ミステリアスな人の特徴や魅力10選

ミステリアスな人というのは、どこか読めない部分も多く、異性であっても同性であっても非常に魅力的に映ることも多いです。

一方で、ミステリアスだからこそのマイナス部分も見られ、ミステリアスだからといってプラスなことばかりではありません。

今回の記事では、そんなミステリアスな人の特徴や魅力について、プラスな部分もマイナスな部分も含めての10選にまとめています。

スポンサードリンク

何をしているか分からない

映画などでよく見るミステリアスな人であり、例えば職業のことを自ら語らないのに対して、家が非常に豪華であったり、普段の生活が普通のサラリーマンとは違う人などが、このタイプの特徴に当てはまります。

現実的な世界で言えば、とても美しい夜の仕事をしている女性や、会社経営をしている男性に当てはまりやすいといえるでしょう。

この手のミステリアスな人というのは、相手にもっと知りたいという興味心を与えることができますので、非常に魅力的で注目されやすいタイプであると言えます。

 

行動パターンが読めない

行動パターンが読めない人というのは、例えば恋愛の場合は、キスしたくなるシュチュエーションなのに対して、キスをお預けにされたり、友達の場合は、月に数回連絡が来て返しているのに対して、送るだけ送っておいて連絡が返ってこないなど。

人生経験を積み重ねるにつれて、人の行動パターンというのはある程度一定化され、期待することも同じであることが多いのに対し、ミステリアスな人というのは、その期待を裏切り続ける人であるとも言えるでしょう。

ピエロなどはよく、ミステリアスであるという表現をする人が多いですが、これも同じく顔が見えないからこそ、ミステリアスに感じてしまうわけです。

 

自分にはないものを持っている

自分にはないものを持っている相手に対して、どこかミステリアスな部分を感じる人も多く、これは人の心理パターンがそうさせる部分もあります。

逆を言えば、自分にない部分があるからこそ、ミステリアスに感じるのであり、人は自分と同じような人に対しては親近感がわきますから、それほどミステリアスな魅力を感じにくいという心理的特徴も大きく関係してきます。

 

抜け目ない

知的であるとも言い換えることができますが、ミステリアスな人というのは、抜け目がないことからも、非常に知的に見えることが多いです。

ですから落としたいと思っても、どうアピールしていいのかも分からずに、さらにはどんなことをすれば喜んでくれるのか、といった部分も想像がつきにくいので、結果的にもっと知りたいという興味がわきます。

ですからミステリアスな人はモテますし、知的に見られることも多いといった特徴も見られるのです。

 

冷静沈着

冷静沈着でクールな人というのは、ミステリアスに見られることが多く、これは無口で口数が少ないという特徴が関係してきます。

無口で口数が少ない人というのは、一日の出来事や自分語りをすることも少ないので、ミステリアスでどんなタイプかが分かりにくいという考えに、多くの人がなってしまいます。

また、気どると冷静沈着でクールな人というのは違ってきますので、そこの勘違いをして、痛い人にならないように注意したいものです。

 

何処か余裕がある

常に何処か余裕がある人というのは、魅力的であるということは言うまでもありませんが、ミステリアスな人というのは何処か余裕を感じさせ、そしてそんな雰囲気を常に醸し出しています。

ですから焦ることはなく、常に自分のペースで物事を処理することができ、淡々と行動できる人であるとも言えるでしょう。

お金持ちはモテるので異性に必死にはなりませんが、そんな細かな分部がミステリアスに感じさせ、そして不思議な魅力へと思させるのです。

 

自分を持っている

自分に自信がない周りに流されやすい人というのは、何処か頼りなさを感じさせ、自分に自信がないという気持ちが行動面にも表れてしまいますが、自分に自信を持っている人というのは、周りに流されたりしません。

しっかりと自分の意志をもって行動を起こし、そして自分の意見をしっかりと伝えることができる人でもあるのです。

結果的に、自分を持っている人というのは、相手が思うように動いてくれずに、想定外の行動を起こすことがありますので、そんな瞬間にミステリアスな人だという感情が芽生えることも少なくはありません。

 

人脈が豊か

普段は地元の友達と遊んでいると思いきや、時には芸能人とご飯に行ったり、企業の社長と一緒に旅行に行ったりなど、不特定の職業の人との付き合いがある人に対して、私たちはミステリアスで掴みどころのない魅力を感じるものです。

ですから困った時に、簡単に弁護士を紹介してくれたり、ご飯に誘われたと思ったら一緒に社長さんがいたりと、簡単には出会えないような人脈を持っている人というのは、ミステリアスなのです。

 

恋人がいそうでいない

恋人がいそうでいない魅力的な人に出会った時に、何処かミステリアスな魅力を感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

なぜそういった人にミステリアスな魅力を感じるのかといえば、人はありもしない想像を膨らませてしまうからです。

ですから、恋人が不特定多数いるかもしれない、こんな自分でもチャンスがあるのかも…という想像を膨らませ、誰にも分からない未来に期待を寄せてしまうからこそ、ミステリアスな人に夢中になってしまうことも多いです。

 

距離感が縮まらない

簡単に距離感が縮まらない人もミステリアスな人の特徴であり、会うたびにいつも壁を感じたり、一歩踏み出しにくい雰囲気を持っていたりもします。

ですからミステリアスな人というのは、近づきがたい人であったり、どこか話しかけずらい人であることも多く、少し離れた距離から見つめている恋を例に挙げると、想像がつきやすいでしょうか。

そういった雰囲気があるからこそ、人はその人に対して異常なまでの高い評価をしてしまいがちであり、脳が自然に魅力的であると判断してしまうわけです。

 

読めない魅力が素晴らしい

いかがだったでしょうか。

ミステリアスな人に対して魅力的であると感じてしまう一番の理由は、読めないからこそ想像を膨らませ、より魅力的であるかのように判断してしまうことにあります。

ですから、頑張っているわけでもないのに、いつも周りより頑張っていてなどと誤解されたり、モテそうなどと誤解されることも、ミステリアスな人には多いです。

独特な雰囲気が特徴的なミステリアスな人だけに、好き嫌いが分かれやすいといった、マイナス要素も見られます。

また、「素敵な人になるには?特徴10選を知ろう!」もセットで読んでみましょう。

素敵で魅力のある人になるためには、何もミステリアスな人以外でも選択肢はたくさんあるのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP