少年犯罪を起こしやすい子どもの特徴と予防策

親が子どもを心配するのは当たり前で、子どもに何かあったら救いの手を差し伸べるのも自然なことです。

しかし、親として親子関係を客観視できないと、つい何でもかんでも手を差し伸べてしまい溺愛し過ぎになってしまいます。

結果、子どもが自立できなくなってしまい、それが少年犯罪にも繋がる可能性もありますので客観視することが大切なのです。

 

まとめ

少年犯罪を起こしやすい特徴をみると、両親の言動や家庭環境がほとんどです。

少年犯罪をおこすのは子どもの性格ももちろんあります。

しかし、親の対処の仕方で防げることも多くありますので、親として子どもを正しく愛して、少年犯罪を防ぎましょう。

ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP