キラキラした人の特徴10選

「キラキラした人が羨ましい」と感じたり、「キラキラした人生を送りたい!」と思うことは普通であり、誰しも幸せいっぱいな日々を送りたいと、心の奥底で思っているものです。

そのための一歩として、キラキラした人になることが近道であることに間違いはなく、ここでは幸福度が高いキラキラした人の特徴をまとめていきます。

スポンサードリンク

何事にもポジティブな人

キラキラした人はポジティブ思考であり、プラスの方向へと考えることができるため、表情や言動に暗さを感じることがありません。

逆に、ネガティブ思考な人ほどキラキラした人に当てはまらない理由としては、こうした人は自己注目の悪循環に陥っているため、自分に注目しすぎた結果、悩み事がどんどんと増えていってしまうのです。

そして、表情が暗くなる他にも行動面でも悪い方向へと自ら進んでしまう結果となり、ネガティブスパイラルにはまりやすくなります。

 

人に恵まれていると思える人

人に恵まれていると思える人ほど幸福度が高く、これは幸せである気持ちの方が、不幸せな気持ちよりも優位な状態にある証拠です。

そもそも人に恵まれていると思えることは、自分が幸せであることや幸せな気持ちの時に感じることが多く、キラキラした人は他人に感謝の気持ちを持つことができるため、ポジティブ思考にも繋がります。

また、認知心理学者である匠英一教授も、人に恵まれていると思える方が幸せ度が高く、充実した毎日を送っていると発言しています。

 

夢を持ち、そこに夢中な人

子供の頃からの夢を追っかけていたり、本当に夢中になれることに出会えた人は、必ずと言ってもいいほどキラキラしており、生活水準が決して高いわけではなくとも、毎日が充実しています。

応援したくなる人がまさにこれに当てはまり、彼らは生活がキツキツであったとしても、それを感じさせないほどの充実感が伝わってくるのです。

毎日をダラダラと過ごし、なんとなく生きている人からすれば、こうした人は羨ましいと思える対象ともなりやすく、成功までの道のりを間近で見てきた人にとっては、尊敬する人の1人となることも珍しくありません。

 

自信を持てることが増えてきた人

キラキラした人でも苦手なことは当然ありますが、それでも自信を持てることが増えてきたと感じることができる人は、幸福度が高い人であります。

自信を持てることが増えてきた人には、何か大きなことを成し遂げることができた人などに見られる傾向にあり、幸福度が高ければ高いほど自信を持てることも増えていきやすいのです。

例えば大好きな人と付き合えた人は、自分はダメ人間だと思っていたとしても、恋が実ったことをきっかけに自分に自信を持ち、生き生きとした毎日を送ることができたりするのが良い例です。

 

お金持ちで生活水準が高い人

一方で、お金持ちで生活水準が高い人もキラキラした人の特徴であり、こうした人はパーティーに招待されたり、派手な生活を送ることも可能であることから、キラキラした生活を送ることが可能です。

本当のお金持ちの生活を見てみると、何不自由ないような生活を送れていることもあってか、お金持ちオーラを感じたり、毎日をダラダラと過ごしていない人が多いようにも感じます。

特に成金と言われる人は派手な生活を送る傾向があるため、成金でお金持ちな人ほど特徴に当てはまると言えそうです。

 

人生をやり直せるとしても、同じ人生を選べる人

キラキラした人は今が充実しているため、人生をやり直せるとしても同じ人生を選び、大きく違う人生を希望しにくいと考えられます。

それもそのはずであり、違う人生を選んだところでうまくいく保証もないですし、生きがいのあることを見つけられるかも分からないのです。

また、これは心理学者が作る幸福度チェックの項目として入ることが多いことからも、今が幸せな人の特徴であるとも言えます。

 

他人と比べず、今に満足してる人

他人と比べることなく現状に満足している人は、SNSで楽しそうな写真を目にしても焦ることはありませんし、嫉妬するようなこともありません。

なぜならキラキラした人こそが嫉妬される対象であったり、周りから羨ましいと思われるような存在であるからです。

また、人の幸せを妬む人は他人と比べることで安心感を得ようとしますが、安心感を得て自信を得ることができなかった結果、自尊心が大きく傷つき、嫉妬や妬みなどの感情が生まれてしまいます。

これを言い換えると、キラキラした人は他者から嫉妬や妬みのターゲットとなることが多いと捉えることができるのです。

 

家族や友人と一緒にいると楽しい人

キラキラした人は一人でいるだけでなく、他者と一緒にいても楽しいと感じることができ、かけがえのない仲間がいると考える人も中にはいることでしょう。

自分が最も笑顔で輝いている瞬間は、大好きな親友とのかけがえのない時間だと感じる人がいるのであれば、あなたが最もキラキラした瞬間はその親友とのかけがえのない時間であると言えます。

 

身につけるものが派手な人

キラキラした人を違う意味で捉えると、キラキラした派手なものを身につけている人も同じく、特徴に当てはまると言えます。

また、こうしたキラキラしたものを身につける人の心理としては、キラキラしたものが不安感や繊細さを無くし、安心感を得ることができることからも、身につけるものが派手な人ほどキラキラした生活を見せることで、自信のなさをカバーしていることも珍しくありません。

こうした心理傾向から考えてみても、身につけるものが派手な人ほどキラキラした人であると認識されやすくなります。

 

盲目状態に陥っている人

恋は盲目と言いますが、人は恋をすることで相手の欠点やありのままの姿を見ることが難しくなり、相手の言動に関する全てを都合よく解釈してしまうようになります。

さらに、好きという感情は人をエネルギッシュにさせることからも、恋をすることでキラキラした人の仲間入りを果たし、マイナス感情が抑えられてしまうのです。

こちらの欠点としては、相手の欠点さえも全て自分の中で正当化してしまうため、本来付き合うべきではない人間でさえも、完璧で素晴らしい人間であると錯覚してしまうことです。

 

充実した毎日が重要です

いかがだったでしょうか。

結局のところ、キラキラした人になるためには充実した毎日を送ることが必須であり、毎日を楽しく生きていれば、表情や行動面にも大きなプラス要素が加わります。

こうしたプラス要素がキラキラした人のイメージを作り出し、雰囲気などを醸し出します。

キラキラした人に憧れる人に一つ警告を告げておくとすれば、無理に自分が幸せで充実していることを他者にアピールしたところで、あなた自身が疲れ切ってしまうだけです。

何か本当にやりたいことを見つけたり、大好きな人と一緒にいる時間を増やすなどの方法で、あなたの幸福度をあげることができ、キラキラした自分が勝手に作り出されていくはずなので、無理をして他者にアピールすることはおすすめできません。

次のページでは、「悲惨な人生と言われる人の共通点9選」について、キラキラとは全く逆の悲しい共通点を伝えていきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP