ベルギー人の性格の特徴

オランダやフランスやドイツといった、ヨーロッパでも有名な国に挟まれているベルギー。

そんなベルギー人ですが、どんな国民性で、どんな性格の人が多いのでしょうか?

今回はそんな、ベルギー人の性格の特徴についてご紹介しようと思います。

日本人が知らないベルギー人ならではの、性格の特徴が知れるかと思います。

スポンサードリンク

ベルギー人の性格の特徴

 

1.ベルギー人の性格はのんびり屋が多い

のんびりした性格の人が多く、日本人と違い待つことができます。

待たせてもイライラせずに待っていてくれるので、そういった部分は日本人とは異なります。

ヨーロッパの中でも、せっかちな人が少ない国なのです。

 

2.どちらかといえば陰口が多い

性格的には、直接人に対して言うのではなく、陰口をいう事が多いベルギー人。

あまり喧嘩にならないのはいいことですが、陰で何を言われているのかわからない!

そんな嫌な部分があるようです。

 

3.ある意味心が広い?

ベルギーはなぜか、昔から隣接する国に小バカにされやすく、ジョーク交じりの冗談を言われることが多くあります。

しかし、国民のほとんどは相手にしておらず、そういった意味では心が広い県民性なのではないでしょうか。

勘違いしないでほしいのは、隣接する国と物凄く仲が悪いという事ではありません。

 

4.ベルギー人は食にうるさい?

フランスやイタリアに並び、グルメでは有名なベルギー。

日本人が海外に行って料理が不味いというのと同じで、食べ物がおいしい国は他国の料理に口が合わない事が多いみたいです。

食べ物がおいしい国のあるあるかもしれません。

 

5.観光客に優しいベルギー人

旅行に行った日本人の方が口をそろえて言うことが、道に迷うと話しかけてくれて、道を教えてくれたということです。

親切だと感じる人も多く、ベルギー人の性格の特徴ともいえるでしょう。

逆に、警戒心が強い人は、少し怖いかもしれません。

 

6.食のライバルはとにかくフランス

ベルギー食の文化はフランスから来ています。

今では世界的に有名なワッフルなどがありますが、そんな食のライバルはとにかくフランス。

旅行に行った方は、フランス料理が食べたいなんて間違っても言わないように。

 

7.ベルギーの南部は「ラテン系」の人の性格が特徴的

ベルギーの南部はラテン系が多く、社交的な性格の人が多いです。

おふざけや楽しいことが大好きです。

はっちゃけたい時は、南部に行くのがオススメです。

 

8.ベルギーの北部は「日本人寄り」の性格が特徴的

北部は南部とはまた違い、真面目で仕事人間が多いです。

どちらかといえば、日本人やドイツ人気質な人が多いようです。

旅行に行く方は、北部と南部の両方に行ってみることで、二つの民族性を楽しむことができます。

 

9.家族の絆を特に大事にする

ベルギーの家族の絆を大事にする心得は、特徴的で、こんなところにその特徴が出ています。

首都のブリュッセルは大都会にもかかわらず、ど真ん中に刑務所が存在します。

この刑務所は有名ですが、なぜ大都会のど真ん中にあるのかというと、「家族が会いに行きやすい」場所にあるからだそうです。

ここから、家族や身近な人の絆を大事にする国民性が分かります。

 

10.ビールが大好き

お祭り時には、ビールを片手に楽しそうにしている姿をよくテレビで見ます。

最近は世界中が健康志向になってきており、ビールの摂取量も少し減っているようです。

しかし、日本と比べると間違いなくビール大好き国家です。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP