがちです。

都会では一人ファミレスが当たり前であるため、「別に珍しいことでもない」と広い視野で物事を捉えられる一方で、田舎にとってはお二人様以上が当たり前であるため、「何かあったのかな?」と視野が狭い考えに結びつきやすいのです。

また田舎はお年寄りが多いことからも、お年寄りは柔軟な考えができない体となっているため、頑固な考えで自分の世界観で物事を全て判断することは、偏見のような捉え方に繋がってしまいます。

 

一人行動が好きな人に見える

物事をポジティブに捉える人からすれば、「きっとあの人は一人行動が好きなんだろう」とか、「一人で誰にも邪魔されない食事はいいものだ」との理解を示し、決して悪い方向には物事を捉えません。

こうした人は、自分自身が一人飯が好きな人であったり、相手を見下すことが嫌いな性格の人に多い意見となるため、物事をネガティブに捉える人は「寂しい」と思うことに対して、ポジティブな人は「一人行動が好きだ」と思える、要は性格の違いによる見方の違いとなります。

自分自身も一人飯としてファミレスを利用する人からすれば、ドリンクバーを特に頼む必要もないし、一人でも十分楽しめることが理解できるため、「一人なのにファミリーレストラン?」との疑問を抱くこともありません。

エヌピーディー・ジャパン株式会社の調査結果でもお伝えしたように、今時は一人ファミレスも決して珍しい時代ではないので、住んでいる地域によってはほとんどがこちらの意見で、ネガティブに捉える人の方が少ない地域もたくさんあることでしょう。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP