天才の特徴や凡人との違い10選

歴史には天才と呼ばれ偉人扱いをされる人もいれば、凡人扱いで終わってしまい、偉人にはなれなかった人もいます。

今の世の中も同じであり、世の中には天才として一生を終える人と、凡人で一生を終える人の二パターンに分かれます。

もちろん天才と呼ばれる人は、テレビで特集をされることもあれば、世の中の常識を覆す大きな結果を出すこともあるでしょう。

そんな天才と凡人の違いについて、研究チームの過去の研究結果なども参考に、特徴と違いの10選をご紹介しようと思います。

幼いころから知能が高い

天才と凡人が違うところは、その才能が比較的早い段階から発揮されているのが特徴的です。

例えば、後に天才と呼ばれるようになる人は、幼児期の頃から明らかに突出した知能を発揮していることが多いです。

これはその子供が先天的に高い能力を有していることを示していますが、子供のころは天才と呼ばれていなかったのに、大人になってから天才と呼ばれるようになった人は、おそらく努力と経験によって後天的な仕方で天才になったのでしょう。

いずれにせよ、本当の天才が凡人と違うところは、幼いころから知能が高いことです。

 

固定概念に縛られない

人は大人になればなるほど固定概念に縛られ、常識にとらわれがちです。

しかしながら天才と言われた偉人たちは、そのような固定概念を覆す結果を出し続けてきました。

なぜそのような結果を出せるのかと言えば、その答えの1つは固定概念に縛られない自由な発想です。

固定概念に縛られないからこそたくさんの可能性が生まれてくるのであり、驚く結果へと結びつくのです。

子供が大人と違った発想をするのは、固定概念に縛られない自由な考え方をしているからなのです。

 

夜更かしをよくする

これも天才によく見られる特徴の1つですが、天才はいつもよく夜更かしをする傾向が高いです。

一般の常識では、早起きは三文の得などといわれ、夜更かしすることは体にも脳にもよくないといわれますが、天才はこの常識を覆すような生活パータンを持っています。

ある天才は大事な試験の前日に、朝までテレビゲームに燃えていたというほどです。

もちろん、凡人がこんなことをしても親に怒られるだけですが、天才は結果がついてくるので、それが許されるのです。

つまり、夜更かしをすれば試験に受かるのではなく、天才なら夜更かしをしても大丈夫というわけです。

 

独創的な考えができる

天才とバカは紙一重という言葉がありますが、天才とバカの共通点は独創的な考えができることです。

天才はこの独創的な考えを仕事に活かしたり、練習に取り組んだりもしますが、バカと言われる人はこれができません。

独創的な考えを行動に移すのではなく、口で言って終わりという典型的な特徴がみられます。

天才は逆に、独創的な考えをいろんなことに活かすことができる人なのです。

 

お酒をよく飲む

ある調査によれば、天才と呼ばれる人ほどアルコールの摂取量が多いとのことです。

これは理由がはっきりしませんが、天才は与えられた課題をすぐにこなしてしまうので、自由にできる時間が多くなってしまい、その分アルコールの摂取量が増えやすいのではないかとの見方があります。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP