理系の男性

理系が教えるめんどくさい理系男子の4つの特徴

皆さんは理系男子に対してどのようなイメージを持っていますか?

「プライドが高い?」「めんどくさい?」「理屈っぽい?」「コミュ障?」それとも「天才??」

あくまで一般的にですが、男性は論理的思考を好み、女性は直感的な感情を大切にすると言われています。

多くの直感的な女性からしたら、理系男子の論理的思考を特に好む姿勢は、理解するのが難しくめんどくさいと感じてしまいます。

もちろん理系の中でも、直感的な感情を大切にしたい女性の思考を理解して尊重してくれる人はいますが、それを見分けるのは難しいですよね?

そこでこの記事では、こんなタイプの理系男子とは距離を置くべきだな!」といったことがわかるように、めんどくさいタイプの理系男子の特徴を4つほど紹介します。

間違いを見逃さない

理系科目はきちんと定められた定義のもとに、あらゆる問題を考えていきます。

なので理系の人間は定義をとても大切にしています。

それが学問の定義であれば、定義にうるさいことはとても素晴らしいことなのですが、めんどくさいタイプの理系男子はそのこだわりを日常生活や普段の会話の場にも持ち出してきてしまいます。

つまり、意味が間違っていることに我慢できないのです。

普段の会話において別に掘り下げる必要のない些細なことに関しても、少しでも間違いがあるとそれを必ず指摘して話の腰を折ってくる人、みたことありませんか?

そういう人はおそらくこのタイプの人でしょう。

指摘することに喜びを感じている人もいれば、ただの善意で指摘している人もいるでしょう。

ただしどちらにも「別に気にするほどのことではないから間違いを見逃す」という選択肢はないため、指摘された側は別にいいじゃん、と思っちゃいますよね。

こういうことが繰り返されるとやがて話すのが嫌になってしまっても仕方がありません。

 

相手の反応や顔色を全く気にしない

理系にはオタク気質の人が多く、これはオタク気質の人にも多いことなのですが、彼らは相手がつまらなさそうにしていても全く気にせず、自分の興味のある話を延々とし続けます。

例えば、花火を一緒に見に行ったときに花火の綺麗さにうっとりとする、、、

のではなく、花火がなぜ光るのかを楽しそうに延々と話してきたりとか、雨上がりに虹がかかったときに、虹が七色に映る原理を楽しそうに延々と話してきたりとか、、

理系の彼氏と付き合ったことがある女性はこんな経験あるんじゃないでしょうか?

こんなどうでもいいこと延々と話されたらせっかくのいいムードが台無しですよね、、、

こういった原理は化学や物理の分野の話であり、多くの理系が学ぶことなのです。

彼らは普段勉強しているときにこういった原理を知り、なるほど!!といたく感動したのでしょう。

そこで、彼らにしてみれば「あなたにもこの感動を教えてあげたい」と一生懸命話しているのです。

しかしこういったことは興味のない人にとっては本当にどうでもいいことで、つまらないことなのですが、彼らは相手がつまらなさそうにしていることに気づきません。

花火きれいだね、虹きれいだね、と素直に共感してくれればそれでいいのに、、って感じですよね。

こういったことに限らず、好きなアニメの話とかゲームの話などを延々とされるのも本当に退屈ですよね?

彼らは相手が興味なさそうだから話題を変えるという当たり前のことができないので、彼らに対しては興味なさげに話を聞く、という手段が通用しません。

そんな時は、「その話興味ないから!」とはっきりと言ってあげましょう。

傷つけてしまうことを気遣っている貴方の心配をよそに、拍子抜けするほど「あっ、そう。分かった。」と納得すると思います。

 

文系を下に見ている

大学入試において同じ偏差値では文系よりも理系のほうが難易度が高いと言われています。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP