スタバが嫌い派と好き派の意見|信者とアンチの声-魅力と欠点16選

「スタバって大っ嫌いだわ!」と声を大きくして口にする人もいれば、「スタバって最高!大好き!」と主張する人も世の中にはたくさんいますが、ここでは主に「好き派と嫌い派」のリアルな声をお伝えしていきます。

まずはスタバが嫌いだと思う人に多い声と、スタバが好きだと思う人に多い声をお伝えすることで、信者とアンチの両方の意見を知ることができます。

また、どういう部分が嫌いなのか?のリアルな声も伝えしていくことで、スタバ信者にもアンチにも深く共感できる記事に仕上げています。

スタバが好き派の意見


味が文句なしに美味い

スタバと言えばコーヒー派とフラペチーノ派に大きく分かれ、若い人を中心にフレペチーノ系は大きな支持を集めている一方で、中年層以上を中心にコーヒ系の支持率が高くなっています。

フラペチーノと言えば、ダークモカチップや抹茶フラペチーノなどがメジャーな商品で、コーヒーを楽しむと言うよりかはデザートを楽しむ感覚で、若い層にも美味しくいただけるのがスタバの魅力です。

また、フードメニューも味の質が高いスタバは、コーヒーやフラペチーノとの相性を考えての商品となっているので、少し贅沢にフードメニューと一緒に楽しむことも、スタバが好きになってしまう瞬間です。

スタバが好きになってしまう人の多くは、「味が美味しい」からこそスタバマニアとなったり、信者と呼ばれるほどスタバが好きになってしまうわけですから、ハマる人にとっては500円近くで幸せを感じることができる、素晴らしい商品こそがスタバに存在すると言っても過言ではありません。

 

お洒落で優雅な気分

スタバが好きな人は味だけに限らず、店舗内の雰囲気やオープンテラスに対しても高評価をつけがちで、スタバでゆったりとした時間を過ごすことは、まるで自分が偉くなった気分にさせてくれたり、優雅なひと時を過ごすことができます。

オープンテラスに関しては、綺麗な景色が見える場所に店舗も多いスタバは、涼しい季節になると朝からコーヒーをゆっくり楽しむ時間を作ることで、こちらも優雅で貴族のような気持ちにさせてくれることが魅力です。

SNSが発達した今では、お店の雰囲気やオープンテラスがインスタ映えにも利用価値があるとの考えもできることから、若者はそうしたお洒落な店に足を運ぶことで、どんどんとスタバの魅力に虜となった結果が、スタバ信者を増加させているのでしょう。

スタバに行ったことがない人であっても、SNSでの投稿を見て「一度は行ってみたい」と思う人も多いはずなので、他では味わえないフラペチーノ等の味を知った瞬間に、スタバが好きになってしまった人もたくさんいるはずです。

 

接客態度が素晴らしい

スタバは味と店の雰囲気だけに止まらず、店員の接客態度が素晴らしいことも事実であって、ニコッと明るい声で出迎えてくれることが普通のスタバは、買い物に来たお客さんを楽しい気持ちにさせ、その一日が良い日であったかのように思える、素晴らしい接客態度で受け入れてくれます。

さらにスタバの店員は、ワンポイントのお洒落を褒めてくれたり、受験生に対してメッセージを容器に書き込んでくれるなど、お客さんが喜ぶおもてなしの態度で接してくれることも、スタバを好きになる人が増え続ける理由の1つです。

よく「スタバの店員は可愛い子が多い!」ことがネットでも話題を呼びますが、愛想の良さや素晴らしい笑顔を見せてくれることが、より一層可愛いと思える仕草を引き出し、評価を高めているのでしょう。

接客態度に一定以上の愛想や気持ち良さを求めるのであれば、スタバはおすすめできるお店の1つで、どんな時でも嫌な気持ちにさせない店員の対応が、リピーターを作っていることは間違いありません。

 

限定メニューも楽しめる

レギュラーメニューの他にも、限定メニューが定期的に出されるスタバは、それを楽しみに足を運ぶ人もたくさんいて、「限定メニューが出たら気になってつい…」と足を運ぶ人は、特に女性に多い傾向にあります。

SNS等で話題を集めやすい限定メニューを一度飲んでみたいと思うことは、何も不思議なことではありませんし、その時限定でしか飲めない味を確かめたい気持ちは、人の心理を上手に使った商品戦略と言えるでしょう。

逆にこれが原因でスタバが苦手になってしまった人もいるにはいますが、基本的に甘い味付けが特徴的なフラペチーノ系の限定商品は、甘党にとっては注目せざる終えない魅力が詰まっているのです。

限定メニューに関しては、家を出た時から味の想像をしてワクワクできるなどの楽しみ方もできるため、スタバが好きな人にとっては商品にたどり着くまでが、まるで遠足気分で楽しくなれるといった声もしばし聞かれるほどです。

 

少しの幸せが詰まってる

スタバに行くことは旅行に行くような大きな幸せがあると言うよりかは、小さな幸せが詰まっていると表現するのが最も正しく、ワンコイン程度の料金でプチ贅沢を味わえることが、スタバ好きな人々に幸せを与えています。

世の中の多くの人は、自分が頑張ったご褒美にとプチ贅沢をするわけですが、その中の選択肢の1つに入りやすいのがスタバであって、頑張った自分へのご褒美には程よい料金設定であるとの考え方もできます。

忙しい現代人にとってスタバは、仕事帰りに立ち寄ることで帰り道に楽しむことができたり、ホッとする時間を店内で確保できるなど、様々な利用用途に使い分けることができることも、スタバ好きな人がつい足を運んでしまう理由となっているのです。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP