図々しい人の心理的特徴と対処法9選

図々しい人であったり、多少図々しい人というのは、世界中にあふれています。

ですからあなたも、オフィスでも、プライベートでも図々しいなと感じることがあるはずです。

基本的に図々しい人というのは、育ってきた環境や心理的状況に大きく左右されていることが多く、精神的に異常な状態になっていることも少なくありません。

ここではそんな図々しい人の心理的特徴と対処法について、9選にまとめています。

スポンサードリンク

損得勘定が強い

図々しいと言えば、ケチな人です。

割り勘勝ち組を狙う人や、借りパクをするなどは、図々しい人であると思われることが多いです。

おごられて当たり前と思っている人も図々しいですが、同じくケチな人も図々しい人なのです。

このようなに、節約といっておきながら図々しいケチさを醸し出す人の心理には、損得勘定が強いという心理的特徴がみられます。

自分が少しでも損をしたくないので、頭の中でどうすれば自分が少しでも得できるのかということを、真剣に考えているのです。

 

幸せになりたいけど努力をするのは嫌だ

ネットでは図々しい病などとも言われていますが、お金持ちなどになってもっと幸せになりたいけれど、努力ができないといった図々しい考えを持っている人のことを言います。

この考えを持っているだけならまだいいですが、図々しい病と言われる人は、この気持ちを人に愚痴ったりSNSに書き込んだりするので、幸せになるために本当に努力をしている人からすれば、これほど図々しい考えはありません。

さらに幸せになれないのは国のせいだ!なんて悲劇のヒロインを演じることもありますので、周りから痛い目で見られることもしばしば。

 

自分は偉いと思い込んでいる

自分は偉いと思い込んでいるということは、すなわち他人を見下していることになります。

他人を見下しているからこそ、図々しい態度や行動を平気でとれるわけであり、このタイプの心理的特徴には見下している人にのみ、図々しい態度や行動をとるといった共通点があります。

つまり、図々しい態度・行動をとられたあなたは、見下されていたのかもしれません。

 

自分中心で物事が回っている

図々しい態度・行動というのは他人を不愉快にさせる、マナー違反であることが多いので、自己中心的な性格な人ほど図々しい態度・行動をとりやすいという結論になります。

自己中心的で周りの気持ちを考えない心理が、はっきりと出てしまっている証拠とも言えるでしょう。

このタイプはどんなことでもまず自分を優先し、自分大好き人間であることが多いので、そういう人間なんだと諦めてしまう方が、あなたにとってもメリットは多いはずです。

 

全てを受け入れてほしい

図々しい人の心理的特徴には、自分は相手を受け入れないけれど自分の全ては受け入れてほしい、という心理的欲求が大きく、相手に求めてばかりいるといった特徴も見られます。

ですからトラブルともなれば、自分だけが分かってもらえないと悲劇のヒロインを演じたり、相手が悪いという被害妄想を強く抱きます。

このような行動をとる人がいますが、それらの人の心理をのぞいてみると、このような本心が見え隠れしているのです。

 

都合の悪いことは忘れる

図々しい人の頭というのは、非常に便利にできており、都合のいいことは一生忘れることはありませんが、都合の悪いこととなれば一瞬で忘れることができます。

このような考え方をすることもしっかりと心理的特徴が関係しており、都合の悪いことを忘れることにより、人間は楽に生きる道を選ぶことができるからです。

現実逃避の一環ともいえますが、都合の悪いことは早く忘れてしまい、都合のいいことを覚えておくことにより、自分という弱い人間を守ろうとする心理が強く働いていると考えられています。

 

愛情を求めている

図々しい人というのは、育った環境のせいであるかもしれません。

両親に愛情を十分に注いでもらえなかった環境で育った子供ほど、愛情を注いでもらえないトラウマから、図々しい行動を起こすようになることがあります。

図々しい行動を起こすことによって、たくさんの人から注目されるので、注目されることによりかまってもらえると思い込む、心理的特徴がみられる場合もあります。

 

自分では気付いていない

自分で気付いていないからこそ、図々しいことを平気でできるわけですが、こういった自分を客観視できない人の心理には、大きな特徴がみられます。

それは、痛い行動をよくとってしまうといった特徴です。

ですから、周りが引くほどのかまってちゃん行動を起こしたり、自己愛が強すぎるほどの自撮り、目立つことがかっこいいと勘違いしているような行動などをとります。

このタイプは基本的に悪気はなく、自分を客観視できていないからこそ図々しい態度や行動をとってしまうので、周りの強烈な注意が必要となります。

 

図々しい人への対処法

図々しい人とうまく付き合うには、まず間違っているということをきっちり指摘することです。

そして同じ事を繰り返さないように念を押しておくこと。

これをしっかりしておかないと、後から自分に何か不便なことが回ってきかねません。

もし○○をしたら、次もすぐに注意するよという警告を与えておくといいでしょう。

また、図々しい人と飲み会に行って、割り勘となれば、図々しい人は必ず少ない金額を払おうとしますから、もうそれは諦めたほうが良いでしょう。

お酒の席の話ですし、気持ちよく帰宅するためにもちょっとくらいは我慢してあげましょう。

しかし、図々しい人の心理面をチェックすると、自己中心的で、かつ自分に自信がある人が高い傾向にあります。

ですから、なかなか指摘しても自分に自信があるから守らないし、守れないのです。

自分の中の常識というものを持っていますから、その常識と違うことを指摘されても、そっちが間違っていると心では思っていることが多いのが、この図々しい人の本音であることも多いです。

つまり、最もよい方法は図々しい人を避けることです。

仕事上関わる必要があるなら、それ以外の案件では関与しないことが一番の対処法といえるのではないでしょうか。

 

図々しい人は心で馬鹿にするくらいがちょうどいいです

いかがだったでしょうか。

図々しい人というのは、できるだけ避ける選択をするように心がけましょう。

仲間外れにされているからといって同情したり、気を遣って話しかけるなどの行動をする必要はありません。

そんなことをしてしまえば、さらに相手は調子に乗り、あなたに害を与えかねません。

図々しい人が気に入らないのであれば、心の中で馬鹿にしているくらいが、問題も起きずにちょうどいい距離感を保てる秘訣となるのではないでしょうか。

また、「仲間外れにされる人の典型的特徴10選」もセットで読んでみましょう。

あなたが思い抱く図々しい人が特徴に当てはまっているのか、一度チェックしてみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP