一緒にいて楽しい人の条件|異性-恋愛-疲れる人の違い30【完全版】

ゆ「一緒にいて楽しい!!」と、心の底から思える人と出会えることは、人生をより楽しむことに繋がるわけですが、そうした人々の条件をあなたはご存知でしょうか。

世の中とは酷なもので、一緒にいて楽しいと思えた人でも裏切られたり、信じていたのに見捨てられるなどの行為に出る人もいます。

ここで教える一緒にいて楽しい人とは、「長期間一緒にいても楽しいと思える人」であるため、「短期間で一緒にいて楽しいと思える人」ではありません。

故にこの条件に当てはまる人物が現れた時には、あなたは心の底から信頼できる人に出会えたか、または人生が大きく変わるほどの親友を見つけることができるはずです。

1.一緒にいて楽しい人の条件


一緒にいて楽しい人に必ず当てはまる条件とは、「フィーリングが合う人」が絶対条件であって、フィーリングとは「なんとなく受ける感じ。またはその感覚。」のことを示します。

どこか曖昧で分かりにくい言葉のように思いがちですが、フィーリングが合う人とは「居心地の良さ」を感じたり、「どこか気が合う人」に近い言葉です。

つまりフィーリングが合う人とは、気を使う必要がない相手になる確率が高く、親友や大事な友人として長い人生を共に楽しみ、共に苦しむことができる相手なのです。

苦しい時も楽しい時も共に乗り越えれた相手には、二人にしか分からない強い絆で結ばれ、やがて心が通じ合っているかのような、一緒にいて楽しいと感じることに繋がっていきます。

 

2.一緒にいて楽しい人の条件


次の条件としては、「趣味や好みが同じである人」が条件となっていて、趣味や好みが同じの人ほど初対面から打ち明けやすいことに加えて、「この人は自分と似たような人だ」と思うことで、距離感が近くなることがわかっています。

心理学の実験でも証明されているように、趣味や好みが同じであるほど人は、「自分が好きなことを一緒にできる」と思い込むわけですから、やがてこれを行動に移すことで「一緒に趣味を楽しめる仲間」へと変えることができるのです。

これは商売でもよく使われる商法で、自分との共通点を見つけることでその場を乗り上げたり、楽しい気持ちにさせることで購入に繋げることは、多くの商売人が使う「楽しくさせるテクニック」でもあるのです。

 

3.一緒にいて楽しい人の条件


一緒にいて楽しいなと思える人には、「欲求の内容とタイミングが似ている」ことも特徴的で、「あの店に行ってみたいな」と思った時に相手も同じことを思っていたり、「濃い味を食べたいな」と思った時に相手も同じことを思うなど、こうした人も一緒にいて楽しいと思える人です。

自分が今最もやりたいことが同じタイミングで起こることは、「この人は自分と気が合う特別な人だ」と思える瞬間でありますし、どうしても特別扱いしてしまう相手となるからです。

また、自分の欲求と相手の欲求が一致することは、積極的にやりたくないことを避けることにも繋がるため、「一緒にいるだけで楽しい気持ちになれる」パートナーとして、お気に入りの存在となることも。

 

4.一緒にいて楽しい人の条件


4つ目の絶対条件としては、「生活リズムが自分と同じであること」であり、生活リズムが違うことはカップル感の別れる原因となりますし、友達同士でもなかなか時間が合わない原因そのものです。

類は友を呼ぶと言うように、水商売の人は夜型の生活になることで同じ職業の人と仲良くなれたり、夜に派手な遊びをすることが分かりやすい例です。

一緒にいて楽しいと思えるためには、まず活動の時間帯が同じである必要があるため、この条件も当然と言えば当然のことであって、昼型の人が夜に誘われても眠たいだけですし、金銭感覚にも大きなズレができてしまうのです。

 

一緒にいて楽しい人「同性編」


嫌なことを忘れられる

一緒にいて楽しい同性とは、失恋をしても嫌な一日を終えてもその人物に会うことで、楽しい気持ちになれたり悲しい気持ちを払拭できる何かを持っていて、自分が困った時には頼れる存在となり得る人です。

例えば、失恋を経験することで悲しい気持ちが続くのは普通ですが、そんな時に家に数日泊めてくれるとか、本気で自分のことを心配して連絡を頻繁にくれるなど、都合のいい時ばかりに頼れる存在ではありません。

一緒にいて楽しいと思える同性は、相手も同じようなことを思っているはずですから、あなたが困った時には全力で力になってくれるはずですし、逆に相手が困った時にもあなたが助けたいと思える相手であるはずです。

 

笑いのツボが同じ

笑いのツボが同じなことは、一緒にいて楽しいと思える瞬間であって、同じような趣味が持てたりテレビ番組が観れるなど、様々メリットを引き起こします。

例えば、同じタイプのお笑い芸人を好きになることで、実際に現場に足を運ぶことで共通の趣味ができたり、テレビ番組でも互いに面白いと思える番組が重なることから、二人で腹を抱えて笑える場面が多く見られます。

アニメやドラマなどでも、腹を抱えて笑いあう親友二人の描写が描かれることが多いですが、これは笑いのツボが同じであるからこそ、長年たっても一緒にいて楽しいと思うことができ、普段の何気ない仕草や言動1つでも腹を抱えて爆笑できることが、いつまでたっても楽しいと思える要因なのです。

 

自分の為に喜び悲しめる

大抵の場合は他人の幸せに嫉妬したり、他人の悲しみに鈍感になってしまうことで、相手が放つSOSのサインに気づけないことがほとんどですが、一緒にいて楽しい人は相手のちょっとした変化にも敏感です。

また、相手の幸せを心の底から喜ぶことができたり、相手の悲しみを我が事のように悲しむことができるのも、長期間一緒にいて楽しいと思える人に見られやすい特徴です。

こうした楽しみと悲しみを共に乗り越えた二人は、やがて親友のような存在として互いを支え合い、心が通じ合うような場面が幾多に見られるようになることからも、人生において長い付き合いができる人物として支え合えることでしょう。

 

悪い部分も認めてくれる

一緒にいて楽しい人は悪い部分も認めてくれて、自分が抱くコンプレックスを共感してくれたり、またはそのコンプレックスを口に出さない優しさを持っている人です。

心理学では、人は悪い部分が似ているほど親近感が湧きやすく好意を持ちやすい結果が出ていて、良い部分より悪い部分が似ている人ほど好意的に思いやすいことからも、こうした二人は心が通じているような親近感を持ちやすく、互いの悩みも打ち明けやすいです。

あともう1つ、一緒にいて楽しい人は信頼関係を築きやすいことからも、悪い部分は悪いと口にすることができたり、注意することも可能であるため、客観的に自分の悪い部分を指摘してくれる、ありがたい存在となり得る人なのです。

 

似たような環境で育った

似たような環境で育った人は、フィーリングが合いやすい人でありますし、金銭感覚や苦労したことなどの共通点も多くなることから、心の許せる友人として素の自分を出しやすい相手です。

素の自分を出せるということは、気疲れや無理に笑う必要もなくなるわけですから、心地よさや冗談を言い合える友人として、多くの楽しい時間を過ごすことになるでしょう。

これは同性だけに限らず、結婚相手も似たような環境で育った人が多いことがわかっていて、本当のお金持ちはお金の使い方が綺麗であることから、お金持ちが相手でないと不満が溜まりやすかったり、貧乏性が理解できないなどのトラブルに発展しがちです。

 

お金をかけても会いたい

遠く離れていてもお金をかけてまで会いたい、または会っても良いと思える人は、間違いなく一緒にいて楽しい人であって、自分にとって求めることが多い友人であるからこそ、お金の出費を惜しみません。

分かりやすい例が、小学生の頃に遠くに引っ越してしまった友人と、「会えるならまた会いたいな」と思える人がいることで、過去の楽しかった思い出がそうした心理にさせています。

どこに行ってもどんなに権力を持っても、互いに会いたいと思えるのが本当に楽しいと思えた人の特徴であって、過去の楽しかった思い出が美化されていくほどに、そうした気持ちが強くなることも珍しくありません。

 

互いの好き嫌いを知ってる

互いの好き嫌いを知ることは、口に出さなくとも「これはしない方がいい」と判別できたり、「こんな方法でのサプライズが喜ぶだろう」との判断ができるため、相手にとって快適に思える環境を作り出します。

どちらか一方がこうした思いやりを見せることや、好意の返報性によって自分も返したい気持ちにさせることが、どんどんと互いに快適な環境を作り合うことで、楽しいどころか心地よい存在となることも。

一緒にいて楽しいだけではなくて、一緒にいて不愉快にさせないことも大事なポイントで、不愉快な出来事が目立てば目立つほど、そちらに注目してしまいがちな人間は、やがて欠点ばかりを見てしまうことになりかねないことも、セットで覚えておきましょう。

 

一緒にいて楽しい人「異性編」


下心がないこと

異性との関係でまず大事なことは、「下心があるかないか」の違いであって、下心は男女の友情が壊れてしまう瞬間で最も多く、さらにトラブルとなる原因そのものです。

特に男性は注意が必要であって、男性の性的衝動は抑えることが難しく、性犯罪の多くは犯行的ではなく衝動的であるとの発表がされているほどなので、お酒が入った異性との交流には注意が必要となります。

どれだけ一緒にいて楽しいと思えても、片方が下心を持って接している以上は、やがてその関係が崩壊することで疎遠となっていき、一緒にいるのが嫌な人として認定されてしまいます。

 

自然と笑顔になれる

一緒にいて楽しいからこそ自然と笑顔になれるわけで、一緒にいて楽しくない人には作り笑いが必要ですから、むしろ会わない方が良いと思えるのも当然のことです。

自然と笑顔になれる人の共通点としては、自分の年齢を忘れるぐらいに無邪気な笑顔を見せれたり、逆に楽しくない時にも自然体の自分で入れることが条件であって、楽しいことがなかった日には笑顔を見せないこともあるほどです。

また、心が通じ合うほどに人は自然と笑顔になれるものですから、安心できる相手の側にいるだけでも笑顔になれたり、優しい顔となれることも条件と言えそうです。

 

ありのままの自分でいれる

ありのままの自分とは、「背伸びはしない、見栄を張らない」ことであって、本当の自分を受け入れてくれる人の前だからこそ、ありのままの自分でい続けることができます。

故に一緒にいて楽しい異性は、ありのままの自分を相手が受け入れてくれることで、様々な愚痴やすっぴん姿なども披露することができ、弱さをきちんと見せることができる人に限られます。

例えば普段は遠慮しがちな下ネタなども、こうした人の前では口にすることができたり、またはその下ネタを楽しむことができる人なのです。

 

愚痴を共有しあえる

愚痴は女性によく見られる特徴ですが、愚痴を共感し合えることも一緒にいて楽しいと思わせる要因で、愚痴を共感できないことは居心地の悪さや、ストレスの原因となってしまいます。

女性同士の場合、基本的に愚痴を言い合うことで普段の鬱憤を解消するわけですが、男女の関係になると男性はどうしてもアドバイスしたり、否定的な意見を口にしてしまうことで、居心地の悪さを感じさせてしまうのです。

一緒にいて楽しいと思えることは、居心地がいいからこそ楽しいと思えるわけですから、異性編では愚痴を共感し合えることが非常に大事な要素となってきます。

 

互いに成長できる関係

互いに成長できる関係ほど素晴らしいものはないと断言でき、こうした関係は最高のパートナーとして紹介されることが多いです。

互いに成長できる関係には楽しさが必須条件となりますが、他にも「一緒にいるだけでもっと凄くなろうと思える」ことや、「いつでも充実感を味わえる」など、とにかくお互いにとって成長させてくれる存在こそが、時として最高のパートナーと言われる所以です。

一緒にいて楽しいことに加えて、人生にワクワク感を味あわせてくれたり、自分の夢への手助けともなるこの存在は、自分が成功者となった後でも感謝し続ける存在であって、決して裏切ろうとは思えない大事な異性として認定されることでしょう。

 

良い方向に捉えれる

ポジティブ思考は様々な幸せへの架け橋で、自分と周りを幸せな気持ちにさせる最も簡単な方法です。

どんなことも良い方向に捉えてくれる異性は、どんな時にもクヨクヨしない強い心を持っていたり、好奇心旺盛で様々なことにチャレンジするなど、つまらない毎日に多くの刺激を与えてくれる人物です。

笑顔が多くて人生を楽しむことができるこのタイプは、どれだけつまらない場所でも楽しい雰囲気に変えることができるなど、つまらない空間を楽しい空間へと変えることができる、多くの人に求められる性格なのです。

 

ツインソウルである

ツインソウルとは「魂の片割れ」のことで、魂がこの世に誕生する時に片割れした存在こそが、ツインソウル誕生の瞬間であるとされています。

ツインソウルの相手を見つけた瞬間に人は、「決して初対面とは思えない懐かしさ」を感じたり、「なぜか相手の気持ちがわかってしまう」現象が起こり、この二人はやがて親友のような切っても切り離せない関係となりやすいです。

幸せに思うことが同じであったり、相手に対して暖かい特別な思いやりが生まれるなど、一緒にいて楽しく心地よい関係を築くことができるのが、ツインソウルの最大の特徴です。

 

一緒にいて楽しい人「恋愛編」


包容力がある

包容力は居心地の良さを演出するだけでなく、どんな人とも円滑なコミュニケーションを取れることが、本当に包容力がある人の特徴でもあり、そうした人になる方法でもあります。

どんな人とも円滑なコミュニケーションを取れることは、どんな人にも上手に対応できる他にも、思いやりのある暖かい言葉を投げかけたり、さりげない気遣いも得意な人が多いです。

また、相手の本音を聞き出すことで味方となってくれる存在であるため、一緒にいて楽しく心強い味方だと思われる存在こそが、包容力がある楽しい人の正体となります。

 

お金と権力持ち

お金持ちと権力持ちに近づくことは、恋愛関係に限らず楽しいことにたくさん出会うことが可能ですが、お金持ちや権力者との恋愛を経験することで、以下のような楽しさと遭遇できます。

まず行ったことのない場所に行けたり、そうした経験をさせてくれることであって、お金持ちは旅行が趣味であったりVIP席で待遇されることも多いので、こうした経験は庶民にはなかなか難しいことです。

他にも、同じく権力者が集まることでためになる話をたくさん聞けたり、人脈が築けるなどのメリットもあるため、お金持ちと権力者の近くに居続けることは、非日常的な刺激を感じることの楽しさを感じることができます。

 

自己犠牲を苦痛と思わない

一緒にいて楽しい人との恋愛とは、自己犠牲を苦とも思えないほど夢中になれる相手であって、多くの時間やお金の投資も苦痛とは思えない心理が働きます。

例えばどれだけ忙しくても、その人のためなら無理やり時間を開けようとしたり、どれだけ疲れていても会うことで元気をもらえるなど、多くのエネルギーをもらえる存在こそが、一緒にいて楽しいと思える恋愛なのです。

自分がどれだけ損しても構わないから、相手のためになることをしたいと思える恋愛に遭遇できた人は、これからの人生がグッと楽しくなり、守るべき存在ができた人であるかもしれません。

 

阿吽の呼吸が見られる

一緒にいて楽しい恋愛相手とは心が通じ合うことで、やがて阿吽の呼吸が見られるようになっていき、二人で共同作業をする際には気持ちが一致するなど、周りが驚くような瞬間が見られやすいです。

普通であれば、長年付き添ったかのような夫婦に見られる呼吸ですが、相手のことをしっかりと熟知していて、性格の相性が良いからこそ稀に見られるカップル間の呼吸は、相性が良いカップルだけに見られる特徴です。

こうした相手と恋愛関係に陥ることは、それだけで幸せなことであるとの考えもできるほどです。

 

幸せのフリは不必要

本当に幸せで楽しい恋愛をしてる人は、幸せなふりをする必要が全くなくて、他人に幸せアピールをするようなことも不要です。

近年よく見かけるのが、SNSで幸せアピールをした数ヶ月後に別れてしまうカップルであって、こうしたカップルの心理は「盲目状態」であるため、ダメな部分も全て完璧であるかのように見えてしまうことが、過剰な幸せアピールへと繋がっていきます。

一方で本当に幸せな人は、周りにそうしたアピールをしなくとも日々の言動を見れば一目瞭然で、表情だって幸せそうで明るいことが多いので、過剰なアピールを全く必要としません。

 

 一心同体になれる

一心同体になれるとは、互いに何か共通した目標を持つことで、その目標に向かって共に努力することであったり、互いを信頼して心を一つにすることです。

共通の目標に向かって互いに努力できること自体が、楽しいと思えるカップルも多いでしょうし、恋愛において共通の目標を作ることは、辛い時期を共に乗り越えることで強い絆が生まれる瞬間ともなります。

強い絆が生まれることは、ちょっとやそっとのことでは別れないカップルとなったり、または強い信頼感で結びつく二人となることで、安心感と楽しさを同時に味わうことができる関係を作り出せます。

 

ソウルメイトである

ソウルメイトは恋愛において「運命の人」と表現され、輪廻転生を繰り返す前世から運命を共にし、来世でもまた結ばれようと約束した相手のことです。

前世から結ばれていたわけですから、今世でも一緒にいて楽しいと思えるのは当然のことであって、安心感や共通点の多さ、考えやフィーリングが合うことなどが主な特徴です。

またソウルメイトとの恋愛は、自分よりも相手の幸せを優先できることから、互いに幸せに近づくことを喜び合える最高のパートナーとして、互いの成長を促す存在になり得る人なのです。

 

一緒にいて疲れる人との違い


無理な共感が必要な人

話が合わない人ほど無理な共感が必要となりますが、こうした人との長時間の会話が苦痛で仕方ないことは、何も間違った感情ではありません。

無理に共感を必要とされることは、こちらばかりが気を使って精神的に疲れてしまう一方ですし、本心を隠し通すために無理に笑顔を作ったり、愛想良く対応してしまうことは、やがて大きなストレスとなってしまいます。

忙しい社会人にとって貴重な自由時間さえも、こうした人に潰されてしまう形となれば、無駄でつまらない休日を過ごすことにも繋がりかねません。

 

不満や否定ばかりの人

最初から否定ではいる人や自分の不満ばかりを口にする人は、こちらが不満を抱く瞬間であって、人は誰でも一方的に自己開示されることを嫌います。

誰でも心の中に不満や悩み、または最近起こった出来事を聞いて欲しいという欲求を持っていて、この欲求を互いに解消し合える関係こそが楽しい瞬間であるのに対して、一方的に聞かされる関係は疲れるだけなのです。

しかもその内容が不満や否定等の気持ちが暗くなる話題ばかりであれば、聞き手にとっては大きなストレスとなり、心も体も疲れてしまうだけの結果を招きかねません。

 

自分の話、自慢話が多い人

こちらも上記と同じ理由で疲れてしまうわけですが、自分の話や自慢話ばかりする人は周りが見えていないために、相手の疲れたサインを読み取ることができません。

長々と自分の話をして気持ちよくなってる人なわけで、こちらがそろそろ帰りたいと思ったとしても、こうした人には伝わりにくいのが一番の辛い部分です。

そもそも自慢話だけでもうざいと思ってしまう原因なのに、こうした話を長々とされることに対して、「料金を払え!」と思うほど怒り心頭な気持ちになることは、何もおかしなことではないのです。

 

マウンティングする人

マウンティングとは、自分が相手より上の存在であることを証明しようとする行為であって、相手が何か意見を言えば、「それは違う」と自分を優位な位置に立たせる行為のことです。

こうした人も疲れてしまうことに加えて、嫌われてしまうことは誰もが想定できることで、「お前の方が劣位な存在だ」と言われてるようなものなので、こちらとしてはプライドが傷つき、何かと気に食わない人として評価しがちです。

とにかくマウンティングが大好きな人は、特に女性に見られやすい特徴を持ちますが、こうした人とは関わりを避けることが最も重要で、あなたを疲れさせない助けとなるはずです。

 

何かと元気すぎる人

いつも元気で声が大きすぎたり、空気を読まずにポジティブ思考を押し付けてくる人も、無理にこちらが元気を出そうとしなければならない、疲れてしまう人になります。

元気すぎる人は心が幼稚である人が多く、自分がポジティブなら相手もすぐに元気になるだろうとか、そんな悩みは言い訳であるとの捉え方をすることからも、何かと厄介者として扱われがちです。

元気でポジティブなことはいいですが、子供のように無邪気であまりにも元気すぎる人は、こちらの心を疲れさせてしまう人です。

 

人は楽しい場所に集まる


人は楽しい場所に集まる習性を持つため、どんなタイプでも一緒にいて楽しいと思える人がいるとすれば、多くの人がその人物を求めて足を運ぶことになります。

誰にでも相性というものが存在しますから、自分と相性が合う人は基本的に楽しい人で、これからの人生に様々な刺激を与えることでしょう。

一緒にいて楽しいと思える人がいるあなたは、損得関係など考えず、素直にその関係を楽しみ人生を謳歌してほしいものです。

長い人生を考えても、「この人は本当に楽しい」と思える人と出会えることは、そう簡単にないことですから、求めすぎずに目の前にある人を大切にする心構えを忘れないようにしたいものです。

【魅力的な人を知りたい人にオススメの記事】

一緒にいて落ち着く人の特徴や魅力15選【完全版】

人畜無害な人の特徴や共通点〜褒め言葉なのか?・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP