残念な顔の特徴とは?各パーツを細かく分析した結果

「う〜ん…ちょっと残念だなぁ」と思われる人は、どこか残念な顔であったり、一部分が足りていない人に対して使われやすく、とても失礼な言葉となります。

一方で、世の中には残念な顔であると評価される人がいて、こうした人に共通した顔の特徴を探っていくことで、残念である原因がはっきりと分かることでしょう。

“厳しめの評価”となりますので、他人目線から見た残念なパーツを知ることができます。

「ここが残念…」各パーツの特徴とは?

目が残念な人

目が残念である人は、「目がとても細い人」や「目の位置が極端に偏ってる人」が当てはまり、どれだけ他のパーツが整っていても、目が小さすぎたり偏りすぎることは、一気に評価を落とすことになります。

分かりやすい例が、サングラスをかけた美人であり、目が見えない時には「美人やイケメンであるのではないか!?」と期待を膨らますものの、つぶらな瞳である人に対して、「あ〜ちょっとガッカリ」という経験がある人も多いことでしょう。

ラッスンゴレライでブームを巻き起こした8.6秒バズーカーは、サングラスを取ったか目があまりにも小さすぎて、目が残念すぎると一時期話題を集めたほどです。

目の位置に関しては、目の位置が変わるだけで印象がグッと変わったり、驚くほど美人やイケメンになる人もいます。

芸能人であれば、前田敦子さんは目が寄っていると評価されがちである一方で、剛力彩芽さんは目が離れすぎていると評価されていますが、ここを個性として高く評価されることがあるのは、彼女たちの他のスペックが高いことが要因と考えられます。

以下画像:【サングラスを取った8.6秒バズーカーの田中シングル】

 

鼻が残念な人

鼻は顔の中心部分にあるので、鼻が残念であることでとても目立ってしまったり、バランスが悪い顔つきとなってしまいやすく、相手に与える印象も大きく変わってしまいます。

そんな中でも残念な鼻の特徴は、「ブタ鼻」「ニンニク鼻」「団子鼻」「鼻の穴が見える」の4種類であり、これらに共通することはバランスが悪く見えやすく、魅力的であると評価されにくい鼻です。

不細工な顔の人にありがちな鼻とも言え、望んで整形する鼻の形ではないことも特徴的です。

また、鼻の下の溝が長すぎたり彫りが深すぎる人も残念な顔になりがちであり、ここが強調されすぎることは、どこかバカっぽい印象を与えてしまいます。

ちびまる子ちゃんのはまじが良い例で、あまりにも長すぎたり彫りが深すぎることは、マイナスのイメージに繋がる人が多い傾向にあります。

以下画像:【他のパーツが整っていても、ブタ鼻で台無しになる画像】

 

眉が残念な人

眉が残念な人は、眉の位置が残念である人と、自ら眉を整えて残念にしてしまう人の2パターンに分かれ、元々の位置が残念である人は、様々な工夫が必要となります。

眉は相手に与えるイメージを最も簡単に変えることができ、意図的に自分の与えたいイメージを操作できるので、残念な顔であると自分で思う人も、まずは眉を変えてみるべきでしょう。

そんな位置が残念である人とは、眉の位置が目から離れすぎている人であり、眉と目の間が広いことは「きついイメージ」や、間抜けっぽい雰囲気が出てしまう原因そのものです。

芸能界でも、目と眉が近い人が多いことや、ハーフ美人やイケメンほど目と眉が近い傾向が見られることからも、眉の位置が広くなるほど残念な顔となりがちです。

また、DQNと呼ばれそうなほど眉を薄く切ったり、細くしすぎることも、自ら残念な眉を作っているようなものですから、こちらも絶対に避けるべき眉であると言えるでしょう。

以下画像:【眉の位置の違いで、どれだけイメージが変わるかが分かる画像】

 

歯が残念な人

芸能界では歯をケアする人がとても多く、綺麗な歯並びであったり、白さを追求することが普通ですが、どれだけ顔が整っていても、歯並びがとても悪かったり、黄ばみが凄いことによって、とても残念な思いをされることは間違いありません。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP