ポリエステルの特徴

ポリエステルは1941年に誕生した合成繊維の一種で、今では日常生活の中でも欠かせない存在となっています。

日本国内でも合成繊維の生産量のおよそ半分がポリエステルで、このことからもポリエステルの利便性の高さがわかります。

私達の生活を支えてくれているポリエステルですが、その特徴はどういったものなのでしょう。

スポンサードリンク

圧倒的な耐久性

ポリエステル最大の特徴と言えばやはり耐久性の高さになるでしょう。

合成繊維は基本的に耐久性が高いことが多いのですが、その中でもポリエステルの耐久性の高さは優れています。

そのため衣服の素材として使われることが多く、これは何度も洗濯をしても劣化しづらいからです。

普段あまり気にすることはないかもしれませんが、お家にある衣服の素材を確認してみるとポリエステルを使っているものが多く見られるでしょう。

女性用の衣服ならブラウス、男性用ならYシャツなどが特にポリエステルを使っていることが多く、誰もが着る服にポリエステルが使われていることになります。

また、シワになりにくいという特徴もあり、この点も衣服の素材として適している理由です。

長く着ることができ、洗濯をしても劣化しづらく、シワになることも少ないため手入れも楽と、衣服の素材としてはまさに理想的です。

 

吸湿性が低い

ポリエステルは吸湿性が低いという特徴があり、濡れてしまってもすぐ乾きます。

この特徴は衣服だけでなく寝具にも利用されています。

シーツや布団などにポリエステルを使っていることが多く、寝ている間に汗をかいてもすぐに乾くため快適な睡眠を実現させられます。

洗濯をした場合などもすぐに乾きますし、衣服と同様になにかと手間の省ける素材として重宝されています。

また、カビなどの雑菌も繁殖しにくいので、1つの物を大事に使いたい人にはおすすめです。

 

高温にも対応できる

高温にも対おいできるので、乾燥機やアイロンがけをしても基本的には収縮しないのが特徴的です。

ここで注意すべき点は、余りにも高温の場合は耐えれないということです。

アイロンをかける際は低温ですることを心がけましょう。

高温すぎると表面がガサガサになってしまったり、焦げてしまうこともあり得ます。

基本的には低温で丁寧にすることが大事です。

 

ポリエステルが多く使われる物について

ポリエステル製の洋服は強度があるのもメリットですが、綿や麻に比べると軽く、乾きやすい特徴があります。

女性用のブラウスや男性用のスーツにもポリエステルが多く使われていますが、肌触りが悪くなる傾向があるため、肌に直接身に付ける物の場合は、綿と混合で使われる事もあります。

 

欠点もある

ポリエステルが非常に優れた素材であることは間違いないのですが欠点もあります。

衣服に使われることが多いわけですが実はポリエステルは毛玉ができやすい素材です。

衣服を長く着るうえでどうしても問題になるのが毛玉ですが、他の素材よりも毛玉ができやすいため衣服そのものが劣化していなくても外出時には着られないなんてことも出てきます。

ポリエステル素材の衣服は他の素材以上に毛玉に気を付ける必要があるでしょう。

こまめに毛玉を取ることが求められます。

値段的にはリーズナブルなため、ある程度は仕方ないと割りきってしまう方も多いのですがこの欠点を把握しておけば対策ができますのでより長く愛用することが可能になります。

 

冬は乾燥するので注意が必要?

特に空気が乾燥する冬は、ポリエステル製の物を身につけていると静電気を帯びやすいので注意が必要です。

ポリエステルは化学繊維の一種なので、人によってはアレルギーを起こす事があります。

この場合は綿100パーセントや麻製の物を使えば対処できますが、体質や肌質によってはデメリットが大きくなってしまいます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP