自尊心の低い男性

自尊心が低い人の特徴と原因 高める方法

日本の若者は諸外国と比べて自己を肯定的に捉えている者の割合が低位に留まっています。(「平成26年版 子供・若者白書(内閣府)」より)

つまり、「自分自身の価値を低いと感じている人」、すなわち「自尊心が低い人」が多いということになります。

この記事では、「自尊心が低い人」の”特徴・原因・問題点・高める方法”について書いています

自尊心とは

Wikipediaでは「自尊心」について以下のように書かれています。

  • 自尊心(じそんしん)とは、心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度である
  • 自尊心とは、他人からの評価ではなく、自分が自分をどう思うか、感じるかである
  • 自尊心は、自分が有能であるといういわゆる自信と、自分に価値があるという自尊の2つの要素から成り立っている

<出典> Wikipediaより筆者抜粋

また、心理学者マズローの有名な「自己実現理論」における第4段階の欲求は「自己承認と自尊心」となっています。

マズローによれば、「自己承認と自尊心」に対する欲求は、自分で自分の能力や業績や自律性を認識して内側から満たされる場合と、他人に評価されたり尊敬されたりして外側から満たされる場合があるとされています。

そして、内側から満たされる自己承認の方が、外側(その場限りかもしれない他人の評価)から満たされる自己承認よりも「上質な承認」であるとされています。

世界的な女優であったエリザベス・テイラーは、その美貌にも関わらず、自分の容姿に大変なコンプレックスを持っていたと言われており、過食、薬物やアルコール依存症、8度の結婚など、波乱に満ちた生涯を送りました。

現代でもセレブな人達が薬物など自己破壊的な行動をすることが日々ニュースとなっており、外側から満たされるものよりも、内側から満たされる自己承認の方が如何に大切かということが分かります。

自尊心が低いとどんな問題があるか

自尊心が低いと現実的にはどんな問題があるかについて、3つほど例示します。

1.自分の本心が分からなくなる

自尊心の低い人は、本当はやりたくないことでも、自分を押し殺してでも、他人を喜ばせることによって自分の価値を高めようと必死になります。

問題は、他人の欲求ばかりを気にして自分の欲求には目をつぶってしまう。実際、長期に渡って自分の欲求を無視していると、自分が何を望んでいるのかすらも分からなくなってしまうことです。

他者の評価を気にするあまり、自分の本心が分からなくなってしまうのです。これは本当に怖いことです。

2.成功する前に挫けてしまう

高い自尊心を持っている人は、目標に向かって努力している途中で壁にぶち当たったとしても、自分に対する自信が支えになって、耐え忍ぶ力が強い傾向があります。

本当の意味で自尊心の高い人は、ものごとがうまく行かないときでさえ、自分を肯定することができます。

一方で、自尊心の低い人は自己評価が低いので、「やっぱり自分には無理だ」と諦めるのも早くなってしまいます。

どんな成功者でも、何の失敗もなく成功したという人は稀で、むしろ失敗を多く重ねて学び、最終的に成功に辿り着いたという人の方が多いのではないでしょうか。

3.言い訳ばかりの人間になってしまう

心理学者アドラーは、「自分を評価できていないと深刻な劣等コンプレックスに陥る危険性がある」と指摘しました。

劣等コンプレックスとは「異常な劣等感でほとんど病気であり、劣等感の過度な状態に他ならない」というものです。

新しいことや難しい課題に対峙したとき、自分が如何に劣っているかをひけらかすことで、挑戦しなくても良い理由(言い訳)にすり替えてしまう態度のことを意味しています。

つまり、劣等コンプレックスに陥ると、難しいことから逃げる体質になってしまうのです。

自尊心が低くなる原因

マズローは、欲求段階のどこかの段階でつまずくのは、たいてい子供の頃にその欲求が満たされなかったことに起因しているといいます。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP