着物が似合う人の特徴とは?着物のメリット・デメリットも併せて紹介

イメージの話になってしまいますが、着物は柔らかくおしとやかで女性らしい印象を与えるものですので、いかり肩と比べるとなで肩の方が似合うというように考えられるのです。

脚は短い方が良い

「脚は長い方が良いのでは?」と思う方も多いと思いますが、実は着物の似合う人の基準では「腰の位置はできるだけ低い方が良い」とされています。

着物の帯を締める際に、腰の位置で帯を結びます。帯を締めたときの位置が低いと、着物の絵柄やデザインなどが綺麗に表に出すことができます。

また帯の位置が低い方が、全体的に落ち着きのある大人っぽい印象を与えてくれるというメリットがあるからです。

そして、腰の位置が低いということは、必然的に脚が短いということになります。

洋服を着る際には、もちろん脚は長い方がスタイルがよく見えるのかもしれません。しかし、着物が似合う人という基準に当てはめて考えてみると、脚は短い方が良いのです。

長くて細い首

着付けの際に襟元を整えることは、重要な着付けの一部です。

首が長くて細いと、うなじがほどよく見えて襟の形も綺麗に見えます。反対に、短い首だと、うなじが襟に隠れてしまう可能性があり綺麗に着こなせているとは言えません。また首が太いと、襟元が窮屈な印象を与えてしまう可能性があります。

そして、長くて細い首の方でも、着物を着る際には髪の毛をアップスタイルにしましょう。

最近ではボブくらいの長さの髪をあえて下ろしているスタイルや、「ゆるふわ」なイメージを出すためにふんわり髪の毛をまとめていることもありますが、着物を綺麗に着こなすには襟元を綺麗に見せる必要があるため、しっかりと髪の毛をまとめましょう。

 

着物が似合う人の特徴に当てはまらなくても上手に着物を着るコツ

これまで、着物が似合う人の特徴の代表的な例をいくつか挙げてきました。

しかし、それらの特徴に当てはまらないからといって、着物を着ることを諦める必要はありません。これらの特徴に当てはまらなかった方も、着付けをする時にある程度カバーできるからです。

例えば、ウエストにくびれがあり細身の方の着付け時には、数枚のタオルなどのあて布を使い、腹部に太さを出して着付けを行います。

また、胸が大きい方の場合、さらしや和装ブラジャーを使って胸の強調を抑えたりもします。

いかり肩の方は、肩に綿を敷いたりすることでなで肩を作ります。そして、お尻は女性用ボクサーパンツなどを利用してふくらみを抑えます。

このように、着付けをするときに体型カバーをすることはよくあることなので、上記で挙げた特徴に当てはまらないからといって着物を着ることを諦めないでください。

着物はシンプルなデザインのものが多いため、メイクは普段よりも華やかさを持たせるようにすると、全体的に女性らしい華やかさを演出できます。ただし、場所によっては控えめにしなければならないこともあるため、TPOを守って着物を楽しめると良いですね。

 

仕草や立ち振る舞いにも注意しましょう

今回は、着物が似合う人の特徴をご紹介してきました。着物が似合う人の特徴を下記にまとめてみました。

  • 寸胴
  • 黒髪
  • なで肩
  • 脚が短い
  • 長くて細い首

などです。これ以外にも、着物を着ているときの「仕草」や「立ち振る舞い」にもおしとやかで女性らしさを出すことができます。

着物を着ているのに、仕草や立ち振る舞いが大雑把では、どれほど着物が似合う人の特徴に当てはまっていても似合っているとは言えません。着物に興味がある方は、着物を着たときの仕草や立ち振る舞いにも注意しておきましょう。

ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP