ゲイの特徴と見分け方12選

2012年に電通総研が7万人に行なった調査によると、レズやゲイなどのバイセクシャルな人の割合が、5.2%もいたということが分かりました。

さらに電通ダイバーシティ・ラボの「LGBT調査2015」によると、LGBTを自認する人は全体の7.6%だったということが分かっています。

つまり、あなたの周りに100人の人がいたとすれば、数人は実はゲイですという人がいてもおかしくはないということです。

その証拠に、今ではたくさんのおねぇタレントが芸能界で活躍の場を広げています。

今回の記事では、そんなゲイの特徴や見分け方について、ゲイの方々100人にアンケート調査をおこない、類似している特徴を上位1位から12位までの、12選にまとめてみました。

スポンサードリンク

下ネタに食いつかない男性

もちろんオープンに周りに明かしているゲイの人は、包み隠さずに下ネタにも食いついてくれますが、隠しているゲイの場合は違ってきます。

普通、男性ならば下ネタ話の1つや2つはするものです。

しかしそのような話をしても、ゲイの人は「ふーん」くらいのリアクションで終わってしまいます。

なぜなら自分はゲイである真相を隠すために、過剰に反応しないようにと心がけているからです。

さらに男同士で話している方が、ワクワクドキドキするように見えている男性はゲイの可能性があります。

 

ジッと見ていることが多い

ゲイの男性は知られたくないからこそ、遠くからターゲットをジッと見ていることが多いです。

あからさまな行為は出来ませんから、遠くからジッと見つめているのです。

本当に好きな女性や美しい女性に対して、男性が一歩踏み出すことが出来ないのと同じです。

 

神経質で綺麗好き

神経質なので爪の汚れなどを気にしてしまい、さらに綺麗好きという特徴もゲイにはよく見られます。

特に気になる男性の前では神経質になってしまい、行動や言動の1つ1つをかなり気にしますので、自分の前だけ様子がおかしいと思った場合は、相手がゲイである可能性を疑ってみましょう。

あなたが恋をした相手に対してシャイな一面を出してしまうのと同じであり、ゲイも好きな男性の前ではシャイな一面が出てしまう傾向が強いです。

 

イケメンであることが多い

またゲイは何故だかイケメンであることが多いという都市伝説的なものがあります。

それは一途に相手に気に入られようと格好からスタイルから、髪型まで努力しているからなのです。

女性が格好いいと思う男性が実はゲイだったという話もありますし、世界的にも有名なイギリスのゲイが多い町は、イケメンだらけという現実もあります。

 

ホモやおかまという言葉はNG

ゲイの人にホモやおかま発言をすれば、気を悪くしてしまう人が多いという特徴が存在します。

なぜならゲイの人にとっては、ホモという言葉は差別用語としてとらえますし、おかまとゲイも少し意味は違ってくるからです。

さらにゲイは自分の心をカミングアウトできずに、好きな男性にもアタックできないという純粋な心を持っている人が多いですから、傷ついてしまう可能性が非常に高いです。

 

仕草や話し方が女々しい

ゲイは女性っぽい性格をしている人も多いです。

最も目立つポイントではありますが、ゲイの場合、女っぽい仕種をしたり、話し方をしたりするので、よくよくチェックしてみると案外それが当てはまる人が多いです。

よくテレビなどでもおねぇ疑惑という言葉が出てきますが、ゲイは自分を磨くために仕草や動作をより可愛く、女性らしくが意識にあるために、あまり男らしい仕草や行動を好みません。(もちろん、ゲイのタイプにもよります。※記事の最後に、ゲイの4つのタイプをご紹介していますので、そちらを参考にしてみてください。)

 

下着にこだわりを持っている

ゲイの人は女性と同じように、下着にこだわりを持ちます。

勝負下着という下着を持っている人もいれば、自分の好みのブランドの下着にこだわるという人もいて、とにかく見えない部分にも気を遣う傾向が強いです。

もちろん下着にこだわりを持っているかなんてことは、本人に聞かないと分からないことですから、下着で見分けることは至難の業と言えるでしょう。

 

ホソマッチョが多い

ゲイは皆筋肉質だと思っている人も多いのですが、実はそれはあながち嘘ではなく、細マッチョであることが多いようです。

しかし実際ゲイでもマッチョでない人もたくさんいますから、見分けが難しいところでもあります。

日本ではそれほど体を鍛えるという習慣がないため、太っていてもゲイである可能性も十分に考えられますので、細マッチョだからといって偏見を抱いてしまうのはNGです。

 

ゲイ友達が多い

類は友を呼ぶと言いますが、ゲイの人にはゲイが集まりやすいです。

ネットなどで悩みを打ち明け、友達になるケースもあれば、そういった人が集まるバーで知り合う人もいます。

悩みを打ち明けることができる関係を保つこともできますし、ゲイならではの悩みを共感し合えることもできるので、ゲイ同士の相性は非常にいいといえるでしょう。

 

ホットパンツを履いている

何故か分からないけれど、男性でホットパンツを履いている人はゲイに多い特徴であると言われています。

ホットパンツはやはり足を見せることが出来ますから、他のゲイと仲良くなれる服装でもあります。

露出が多い服を着ているホソマッチョなら、ゲイもあり得るかもしれません。

 

流行に敏感

流行に敏感な男性は、ゲイである可能性は高くなります。

服装が派手で、流行に乗っており、先取りしている男性はゲイの可能性は高いです。

しかしファッション好きな男性も多いので、区別がつきにくいとも言えます。

その場合は他の特徴と合わせて考えると良いでしょう。

 

女性より美意識が高い

男性なのにお肌つるつる、小物も手足等にしっかりとつけていて、服装は綺麗だし、髪の毛も充分ヘアケアしているというような女子力が高い男性はゲイであることが多いです。

美意識が高いのはゲイ同士、やはり気持ちいい存在であり続けたいという点から、自然と美意識が高くなってしまいます。

またより美しくなるために、女性よりも美への追及が厳しく、自分に厳しいという特徴も見られます。

 

ゲイを見分けるのは至難の業

特徴の12選をご紹介してきましたが、ゲイと言っても特徴は人それぞれなので、必ず上記の12項目に全て当てはまっているというわけではありません。

またKABAちゃんがゲイの4つのタイプをテレビで告白し、話題になりましたが、ゲイには4つのタイプがあり、
1.心も身体も99%女性タイプ
2.外見が特に女性的タイプ
3.見た目は男性。心は女性タイプ
4.心だけ女性→ほぼ女性への移行型タイプ

という4つのタイプに分かれるそうです。

1と2に関しては見分けることは簡単ですが、3と4に関しては、人前では隠し通している人の場合、見分けるのは非常に困難と言えるでしょう。

男関連の記事

性格悪い男の10大特徴と見分け方

気持ち悪い男の特徴~対処法7個

スポンサードリンク

コメント

    • 匿名希望
    • 2017年 5月 21日

    1.心も身体も99%女性タイプ
    2.外見が特に女性的タイプ
    3.見た目は男性。心は女性タイプ
    4.心だけ女性→ほぼ女性への移行型タイプ

    とありますが、同性愛者が皆上記4タイプにわかれるわけではありません。むしろ、4タイプいずれかに当てはまる人は同性愛者の中でも少数かと思います。

    多くのゲイバイの方は(女装家やドラァグクイーン等を除く)基本的に自分の心が女性だなんて思っていないはず。外も心も普通の男として認識しており、単に性的嗜好が男なだけです。女の人とSEXするよりも男の人とした方が興奮する、勃起する、がストレートと境目かと思います。

    • ぬいぐるみ
    • 2017年 6月 18日

    その4タイプはゲイの分類ではなくてMtFですね
    近年はLGBTに加えてqueerがあります。
    ひとくちにLGBTのTと言っても、性自認は一人一人異なります。
    KABA.ちゃんは完全な女性タイプ、1番のようですが、そうではない人も多数います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP