一緒にいて楽しい人の条件|異性-恋愛-疲れる人の違い30【完全版】

ゆ「一緒にいて楽しい!!」と、心の底から思える人と出会えることは、人生をより楽しむことに繋がるわけですが、そうした人々の条件をあなたはご存知でしょうか。

世の中とは酷なもので、一緒にいて楽しいと思えた人でも裏切られたり、信じていたのに見捨てられるなどの行為に出る人もいます。

ここで教える一緒にいて楽しい人とは、「長期間一緒にいても楽しいと思える人」であるため、「短期間で一緒にいて楽しいと思える人」ではありません。

故にこの条件に当てはまる人物が現れた時には、あなたは心の底から信頼できる人に出会えたか、または人生が大きく変わるほどの親友を見つけることができるはずです。

1.一緒にいて楽しい人の条件


一緒にいて楽しい人に必ず当てはまる条件とは、「フィーリングが合う人」が絶対条件であって、フィーリングとは「なんとなく受ける感じ。またはその感覚。」のことを示します。

どこか曖昧で分かりにくい言葉のように思いがちですが、フィーリングが合う人とは「居心地の良さ」を感じたり、「どこか気が合う人」に近い言葉です。

つまりフィーリングが合う人とは、気を使う必要がない相手になる確率が高く、親友や大事な友人として長い人生を共に楽しみ、共に苦しむことができる相手なのです。

苦しい時も楽しい時も共に乗り越えれた相手には、二人にしか分からない強い絆で結ばれ、やがて心が通じ合っているかのような、一緒にいて楽しいと感じることに繋がっていきます。

 

2.一緒にいて楽しい人の条件


次の条件としては、「趣味や好みが同じである人」が条件となっていて、趣味や好みが同じの人ほど初対面から打ち明けやすいことに加えて、「この人は自分と似たような人だ」と思うことで、距離感が近くなることがわかっています。

心理学の実験でも証明されているように、趣味や好みが同じであるほど人は、「自分が好きなことを一緒にできる」と思い込むわけですから、やがてこれを行動に移すことで「一緒に趣味を楽しめる仲間」へと変えることができるのです。

これは商売でもよく使われる商法で、自分との共通点を見つけることでその場を乗り上げたり、楽しい気持ちにさせることで購入に繋げることは、多くの商売人が使う「楽しくさせるテクニック」でもあるのです。

 

3.一緒にいて楽しい人の条件


一緒にいて楽しいなと思える人には、「欲求の内容とタイミングが似ている」ことも特徴的で、「あの店に行ってみたいな」と思った時に相手も同じことを思っていたり、「濃い味を食べたいな」と思った時に相手も同じことを思うなど、こうした人も一緒にいて楽しいと思える人です。

自分が今最もやりたいことが同じタイミングで起こることは、「この人は自分と気が合う特別な人だ」と思える瞬間でありますし、どうしても特別扱いしてしまう相手となるからです。

また、自分の欲求と相手の欲求が一致することは、積極的にやりたくないことを避けることにも繋がるため、「一緒にいるだけで楽しい気持ちになれる」パートナーとして、お気に入りの存在となることも。

 

4.一緒にいて楽しい人の条件


4つ目の絶対条件としては、「生活リズムが自分と同じであること」であり、生活リズムが違うことはカップル感の別れる原因となりますし、友達同士でもなかなか時間が合わない原因そのものです。

類は友を呼ぶと言うように、水商売の人は夜型の生活になることで同じ職業の人と仲良くなれたり、夜に派手な遊びをすることが分かりやすい例です。

一緒にいて楽しいと思えるためには、まず活動の時間帯が同じである必要があるため、この条件も当然と言えば当然のことであって、昼型の人が夜に誘われても眠たいだけですし、金銭感覚にも大きなズレができてしまうのです。

 

一緒にいて楽しい人「同性編」


嫌なことを忘れられる

一緒にいて楽しい同性とは、失恋をしても嫌な一日を終えてもその人物に会うことで、楽しい気持ちになれたり悲しい気持ちを払拭できる何かを持っていて、自分が困った時には頼れる存在となり得る人です。

ページ:

1

2 3 4 5 6

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP