着物を着た女性

着物が似合う人の特徴とは?着物のメリット・デメリットも併せて紹介

  • 着物を着てみたいけど似合うかな?
  • 「着物が似合う人」ってどんな人?

と、着物に興味があって挑戦してみたいと思っている方は少なくありません。

そんな人のために「着物が似合う人の特徴」をご紹介します。

もし、着物が似合う人の特徴に当てはまらなくても上手に着物を着るコツについても触れていきますので、着物に興味を持っている方はぜひ参考にしてみてください。

着物は日本人の体に合うように作られている

日本の伝統文化として親しまれている「着物」ですが、多くの場合、日本人の体の特徴に合わせて作られているということをご存知でしょうか?

日本人の体型は外国人と比べると、”小柄”で”なで肩”と言われています。そのような日本人の体型に合わせて、美しく着こなせるように織られているのです。また、比較的弱い日本人の肌質のことも考えられており、優しい生地で織られていることが多くあります。

着物を着るメリットは、「日本の伝統文化に触れられる」「露出が少ないため、世代を選ばず好まれる」「華やかな印象を与えられる」などさまざまです。また、「マナーや所作を身につけられる」「オシャレに見える」「女性らしさを出せる」といったことも言えるでしょう。

反対に、着物は「着脱が面倒」「高価である」「大股では歩けない」「保管が大変」などのデメリットもあります。

ただしデメリットに関しては、着物を好んで着ている方にとってはあまり苦と感じることは少ないのかもしれません。

 

着物が似合う人の特徴は?

着物を着た女性の頸

日本人の体の特徴に合わせて作られている着物ですが、「日本人の体型」とはどのような体型を指すのでしょうか?

日本人にもさまざまな体型の方がいらっしゃいますが、ここでは「着物を着る上で、着物が似合う人」の体型をご紹介していきます。

くびれがなく全体的に寸胴

まず、着物が似合う人の特徴で「寸胴(ずんどう)な人」が挙げられます。寸胴とは、ウエストがくびれておらず、上半身から下半身にかけて凹凸が少ない体型のことを言います。

一般的に、女性らしい体のラインとは、ウエストにくびれがあり胸やお尻が出ている様子を言いますが、着物が似合う人の特徴には当てはまりません。着物が似合う方は、「胸やお尻が小さくウエストにくびれがない」体型の方だと考えられています。

着物は真っ直ぐな生地から織られるため、体のラインがあまり出ていない方が綺麗に着こなせるのです。

体型に合わせて着物を選ぶと、より綺麗な着こなしができるでしょう。

例えば、細身の方ならば淡いカラーの大きな絵柄が描かれている着物だと、細身であることがカバーできるはずです。そして、太身の方は、洋服と同じで濃厚なカラーで絵柄はシンプルなものか小さな絵柄の着物がおすすめです。

黒髪

日本人は、もともと黒髪の遺伝子で生まれてきます。

あえて髪の毛を染めない限りは、日本人の髪色は黒色ですよね。冒頭でも述べた通り、着物は日本人の着るものとして普及し始めた頃から、日本人に合うように作られています。

髪の毛も例外ではなく、着物は日本人の黒髪に合うような色合いや絵柄で織られているのです。そのため、金髪など明るい髪色は、着物を合わせると浮いてしまうでしょう。

もし、着物を着こなす女性になりたいとお考えの方は、髪色は黒髪をおすすめします。ただし、絶対に黒髪でなくてはダメだということもなく、黒に近い濃い茶色など比較的暗い色ならば着物に合うでしょう。

なで肩

着物は、小柄で女性らしい方が似合うとされています。

そのため、角ばってハリがある「いかり肩」と比べて、肩の先が丸くなで下ろしているような「なで肩」の人の方が着物は似合うでしょう。

普段、なで肩の方は、バッグを肩にかけた時にずり落ちやすいと感じて不便に思っている方も少なくはありません。しかし、着物が似合う人の特徴に当てはめてみると、なで肩の方が着物は似合います。

なぜなら、なで肩は「柔らかい」イメージに対して、いかり肩は「たくましい」イメージがあります。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP