一緒にいて落ち着く人の特徴や魅力15選【完全版】

あなたが、「この人といると凄く優しい気持ちになれる。」とか、「一緒にいて楽だし落ち着く。」と思う相手は、これから先もずっと大切にし続ける相手であり、相手も同じく落ち着くと思っている可能性は高いです。

その理由は本文中にきちんと述べていますが、一緒にいて落ち着く人は粗末に扱わない方が良いと最初にお伝えしておきます。

どんな人にも相性が存在し、相性が悪い人には居心地の悪さを感じたり、嫌悪感を覚えることも多く、まず第一に、一緒にいて落ち着く理由は相性が良いと考えるのが妥当です。

また、「なぜあなたが落ち着くと感じるのか?」という理由を心理学の視点から考え、より明確な特徴や魅力を伝えることが、この1ページの目的です。

波長やフィーリングが合う人

波長やフィーリングが合う人とは、「なんとなくを感じる」人と説明するのが分かりやすく、「この人はなんとなく話が合うな」とか「この人の空気感が好きである」など、様々な要素が組み合わさった結果、波長やフィーリングが合う人だと人は評価します。

他にも、「笑いのツボが同じである」「一緒にいて落ち着く」「なぜか心許せる相手である」など、波長やフィーリングが合う人ほど、相性が良い人であると言い換えることもできます。

こうした人に対して落ち着くと感じると感じることは当然であり、人は自分と似た部分が多い人ほど親近感を覚え、心を開きやすくなるという心理傾向が見られるからです。

一緒にいるだけでとても楽しい「親友」と呼ぶべき存在は、波長やフィーリングがぴったりな人であることが非常に多いです。

 

ダメな自分も受け入れてくれる

安心感があったり、一緒にいて落ち着く人は、「ダメな自分も受け入れてくれる」ような人であり、素の自分を見せても安心できるからこそ、不安や不満がなくなり、落ち着くことができます。

逆を言えば、あなたが「この人なら受け入れてくれる」と安心しているからこそ、普段から気疲れしそうなくらいに頑張っている自分を封印し、いつもの自分でいられるわけです。

特に女性ほど印象操作が上手く、普段から他人によく思われるために良い人を演じがちな女性は、気疲れでストレスを溜めてしまうケースが目立ちます。

その他、自分に自信がない人も愛想笑いや良い人を演じすぎることから、ありのままの自分を受け入れてくれる人が大好きで、ホッと落ち着くことができる人に対して、依存してしまうという悪い一面もしばし見られがちです。

 

共通点がある似た者同士

「恋愛を成功させるには共通点を探し出せ!」とは、心理学を使った恋愛ではよく言われることですが、人は自分と似た部分がある人ほど好意を抱きやすく、さらに自分が劣っている部分が似ているほど好意を抱きやすい性質を持ちます。

例えば、名前や生年月日が一緒なことに加えて、同じ食べ物が好きだった人が突然現れると、多くの人が運命を疑うことでしょう。

さらに、過去にいじめられたコンプレックスがあるとか、モテない悩みがあるなど、自分が劣っている部分が共通している方が、「自分も辛い経験をしたのだから、相手の辛さはよく理解できる」と共感を示し、敬意と愛情が混じったライクにも似た感情が生まれやすいです。

こうした劣っている部分が似ている人ほど、自分も相手も弱い部分を理解してくれる相手なのですから、付き合いを続けるごとに安心できて落ち着く相手となりやすく、共通していない自分の弱さなども比較的打ち明けやすい対象として、どんどんと互いに心の距離を埋めることができやすいです。

弱さを打ち明けれる相手ということは、あなたが落ち着きを取り戻し、ありのままの自分を見せれる相手なのです。

 

警戒心が薄く、自己開示できる相手

人は警戒心を抱く相手ほど自己開示することができず、自分自身のありのままの情報を伝えるどころか、相手に伝わらないように必死に守ろうとした結果、なかなか打ち解けることができません。

一方で共通点がたくさんあるなどの理由で、親近感を覚えると徐々に警戒心が溶けていき、人はやがてしっかりと自己開示できるようになっていきます。

自己開示とは、先ほども伝えたように自分自身のありのままの情報を伝えるわけですから、一緒にいて落ち着ける人は何でも相談できたり、最近の出来事を気楽に話すことができる存在であるはずです。

逆を言えば、一緒にいて落ち着く人ほど警戒心を持たれにくい特徴があると言え、相手もしっかり自己開示してくれることから、信頼関係をきちんと築くことができる相手となります。

その証拠に、あなたが思う落ち着く人は、嬉しいことや悲しいことがあるとすぐ報告したくなったり、隠し事なしでも素直になれる存在であるはずです。

 

対人感受性が高く、空気を読むのが上手

対人感受性が高いとは、空気を読むことが上手で、無神経とは真逆の性格の人が当てはまり、対人感受性が高い人の魅力は、なんといっても相手を不快にさせたり、傷つけることを回避できる能力です。

こうした人は、相手の感情に敏感であることから、相手が元気がなければそっと優しく見守ってくれたり、相手が望む対応をきちんとできるため、一緒にいて不愉快に思うことはありません。

感受性が高い人は、相手の気持ちを読み取る能力に優れているわけですから、あなたが落ち着きたい時には、そうなるようにしっかりと対応できる力があるはずです。

故に、自分の気持ちばかりを押し付ける無神経な人とは違い、ホッと相手を安心させ、無言でも大丈夫だと思わせる力が見られやすいです。

 

高く評価してくれたり、褒めてくれる存在

自分のことを高く評価してくれたり、褒めてくれる存在はとても貴重であり、人は自分という人間を認めてくれる人を好きになりやすく、好意を抱きやすいことが分かっています。

誰でも自分を認めて欲しいという欲求が存在し、その欲求を満たしてくれる人を求めている良い例が、あなた自身が他人に褒められたいと強く思っていることにあります。

高く評価してくれたり、褒めてくれる存在は決してあなたの敵ではないわけですから、ありのままの自分を見せることができたり、安心感を得ることができることからも、一緒にいて落ち着く人だと感じやすいのです。

特に普段から不安を抱えがちな人ほど、褒めてもらったり一緒にいることでその不安を解消し、安心したいと思う気持ちが強いです。

その結果、いつも側にいてくれる人ほど落ち着きを感じたり、支えてもらえる恋人として恋心が芽生えやすい傾向が見られ、恋人依存してしまうのがこのタイプの特徴です。

 

聞き上手で話しやすい雰囲気を作れる

聞き上手な人ほどモテやすく、人気者となりやすい特徴がありますが、実は聞き上手で話しやすい雰囲気を作れる人ほど、一緒にいて落ち着く人であるとも言えるのです。

なぜなら、話しやすい雰囲気を作れる人は相手が心を開きやすく、様々な不安や悩み事を聞くことができます。

その結果、どんどんと心を開くようになっていき、一緒にいたいと思える存在に認められることで、二人の距離感は急速に縮まります。

いつでも不安や不満を聞いてくれる人は、話す側にとって心の拠り所の1つとなるため、つい頼ってしまう魅力的な人であるのです。

誰にも話せないような不安や不満も相談できる相手ともなれば、一緒にいて落ち着く存在として、あなたが全面的に心を許していることでしょう。

 

心と体の距離が近い人ほど安心しやすい

あなたが一緒にいて安心できる人は、車の助手席に乗っても全く違和感を感じない人であったり、横に座られても嫌な思いはしない相手なのではないでしょうか。

そう質問した理由は、一緒にいて落ち着く人ほど親密な人であることが関係しており、人は親密な人ほど物理的距離も近くなり、むしろ近くにいたい存在であると感じやすいことにあります。

カップルが良い例であり、カップルは街中でも手を繋いで物理的距離をわざわざ縮めますが、これは不愉快に思う距離感(パーソナルスペース)が小さいことにより、真横にいても不愉快に感じないことが原因です。

一緒にいて落ち着く人も同じく、あなたにとって不愉快に感じる範囲が小さいために、比較的近くにいても不愉快に感じず、むしろ落ち着いてしまうことになります。

嫌いな人を思い出してみると、物理的距離が近づくごとに、あなたはとても嫌な気持ちになるはずです。

 

嘘や裏切りの心配がない

一緒にいて落ち着くということは、あなたの秘密やありのままのあなたを知っても、裏切ったり逃げたりする人物ではないと捉えている証拠であり、嘘をつかれる心配なども比較的低い人が、不安や不満を強めない人であるはずです。

こうした人は包容力がある人とも表現され、嘘や裏切りはないと安心感を与えることができるからこそ、人は包容力があるとの判断に繋がります。

逆に口が軽く噂話が好きな人ともなれば、怖くて怖くて自分の情報を口にできなかったり、そもそもありのままの自分を見せることは難しくなります。

誰でもそうですが、裏の顔が怖い腹黒い人に対して、安心感なんて抱くことはできないのです。

 

非言語コミュニケーションの活用が上手い

人と関わるのが上手だったり、相手に心開かれやすい人の特徴は、3つのスキルが高い人であるとされており、これを社会的スキルと言います。

社会的スキルの3つには傾聴スキル(相手の思いを的確に受け止めるスキル)、自己主張スキル(自分の思いを的確に伝えるスキル)、対人葛藤処理スキル(感情的にならないスキル)であり、3つ全てが合わさった人は、他人から信頼されやすく、話を的確に受け止めてくれるに加えて感情的にらない態度などからも、一緒にいて落ち着きやすい人の特徴に当てはまります。

これにプラスで、非言語コミュニケーションが高い人は、相手にとても良い印象を与える他、相手に嫌われにくい人であることが分かっていて、非言語コミュニケーションとは、「笑顔や頷き」などの仕草のことであり、特に今あげた「笑顔や頷き」の2つは、相手に好意を持たれやすい仕草となります。

いつもニコニコと対応してくれながら、話をきちんと聞いて感情的にならない人は、多くの人が求める優しい人となることでしょう。

 

無意識のうちに仕草や話し方を真似する人

「夫婦になると顔が似てくる」と言いますが、似てくるのは顔だけになく、「仕草まで似てくる」と表現することが正しいです。

人は心通じる相手とは仕草が徐々に似てきて、口癖や趣味なども似てくるものですが、こうした無意識のうちに仕草を真似てしまうことを、「シンクロニー現状」と心理学では呼びます。

これは好意的な人に対して、無意識のうちに同じ仕草をしてしまう潜在心理からくるもので、一緒にいて落ち着く人はあなたにとって好意的であるはずですから、徐々に仕草が似てくるはずです。

試しに一度、あなたが好意的に思う落ち着く人の仕草を思い出し、あなたが同じ仕草をしていないのか、思い出してみましょう。

言葉遣いや足を組む癖など、落ち着く人に徐々に近づいてきているはずです。

 

ソフレ以上の関係が落ち着く

人は触ることによって様々な不安から解き放たれ、安心感を得ることができます。

よくあるのが、不安を感じた時に自分自身の体を触ってしまうことで、これは体を触ることで安心感を得ようとしています。

故に、多くの人が恋人や親友の肌の温もりを感じると、一緒にいて落ち着く心理に陥りやすく、これは直接肌が触れることのできる、ソフレ以上の関係で落ち着きを感じやすいと言えます。

もっとも、本当に心許す人でなければ、ただの寂しさ紛れにソフレ以上の関係を望む人もいるため、全員が当てはまっているとは言い難いですが、心許している人ほど肌の温もりを感じた瞬間に、一緒にいて落ち着く人だなと感じやすい瞬間となるはずです。

 

思いやりがあり、頼れる存在だと思われやすい

思いやりがある人とは、対人感受性が高い人や素直な人が当てはまり、思いやりがある行動とは、「相手にとってベストな対応ができる」ことも、相手を思いやった行動となります。

つまり、相手がそっと優しくして欲しい時には、そっとしておく優しさを持っている人でもあるため、こうした瞬間に多くの人が「この人の側は落ち着く」と思うことになります。

さらに思いやりがある人は、ただ上辺だけの優しいとは違い、自分の考えもしっかりとしていることから、頼りになる存在として心許されやすいのです。

例えば、思いやりがある人は、心の痛みや辛い気持ちに敏感で、その気持ちをそっと共感することができます。

こうした心の痛みが分かるからこそ、「ありのままの自分を見せても、きっと受け入れてくれるだろう」と人は評価し、いつまでも頼れる人として尊敬されやすいです。

 

余裕があって、自分に自信を持ってる人

余裕がある人はどんな時も冷静で感情的にならず、ゆったりと構えて余裕があることから、相談相手選びにはぴったりです。

心に余裕がある人は、ポジティブで暗い話はしませんし、視野が広いことから様々な角度で物事を見れる魅力などども、一緒にいて落ち着くと思われやすいポイントです。

ネガティブな話ばかりの人は気持ちが暗くなりますし、視野が狭い人は本当の共感を得ることが難しいです。

さらに心の余裕が雰囲気や仕草にも出て、一緒にいても無理する必要が一切なく、どこか落ち着ける人こそが、余裕がある自信を持つ人物となります。

 

懐が深く、来るもの拒まずに当てはまる

懐が深い人は、他人を必要以上に攻めることもなく、いつも穏やかで困っている人を見捨てない強さがあります。

さらに来るもの拒まず、来るものの良さを受け入れる懐の深さがあるため、一緒にいて心地よいと感じることは当然のこと、人格者という最高級の褒め言葉が似合う人物でもあります。

このタイプはとにかく尊敬されやすく、小さなことではイライラせずに物事の本質を見分けて行動できるため、頼れる人としても社会で成功を収めます。

一緒にいて落ち着くどころか、たくさん尊敬できて学ぶことも多いことから、理想の恋人にあげる人も多いことが魅力を語っています。

 

「自分も大切にしよう」と思える存在である

いかがだったでしょうか。

一緒にいて落ち着く人は、自然と自分も大切にしようと思える存在となり、互いに大事にし合える関係を築きやすいことからも、あなたにとってかけがえのない存在と成り得る人物です。

それは親友であったり、恋人、結婚相手に対してそう思えるのと同じように、普通の友達とは違う感覚で今後も付き合いを続けることができます。

世の中の多くの人が、「自分のことを誰も理解してくれない」とか、「自分は一人ぼっちである」と頭を抱えがちですが、そんな人でも思わず心を開いてしまうほどの魅力が、一緒にいて落ち着く人には詰まっていることでしょう。

もしも一緒にいて落ち着く人に対して、凄くいい人だという思いがあるのであれば、あなたも相手に感謝の気持ちや思いやりを忘れないよう、しっかりとお返しすることを忘れないようにしたいものです。

また、次のページで紹介する「立派な人や素晴らしい人の特徴20選」もセットで読んでみましょう。

立派で素晴らしいと評価されることも、多くの人から関心を寄せられる、中身のできた人であることに違いありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP