一緒にいて落ち着く人の特徴や魅力15選【完全版】

あなたが、「この人といると凄く優しい気持ちになれる。」とか、「一緒にいて楽だし落ち着く。」と思う相手は、これから先もずっと大切にし続ける相手であり、相手も同じく落ち着くと思っている可能性は高いです。

その理由は本文中にきちんと述べていますが、一緒にいて落ち着く人は粗末に扱わない方が良いと最初にお伝えしておきます。

どんな人にも相性が存在し、相性が悪い人には居心地の悪さを感じたり、嫌悪感を覚えることも多く、まず第一に、一緒にいて落ち着く理由は相性が良いと考えるのが妥当です。

また、「なぜあなたが落ち着くと感じるのか?」という理由を心理学の視点から考え、より明確な特徴や魅力を伝えることが、この1ページの目的です。

波長やフィーリングが合う人

波長やフィーリングが合う人とは、「なんとなくを感じる」人と説明するのが分かりやすく、「この人はなんとなく話が合うな」とか「この人の空気感が好きである」など、様々な要素が組み合わさった結果、波長やフィーリングが合う人だと人は評価します。

他にも、「笑いのツボが同じである」「一緒にいて落ち着く」「なぜか心許せる相手である」など、波長やフィーリングが合う人ほど、相性が良い人であると言い換えることもできます。

こうした人に対して落ち着くと感じると感じることは当然であり、人は自分と似た部分が多い人ほど親近感を覚え、心を開きやすくなるという心理傾向が見られるからです。

一緒にいるだけでとても楽しい「親友」と呼ぶべき存在は、波長やフィーリングがぴったりな人であることが非常に多いです。

 

ダメな自分も受け入れてくれる

安心感があったり、一緒にいて落ち着く人は、「ダメな自分も受け入れてくれる」ような人であり、素の自分を見せても安心できるからこそ、不安や不満がなくなり、落ち着くことができます。

逆を言えば、あなたが「この人なら受け入れてくれる」と安心しているからこそ、普段から気疲れしそうなくらいに頑張っている自分を封印し、いつもの自分でいられるわけです。

特に女性ほど印象操作が上手く、普段から他人によく思われるために良い人を演じがちな女性は、気疲れでストレスを溜めてしまうケースが目立ちます。

その他、自分に自信がない人も愛想笑いや良い人を演じすぎることから、ありのままの自分を受け入れてくれる人が大好きで、ホッと落ち着くことができる人に対して、依存してしまうという悪い一面もしばし見られがちです。

 

共通点がある似た者同士

「恋愛を成功させるには共通点を探し出せ!」とは、心理学を使った恋愛ではよく言われることですが、人は自分と似た部分がある人ほど好意を抱きやすく、さらに自分が劣っている部分が似ているほど好意を抱きやすい性質を持ちます。

例えば、名前や生年月日が一緒なことに加えて、同じ食べ物が好きだった人が突然現れると、多くの人が運命を疑うことでしょう。

さらに、過去にいじめられたコンプレックスがあるとか、モテない悩みがあるなど、自分が劣っている部分が共通している方が、「自分も辛い経験をしたのだから、相手の辛さはよく理解できる」と共感を示し、敬意と愛情が混じったライクにも似た感情が生まれやすいです。

こうした劣っている部分が似ている人ほど、自分も相手も弱い部分を理解してくれる相手なのですから、付き合いを続けるごとに安心できて落ち着く相手となりやすく、共通していない自分の弱さなども比較的打ち明けやすい対象として、どんどんと互いに心の距離を埋めることができやすいです。

弱さを打ち明けれる相手ということは、あなたが落ち着きを取り戻し、ありのままの自分を見せれる相手なのです。

 

警戒心が薄く、自己開示できる相手

人は警戒心を抱く相手ほど自己開示することができず、自分自身のありのままの情報を伝えるどころか、相手に伝わらないように必死に守ろうとした結果、なかなか打ち解けることができません。

一方で共通点がたくさんあるなどの理由で、親近感を覚えると徐々に警戒心が溶けていき、人はやがてしっかりと自己開示できるようになっていきます。

自己開示とは、先ほども伝えたように自分自身のありのままの情報を伝えるわけですから、一緒にいて落ち着ける人は何でも相談できたり、最近の出来事を気楽に話すことができる存在であるはずです。

逆を言えば、一緒にいて落ち着く人ほど警戒心を持たれにくい特徴があると言え、相手もしっかり自己開示してくれることから、信頼関係をきちんと築くことができる相手となります。

その証拠に、あなたが思う落ち着く人は、嬉しいことや悲しいことがあるとすぐ報告したくなったり、隠し事なしでも素直になれる存在であるはずです。

 

対人感受性が高く、空気を読むのが上手

対人感受性が高いとは、空気を読むことが上手で、無神経とは真逆の性格の人が当てはまり、対人感受性が高い人の魅力は、なんといっても相手を不快にさせたり、傷つけることを回避できる能力です。

こうした人は、相手の感情に敏感であることから、相手が元気がなければそっと優しく見守ってくれたり、相手が望む対応をきちんとできるため、一緒にいて不愉快に思うことはありません。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP