自尊心の低い男性

自尊心が低い人の特徴や原因|自尊心を高めるための3つの方法

日本の若者は諸外国と比べて自己を肯定的に捉えている者(=自己肯定感が高い人)の割合が低位に留まっており、自尊心が低い状況にあると言えます。(「平成26年版 子供・若者白書(内閣府)」より)

自尊心が低い状態でいると、知らないうちに人生で多くの損をしてしまいます。

なんだか自分に自信が持てない、自分には存在価値がないのではないか?といったことを漠然と感じてしまう人は、ぜひこの記事を読んでください。

この記事では以下のようなことが書かれています(要点)。

  • そもそも自尊心とは何か?について改めて頭を整理する
  • 自尊心が低くなってしまう原因と、自尊心が低いことによって生じる問題を理解する
  • 今日から取り組めるような自尊心を高めるための方法を紹介

自尊心とは

Wikipediaでは「自尊心」について以下のように書かれています。

  • 自尊心(じそんしん)とは、心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度である
  • 自尊心とは、他人からの評価ではなく、自分が自分をどう思うか、感じるかである
  • 自尊心は、自分が有能であるといういわゆる自信と、自分に価値があるという自尊の2つの要素から成り立っている

<出典> Wikipediaより筆者抜粋

また、心理学者マズローの有名な「自己実現理論」における第4段階の欲求は「自己承認と自尊心」となっています。

マズローによれば、「自己承認と自尊心」に対する欲求は、自分で自分の能力や業績や自律性を認識して内側から満たされる場合と、他人に評価されたり尊敬されたりして外側から満たされる場合があるとされています。

そして、内側から満たされる自己承認の方が、外側(その場限りかもしれない他人の評価)から満たされる自己承認よりも「上質な承認」であるとされています。

このことは、似たような言葉である「プライド」について考えてみると分かりやすいかもしれません。

「プライドが高い=自信がある」とも言えるため、自尊心を高めるためには良いことのように思われます。

しかし、その一方で、プライドは他者との比較の結果に基づいて構築される場合が多く、失敗(打ち砕かれて傷つくこと)を恐れて防衛的になってしまうことにもつながるため、「脆い」という側面もあります。

やはり、他者との比較ではなく、自分の内側から自己を肯定できるような自信の方が安定性が高いと言えるでしょう。

世界的な女優であったエリザベス・テイラーは、その美貌にも関わらず、自分の容姿に大変なコンプレックスを持っていたと言われており、過食、薬物やアルコール依存症、8度の結婚など、波乱に満ちた生涯を送りました。

現代でもセレブな人達が薬物など自己破壊的な行動をすることが日々ニュースとなっており、外側から満たされるものよりも、内側から満たされる自己承認の方が如何に大切かということが分かります。

自尊心が低い原因

マズローは、欲求段階のどこかの段階でつまずくのは、たいてい子供の頃にその欲求が満たされなかったことに起因しているといいます。

例えば、赤ん坊の欲求より自分の欲求を大切に思う親に育てられると、親の気に入る存在になるために自分の欲求を抑えるようになり、本物の自分を見失ってしまう。

そして、親に気に入ってもらうために懸命に勉強して、高収入の職業につき、経済的・社会的な成功を収めることにつながったとしても、当の本人は自分に自信を持つことができないという状態に陥ってしまうのです。

そうした幼少期の親との関係と経験が自尊心が低い原因の最たるものになっています。

こうして自尊心が低い状態に陥ると、「自分は劣っている・弱い・無力だ」と感じて落胆したり、不快な感情を補おうとして必死に努力をするという方向に向かってしまいます。

外的な評価と内的な自己評価のギャップはますます大きくなる一方です。

自尊心が低いとどんな問題があるか

自尊心が低いと現実的にはどんな問題があるかについて、3つほど例示します。

1.自分の本心が分からなくなる

自尊心の低い人は、本当はやりたくないことでも、自分を押し殺してでも、他人を喜ばせることによって自分の価値を高めようと必死になります。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP