占いのイメージ

【占いは信じない方が良い】その理由と信じないことのメリット

皆さんは占いは信じますか?

占いは昔から世界中のどこの国にもあるもので、人々の生活に深く根付いているものですよね。

昔は政治の政策の良し悪しなども占いで決められていたほど占いが重要視されていましたが、果たしてこの現代でそんな非科学的なものを信じてしまって良いのでしょうか?

今回は「占いを信じない方が良い理由と信じないことのメリット」をご紹介します。

人はなぜ占いを気にするのか?

女性に限らず、男性でもその日の運勢を気にする人は多いものです。

しかし、なぜ占いのことがそんなに気になるのでしょうか?

人間だけが未来を考えられる生き物だから」だと、ハーバード大学の社会心理学者、ダニエル・ギルバートは言っています。

考えられるだけに、未来が不安になる。だからなにがしかの指針を示してくれそうな占いが気になってしまうのでしょう。

また、別の心理学者は、人が常に自分のアイデンティティを探し求めている生き物だからだともいいます。

「私は何者なのか?」「私は何のために生きているのか?」と日々自問自答していても、その答えは見つかるものではありません。

その答えらしきものをいとも簡単に出してくれるのが「占い」。だから、つい気になってみてしまうのだというのです。

 

人間の固定観念(思い込み)の心理が強く働いている

心理学で「ステレオタイプ」という言葉があります。いわゆる「思い込み(固定観念)」です。

一度、固定観念が形成されると、その考え方が定着してしまい、なかなか離れなくなってしまいます。

仮に、その固定観念に反することが起こって固定観念に疑問を抱くことがあったとしても、その後、また合致することが起こると、「やっぱり自分の考え方(固定観念)は正しかった!」と改めて思います。

先程起こった反例は「例外」として処理され、固定観念が維持・強化されるのです。

「出会いは第一印象が大事!」というのも、一度形成されてしまうと覆すのが難しい「固定観念」を維持する機能があるからです。

第一印象で悪そうな人と認識してしまったら、もしその後その人が度々良いことをしても、その人が一度でも悪いことをした時に、「やっぱり悪い人だった!」と再認識してしまいますよね

少々前置きが長くなってしまいましたが、「占い」に関しても、それと同様に「思い込み」の心理が働きます。

人は一度占いを信じてしまうと、その後も信じやすくなってしまうものです。

たくさん占いをしていれば、一定の確率で当たることは不思議ではありません。

しかも、もともと占いを信じたくて占いに接する人達にとっては、前述の「思い込み」の心理も手伝って、当たったものだけを強く記憶します。

そして、当たったという人の評価の方が強調されることで当たる占い師という評判ができていくのです。

また、商売気の強い占い師は、その占いを的中させた実績をメディアを通して多くの人に認識させるなどすることで、「あの占い師は当たる!」という評判を強化していきます。

占い本やグッズを出せば信者が買うので大儲けです。

 

大勢に当てはまることを言う

さらによくある手口として、大勢の人に当てはまることを言ってまず当たると信じ込ませるというものがあります。

バーナム効果といわれる心理学的な手法を用います。

バーナム効果とは、”誰にでも当てはまるような一般的な文章を読んで、自分に当てはまっていると思い込んでしまう心理学の現象”のことをいいます。

例えば、以下のような文章です。

あなたは負けず嫌いですが、その反面、些細なことで弱気になって思い悩んでしまう人でもあります。また、自分を不器用な人間だと思っていて、人から好かれたい気持ちがあっても、それを上手く表現できないことがあります。それだけに、人間関係が原因で、恋愛にしても仕事にしても、トラブルを抱えてしまうことになりがちです。

また、この文章には、二面性提示という心理テクニックも用いられています。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP