タイ人の性格の特徴10選

タイといえばバンコクと答える人が多く、日本でも比較的旅行に行きやすい国タイですが、タイというのは日本と国民性が異なり、性格が全く違う分部もよく見られます。

今回の記事では、そんなタイに2年間留学していた留学生がお伝えする、タイ人の性格の特徴についてご紹介していきます。

外国といえば危険なイメージを持っている人もいるでしょうが、タイ人の性格の特徴を知れば、旅行に行ってみたい気持ちが大きくなる人も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

教育に熱心である

タイ人は、勉強をして知識を得たり、見聞を広めたりすることがとても大切だと考えています。

ゆえに教育熱心であり、自分に対しても子供に対しても、できるだけ高い教育を施したいと思っています。

この根底には、教育があれば人も国家も変えられるという理念がありますが、その理念はタイ全体での共通認識となっています。

そして教育に熱心な性格であり続けたために、タイは国家として大きく発展し、東南アジア諸国の中では屈指の裕福な国になりました。

 

人前では滅多に怒らない

タイという国に住んでみて、日本人の性格との違いに驚かされるのは、タイ人は人前では滅多に怒らないということです。

これはタイのマナーでもあり、人前で怒鳴り散らしたり、太々しい態度をとるということは、恥じるべき行為であるという信念があるからです。

ですから例え遅刻してきても、「マイペンライ(気にするな)」という言葉を使い、許してくれますが、怖いのは本当に心から許しているのかが分からないということです。

その証拠になるかは分かりませんが、タイは日本の数倍殺人事件が多いのです…

 

笑顔が基本

また、会話をするときなどは笑顔が基本とされており、頼みごとなどは笑顔で「いいですよ」と答えてくれるタイ人ですが、この笑顔には表裏があります。

日本人の多くの人が勘違いしてしまいますが、彼らはそういった国民性があるので「いいですよ」と言ってくれるのであって、調子にのって何でもかんでも頼んでしまえば、噂になり嫌われ者になってしまいかねませんので、ギブアンドテイクの精神が必要となります。

また、タイ人は頼みごとに対しては「ノー」ということは少ないですが、やっぱりできなかったといって、笑顔でごめんよと断ってくることもあるので、それほど悪印象を持つ人は少ないかと思います。

 

自己犠牲の精神

笑顔が基本を見ても分かるように、タイ人の性格には、自分さえよければいいという意識は少なく、自分を犠牲にしても誰かを助けたいという自己犠牲の精神が強くあります。

それがよく現れているのは、積極的に行われる寄付です。

タイ人は自分の財産を惜しまずによく寄付を行いますが、これはまさに自己犠牲の精神が強いことを示しています。

人に奉仕することは自分が損するだけだと思われる風潮もありますが、タイ人はそれを自然に行うことができます。

寄付だけではなく、誰かが困窮していたら物を分けてあげたり何かを手伝ったりもしますが、こうしたことが自然にできるのは、タイ人の性格の中に自己犠牲の精神があるからです。

 

女性の地位が高い

タイと日本の大きな違いは、女性の地位の高さです。

もちろん高学歴であることが条件であることが多いですが、高学歴の女性は社会経済的な地位が高く、これは2005年に開催されたアジア太平洋女性大会で、第一位にランク付けされています。

ちなみにこの時に日本は最下位であり、韓国も同じく最下位となってしまいました。

 

宗教心が強い

昔から宗教心が強いのも、タイ人の性格的な特徴の一つです。

タイといえば仏教であり、タイ人の多くはこれを信仰していますが、それだけでなく、自分と異なる他人の仏教に対しても寛容なところがあります。

例えばキリスト教や儒教はまさにそうですが、基本的に宗教心を持っているタイ人は、日本人とは違い他の宗教にも偏見を持たずに、他者の宗教に対しても寛容な態度を示します。

 

階級意識が高い

宗教心が強い一方で、階級意識が高いのもタイ人の性格の特徴です。

タイでは階級が高いほどえらい人だと思われていて、人々はえらくなるために階級を意識しますし、人を見るときにも相手の階級のことが気になります。

例えば、タイ人は初めて会った人間の服装をよく観察していますが、これは服装によって相手の階級が分かるからです。

近年はグローバリズムの中で以前よりもも階級意識は薄れてきましたが、今でもその意識は根強く残っています。

 

男らしさの意識が低い

タイといえばムエイタイをイメージする人も多いでしょうが、タイの男性というのは男らしさの意識が低く、これは実際にタイで有名なあれを例に挙げると分かりやすいかと思います。

タイはニューハーフが多く、美女が多いというのでも有名ですが、なぜタイにニューハーフが多いのかといえば、それは男らしさの意識が低いことが原因の1つに考えられています。

筋肉質で男らしく見えても、ナヨナヨしている人も多く、女々しい男が嫌いな女性にとっては、タイプな男性を見つけるのが少し難しいかもしれません。

 

温和で平和を好む

タイ人の性格的な特徴の一つは、温和で平和を好むことです。

人と人が争うことを嫌い、何か揉め事が起こってもなるべく平和に解決しようと努めます。

ゆえに、タイ人は資源を奪うために他国を侵略したりはせず、あるもので満足しようとします。

その根底にあるのも、温和で平和を好むタイ人特有の性格です。

 

中身よりも外見を重視する

階級意識でもお伝えした通り、タイ人は服装をしっかりと観察しています。

ですから中身よりも外見重視が多く、日本人が相手にしてもらいたいのであれば、まずはきちんとした服装でタイ人と会うことです。

タイでは身なりに気を使わない人は、社会人として認められない文化があるので、タイに留学に行く際や、旅行に行く際はきちんとした服装を心がけましょう。

 

優しく感じることが多い

いかがだったでしょうか。

日本人の多くがタイに行ってみてまず最初に感じることは、第一印象が良く、優しい人が多いと感じることではないでしょうか。

基本的に日本人と同じく平和主義なので、争い事は嫌いですし、外国人でもしっかりと受け入れてくれます。

一方で、性犯罪などは日本とは大違いのタイですから、特に女性の方は一人で出歩いたり、人ごみが少ない場所に行くのは避けた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP