ドタキャン癖は病気か?心理的特徴が酷すぎる。

「はぁ?なにこの非常識なやつ。」と、苛立ちを隠せずにはいられないドタキャンという行為は、相手に不愉快な思いをさせることは間違いありません。

ドタキャンされることは、相手の計画を台無しにしてしまう他、楽しみまで奪ってしまいかねない最悪の行為であることから、納得できる理由なしには許すことができないと思うことは当然です。

そんなドタキャン癖がついている人の心理には、”信じられない”とも思える思考が隠れており、この本心を知ることでドタキャン癖がある人へのイメージが、ガラリと変わることは間違いありません。

ドタキャンする人の心理を知ろう!

あなたを見下し、なめている

一度や二度だけではなく、何度もドタキャンされたり、毎回のように遅刻してくる理由は、あなたを見下しなめていることが原因かもしれません。

「こいつなら遅れても怒らないだろう。」とか、「ドタキャンしても許してもらえる」という本心が隠れているため、「雑に扱うべき人物として認識されている」と伝えれば分かりやすいでしょうか。

このタイプは損得勘定に敏感なタイプであり、一緒にいて得するものが多そうと判断すれば相手に媚び、ドタキャンをしようなんて考えは思いつかないはずです。

また、ドタキャン癖がついている人は「この人なら許してもらえる」という認識を持っていることから、そうした認識を持つ人に対してはだらしない一面をたくさん見せることで、相手に「自分はこういう人間である」という認識をより強め、ドタキャンするような人であると認識させる環境を作り出します。

故に、ドタキャン癖があって常にドタキャンされる対象となっている人は、対応を変えなければ相手が変わることはないと思っておきましょう。

 

自分が特別な存在だと思っている

こちらは自己愛が強い人が当てはまり、SNSで自分の存在をたくさんアピールしていたり、目立ちたがりである、常に中心的存在にいないと機嫌が悪くなる人が当てはまる心理となります。

こうした人の心理には、「自分は特別な存在である」とか、「自分が大好きで大切だ」という本心が隠れているため、「大好きで素晴らしい自分はドタキャンしても大丈夫なんだ」という考えに繋がった結果、ドタキャン癖がついてしまうことも。

他にも、基本的に他人を見下している、自分が一番じゃないと機嫌を損ねる、根拠のない自信を持っている、恥をかくと感情的になるなどの一面が見られる場合は、自己愛が強すぎることによって作られた「自分は特別な存在である」という思いが、平気でドタキャンを繰り返す行動に出ているのです。

常に自分が一番であり続けたいこのタイプは、扱いが非常に困難で厄介な性格であると言えるでしょう。

 

気分屋で遊ぶ気持ちになれない

気分屋は裏表がないという素晴らしい性格の持ち主である一方で、その日の気分で発言や行動が大きく変わってしまうため、遊びたくない気持ちになったことを理由に、ドタキャンを繰り返すかもしれません。

気分屋ほど非常識であるという認識が強い理由は、空気が読めなかったり、はっきりとしすぎた性格が原因であり、こうした一面が相手にとって悪いイメージを与えてしまうのです。

気分屋の場合は、「遊ぶ気になれない」とか「ゆっくりしたい」などがドタキャンする理由の多くを占めるため、事前に約束を取り付けるのではなく、いきなり連絡を取って約束をするという方法を選べば、あなたがイライラすることへの対処法ともなります。

ちなみにこのタイプはノリが良く、気が乗ると一緒にいて楽しい人物であることから、憎むに憎めない人であると思われやすいです。

 

計画性がなく、自分に甘い

遅刻が多かったり、現地集合はいつもギリギリ、ドタキャンの回数が多い人は、計画性がないことから甘く時間を見積もってしまった結果、常にせかせかと準備をすることになりがちです。

このタイプはそもそも計画しないことが多かったり、計画を立てても守れないことがほとんどであるため、予定がたくさん詰まりすぎてドタキャンを余儀なくされることは、決して考えられないことではないのです。

さらに自分に甘い一面が見られることから、同じ過ちを何度も繰り返したり、貯金ができない、我慢することが苦手であるという共通点も見られます。

計画性がない人ほど、「なんとかなるだろう」という楽観的な考えから、多くの失敗を繰り返し、自分に甘いために反省することをしません。

その結果、ドタキャンというミスを何度も何度も犯してしまうというわけです。

 

相手の気持ちより自分の気持ちを優先

ドタキャンが平気で出来る理由として、最も多くの人が考えやすい答えがこちらとなります。

平気でドタキャンができたり、ドタキャン癖がついている人は、相手の気持ちよりも自分の気持ちを優先しているため、相手が楽しみにしているなどの気持ちを考えることもなく、自分が楽しそうだと感じることを優先する傾向にあります。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP