いじめられる人の特徴

子供の世界では常ですが、大人の世界になってもいじめられる人というのが存在します。

何故そこまでいじめられるのか、そしていじめられる人生を送っているのか?

不思議に思いませんか?

その答えは、いじめられる人には共通する特徴があるからなのです。

今回の記事では、そんないじめられる人に共通する特徴について詳しくご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

空気が読めない

いじめられる人の特徴として、空気が読めないという特徴があります。

その場の空気が読めないばかりに、大人の世界でもあの人は空気読めないから…と陰口を言われてしまうのです。

空気が読めないのであれば、読めないなりに大人しくしていればいいものを、でしゃばって発言などするものだから、ますますその場を悪くしてしまうのです。

また、空気が読めない人は自分が空気が読めていない事に気づいてしません。

いじめられているのであれば、一度自分を客観的に見てみましょう。

友達に自分はどんな人間なのかを聞いてみるといいでしょう。

 

ネガティブ思考

ポジティブ思考の人は常に前向きで明るいので、人から好かれやすいという特徴がありますが、ネガティブ思考の人は逆です。

明るい人が異性にモテるのと同じで、暗い人は異性からモテません。

これは異性のみにモテないのではないのです。

ネガティブ発言やネガティブ行動が他人の目につきやすく、また弱い人間と相手に思われるとなめられてしまうのです。

相手になめられるからいじめられるのであり、それを回避することがいじめから脱出する方法です。

改善方法はいろいろとありますが、一番いいのはポジティブ思考の人と長い付き合いをすることです。

また、悩んだ時は他人にその態度を悟られないこと。

弱い自分を見せるのは、仲良しの友人と二人っきりの時だけにしましょう。

 

周りと同じことが出来ない

例えば運動音痴であったり、周りが皆笑っている時に自分だけ笑えていなかったり。

他人と同じ動きや言動をすることによって、人は好意を抱きやすいと言われていますが、それが出来ていないのがいじめの原因だったりもします。

これが出来ていない人は、とにかく周りに合わせてみましょう。

周りが笑うと自分も笑ったふりをしてみる、運動ができないのであればコツをネットで調べてみて、家で練習してみるなど、少しの努力がいじめの対象から外れることも多々あるのです。

 

仕事ができない・遊びが上手くない

これは子供が言うところの「遊びがうまくない」に共通します。

仕事ができないことは社会ではろくでなし、金食い虫と呼ばれ、雑用を押し付けられることになります。

結果いじめの対象となるので、いじめられる人になってしまいます。

社会にでたら仕事を完璧にこなすのは当たり前、ということをしっかり覚えておきましょう。

 

被害妄想が激しい

冗談が分からない人や、被害妄想が激しい人は、後々その被害妄想が原因で何らかの行動や言動に出てしまい、いじめの対象になることがあります。

元々は好かれていたのにもかかわらず、被害妄想が原因で自ら孤立する道を選んでしまうのです。

被害妄想が激しいと自分で分かっている人は、いち早く改善することがいじめを脱退できる道です。

こちらも一度、友達に自分が被害妄想が激しい人でないのか聞いてみるといいでしょう。

 

世渡り下手な人

世渡りが下手な人もいじめられやすい人と言えます。

世渡り上手がそれほど出世するというわけではないですが、下手な人より出世は早いでしょう。

特に女性などはグループを作って群れますから、その中に入っていけない女性はいじめられる対象となります。

しかし、自分自身を強く持っており、いじめとかそんなの関係ないわと思って一人時間を楽しいと思えているのであれば、グループ側も面白くありませんので、下手に手出しはしてきません。

要は、自分が強くいればいいのです。

 

長いものに巻かれるのが苦手

長いものには巻かれろといわれるように、良好な人間関係を保つことは必要です。

たまにお茶につきあったり、一緒にランチを食べたり、毎日ではないにしろ、付き合いがあるといじめられる人から対象外となりますから、苦手意識があるとしても月に2度くらいランチを一緒に摂ることをしていれば、定期的な繋がりによっていじめられる人から外れることができます。

 

気が弱い、言い返せない

弱くて言い返せないという人は、いじめられる人の大きな特徴の1つです。

上司に意見の1つも言えないような弱い人は、どうしてもいじめられる人になります。

いじめて、積極的に行動を起こそうと思わない人はターゲットになりやすいのです。

いじめはないにこしたことはないのですが、しかしいじめる人はいじめますし、いじめられる人はいじめられます。

それはいじめる側ばかりが悪者でないケースもありますし、いじめられる人も自分が一人でも強い気持ちをもっていれば、いじめの1つや2つを無くすことは可能です。

いじめる人を”それだけ幼稚な人なんだな”と、哀れむことができるようになれば、それは強い自分になるための第一歩です。

また、「いじめっ子の特徴」をセットで読んでみましょう。

なぜいじめられるのか?そしてなぜいじめをするのか?そんないじめっ子の心理状況を知っておけば、いじめを回避することに役立つことは間違いありません。

スポンサードリンク

コメント

    • (*⌒▽⌒*)
    • 2016年 9月 22日

    どうでしょう。そういう方もいるかもしれませんが、心が優しく断れない人、正義感が強いひとも時に対象になりやすいと思います。

    • 湊芳
    • 2016年 12月 20日

    虐めと安易な言葉で表現されますが、そんな生易しい物ではない.(文字に成ると「苛め」と言う軽い表現になる)
    虐めと言われている物の殆どの形態が、その生徒にだけ差別的、批判的に接し続ける物で、生徒個人による解決が難しい。
    通常通学をして最低履歴が付けられず、就職ができなくなる者も生み出している
    (長期の、引きこもり、ニートと言われている者の過去に当てはまって居る事がかなり多く、半数以上が、過去に精神医療を受けている)
    (大抵の長期のニートは働く事に関心がないのではなく、最低レベルの履歴が無い事による
    世間の認識イメージの前で明示的に就職先になる雇用元が認識できない事が要因で起きている)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP