残念な顔の特徴とは?各パーツを細かく分析した結果

「う〜ん…ちょっと残念だなぁ」と思われる人は、どこか残念な顔であったり、一部分が足りていない人に対して使われやすく、とても失礼な言葉となります。

一方で、世の中には残念な顔であると評価される人がいて、こうした人に共通した顔の特徴を探っていくことで、残念である原因がはっきりと分かることでしょう。

“厳しめの評価”となりますので、他人目線から見た残念なパーツを知ることができます。

「ここが残念…」各パーツの特徴とは?

目が残念な人

目が残念である人は、「目がとても細い人」や「目の位置が極端に偏ってる人」が当てはまり、どれだけ他のパーツが整っていても、目が小さすぎたり偏りすぎることは、一気に評価を落とすことになります。

分かりやすい例が、サングラスをかけた美人であり、目が見えない時には「美人やイケメンであるのではないか!?」と期待を膨らますものの、つぶらな瞳である人に対して、「あ〜ちょっとガッカリ」という経験がある人も多いことでしょう。

ラッスンゴレライでブームを巻き起こした8.6秒バズーカーは、サングラスを取ったか目があまりにも小さすぎて、目が残念すぎると一時期話題を集めたほどです。

目の位置に関しては、目の位置が変わるだけで印象がグッと変わったり、驚くほど美人やイケメンになる人もいます。

芸能人であれば、前田敦子さんは目が寄っていると評価されがちである一方で、剛力彩芽さんは目が離れすぎていると評価されていますが、ここを個性として高く評価されることがあるのは、彼女たちの他のスペックが高いことが要因と考えられます。

以下画像:【サングラスを取った8.6秒バズーカーの田中シングル】

 

鼻が残念な人

鼻は顔の中心部分にあるので、鼻が残念であることでとても目立ってしまったり、バランスが悪い顔つきとなってしまいやすく、相手に与える印象も大きく変わってしまいます。

そんな中でも残念な鼻の特徴は、「ブタ鼻」「ニンニク鼻」「団子鼻」「鼻の穴が見える」の4種類であり、これらに共通することはバランスが悪く見えやすく、魅力的であると評価されにくい鼻です。

不細工な顔の人にありがちな鼻とも言え、望んで整形する鼻の形ではないことも特徴的です。

また、鼻の下の溝が長すぎたり彫りが深すぎる人も残念な顔になりがちであり、ここが強調されすぎることは、どこかバカっぽい印象を与えてしまいます。

ちびまる子ちゃんのはまじが良い例で、あまりにも長すぎたり彫りが深すぎることは、マイナスのイメージに繋がる人が多い傾向にあります。

以下画像:【他のパーツが整っていても、ブタ鼻で台無しになる画像】

 

眉が残念な人

眉が残念な人は、眉の位置が残念である人と、自ら眉を整えて残念にしてしまう人の2パターンに分かれ、元々の位置が残念である人は、様々な工夫が必要となります。

眉は相手に与えるイメージを最も簡単に変えることができ、意図的に自分の与えたいイメージを操作できるので、残念な顔であると自分で思う人も、まずは眉を変えてみるべきでしょう。

そんな位置が残念である人とは、眉の位置が目から離れすぎている人であり、眉と目の間が広いことは「きついイメージ」や、間抜けっぽい雰囲気が出てしまう原因そのものです。

芸能界でも、目と眉が近い人が多いことや、ハーフ美人やイケメンほど目と眉が近い傾向が見られることからも、眉の位置が広くなるほど残念な顔となりがちです。

また、DQNと呼ばれそうなほど眉を薄く切ったり、細くしすぎることも、自ら残念な眉を作っているようなものですから、こちらも絶対に避けるべき眉であると言えるでしょう。

以下画像:【眉の位置の違いで、どれだけイメージが変わるかが分かる画像】

 

歯が残念な人

芸能界では歯をケアする人がとても多く、綺麗な歯並びであったり、白さを追求することが普通ですが、どれだけ顔が整っていても、歯並びがとても悪かったり、黄ばみが凄いことによって、とても残念な思いをされることは間違いありません。

歯に関しては「清潔感」や「育ち」のイメージに繋がりやすく、歯が無く黄ばんでいる人に対して、「育ちが悪い」とか「不潔そうである」と思ってしまうことは、誰でも共通する心理です。

他にも、お金持ちがよく住む街に歯がとても綺麗な人が歩いていると、「あの人はおそらくお金持ちなのだろう」と思ってしまう一方で、治安が悪い地域に歯がない人が歩いていると、「この人はヤバそうな人だ」と思ってしまうことも、歯が与える印象の違いです。

また、出っ歯であることも当然残念な顔に近づいてしまい、出っ歯であればあるほど、ネガティブな評価と繋がりやすいです。

故に、「歯並びが悪い」「歯が黄ばんでいる」「歯が無い」「出っ歯である」の4つの条件こそが、残念な顔の特徴と覚えておきましょう。

以下画像:【歯の違いで与える印象がはっきり分かる画像】

 

顎が残念な人

顎が残念な人とは、しゃくれすぎている人と顎がない人の2つのパターンに分かれ、しゃくれすぎている人は「老けている」とか、「バカっぽい」印象を与えてしまいます。

そもそもしゃくれることは、それだけ顔が大きくなってしまうわけですから、小顔が評価されやすい現代では、評価されにくいことは当然です。

もう1つの顎がない人に関しては、正面から見るとそれほど違和感がなくとも、横顔がかなり不細工に見えてしまうので、横顔が残念な顔になってしまう人であります。

黄金比率と呼ばれる顎は、少ししゃくれていることは有名ですが、顎がない人は妖怪のような印象を持たれやすいので、横顔にげんなりされることも珍しくありません。

以下画像:【顎で変わる横顔のイメージ画像の参考例】

 

肌が残念な人

肌が残念な人とは、そのままの意味で肌が汚い人のことであり、肌は綺麗であることに越したことはなく、ブツブツ肌は負のイメージを連想させ、貧乏っぽいイメージを与えることも。

こちらはあまり多くを語る必要もなく、肌が綺麗な人ほどモテやすいことは、まぎれもない事実です。

以下画像:【肌一つで、驚くほど美人になる画像】

 

顔以外が残念な人

顔以外が残念な人とは、全体の顔が微妙なことに加えて頭がハゲている、身長が小さくて足も短いなど、顔以外の部分も顔の評価へと直結することがあります。

雰囲気イケメンや身長補正と呼ばれるように、全体的なバランスがいい人は自分の見せ方を変えることが可能ですが、ハゲや低身長は自分を変えても隠しきれない部分なのです。

そこそこ整った顔であっても、身長が低くて足が短い男性がいたとすれば、「どこか残念な人だなぁ」という負の感情が、やがて「顔も微妙かもしれない…」という負の連鎖に繋がることも、決して珍しいことではありません。

人は一度悪い部分が見えてしまえば、よく見ると身長も微妙だし歯並びも微妙だし…といった具合に、どんどんと負の部分に目がいくようになります。

その結果、顔が残念であるとの評価に繋がることは、人であれば誰しもが持つ性質であることを覚えておきましょう。

 

「知ってる?」残念と思われやすい人の条件とは?

ネガティブ思考である

ネガティブ思考な人は、何でも相手に合わせてしまったり、自分の意見を相手に伝えないなどの、自己主張することが少ないために、相手になめられやすいです。

不細工なことが原因でいじめられる人が良い例で、こうした人は自分の意見を言わなかったり、相手の思った通りに動いてしまうことで、心底なめられてしまう傾向があります。

決してイケメンや美人でなくとも、人気者であったりモテる人がいますが、こうした人はポジティブ思考で周りを明るくできたり、一緒にいて楽しいと思える人であるため、多くの人から求められ、なめられる要因を無くしています。

 

なめられやすい性格である

なめられやすい性格とは、優柔不断であったり、天然である、口数が少ないなど、「こいつなら勝てそうだ」と思われる性格ほど、残念な顔であると評価されやすいです。

そもそも残念な顔なんて評価は、明らかに相手側は上から目線で評価しているわけですから、性格が原因で酷い評価を受けてしまうわけです。

「こいつならイケる」と思われると、相手を傷つける言葉や意地悪な言動が多くなる一方なので、相手になめられないことも、残念な顔であるなんて評価を避けることに有効な方法となります。

 

能力が劣っている

仕事が驚くほどできない、勉強が全くできない、コミュニケーション能力が低いなど、周りよりも能力が劣っていることも、見下されて残念な顔であると思われる原因です。

こちらの場合は、色々と残念な人であるとも思われやすく、様々な場面で邪魔者扱いされるような、酷い扱いを受けることも。

逆に、仕事も勉強もコミュニケーション能力も高い人に対しては、残念な顔であるなんて言ったところで、周りは負け惜しみだと受け取るだけなので、こうした能力を高めていくことも必要かもしれません。

 

残念だと思われない対処法は?

まずは自分自身を疑うこと

自分は残念な顔である…と思っている人であっても、それは自分が勝手に決めつけた評価であったり、自分に自信がないことが原因であるかもしれません。

その他にも、「自分はここの部分が残念だ…」と思っていることと、「他人がここが残念だ…」と思っている部分とは、大きな違いがあるかもしれません。

そうした可能性があるからこそ、まずは自分自身を疑うことから始めてみることが重要で、他人が思う「ここが残念な部分である」原因をはっきりさせなければ、いつまでたっても原因を克服することができません。

女性であれば、化粧の仕方1つで簡単に解消できたり、男性であっても髪型や眉の工夫1つで、残念な評価を変えることが可能であるため、まずは自分が最も残念に思われがちな部分を知り、周りが思う評価を素直に受け入れることを心がけてみましょう。

 

眉、髪型、服装を真似する

生まれつきの顔を変えることはできませんが、眉、髪型、服装の3つはいつでも変更可能であり、さらにこの3つを意識するだけでも、ガラリと雰囲気が変わり、残念な部分を強調させないことが可能です。

人は誰しも顔を整形することで、大きくライバルと差をつけることは可能ですが、それ以外の方法では3つを大きく変えてしまうことが、最も簡単で楽な方法となります。

ギャルに目覚める人が良い例であり、派手なメイクやファッションを好む人には変身願望が隠れていて、ありのままの自分を変える最も簡単な方法となるため、多くの自信を持てない人がギャルを目指すわけです。

コツとしては、「あなたが魅力的である」と感じた人を真似することから始め、全く同じコーデや髪型、眉をしてみるだけでも、あなたの印象はガラリと変わるはずです。

自分のセンスを信じることも悪くないですが、芸能人はプロのメイクやコーデで厳選されているので、大きく外れることもなく、魅力的に見える方法が詰まったお手本であるため、効率的に残念な顔という評価を変えることができます。

 

仕草や動作でカバーする

人の印象は第一印象がとても重要で、第一印象は見た目で9割決まってしまうと言われるほど、自分の見せ方が重要となります。

ここで勘違いしてはいけないのは、「見た目」といっても顔のパーツだけに限らず、笑顔や姿勢などの見た目も相手の評価に大きく影響するため、ここでカバーしていく方法も有効となります。

例えば、残念な顔+真顔+目を見て話さない人がいたとすれば、相手が抱く第一印象は「最悪」そのものであり、「明るくて良い人だ」とか「話しやすい人だ」などの、ポジティブな評価には繋がりません。

顔以外が残念な人でもお伝えしたように、人は一度悪い部分が見えてしまうと、どんどんと負の部分に目がいくようになるのです。

だからこそ、あなたの第一印象を大きく変えることで、「残念な顔だ」などの負の評価を避けることとなり、「話しかけやすい人だ」などのポジティブな評価にすり替えることができます。

”自分に足りないものは第一印象である”ことも自覚し、相手と接する態度や自分の姿勢、表情などに視点を変えてみることで、総合的な評価を上げることを心がけましょう。

 

残念と思われやすい条件を無くす

「ネガティブ思考」「なめられやすい性格」「能力が劣っている」の3つの条件を改善することも、見下される原因をなくし、残念な顔だなんて上から目線な評価を無くすことに繋がります。

相手になめられるからこそ、上から目線で評価されると考えると、自分が治すべき内面も自ずと見えてくることでしょう。

 

「まとめ」カバーすることが大事

いかがだったでしょうか。

残念な顔のパーツを変えることはできませんが、カバーすることは誰でもできることですし、こうした細かな部分で差をつけていくことが、やがて大きな差を生み出します。

「不細工は何をしても無駄だ!」と投げやりになる人もいますが、諦めてしまえばそれ以上改善されることもなく、自分の可能性を広げることもできません。

確かに、どれだけ高い服を着ようがイケメンには敵いませんし、どれだけ笑顔で対応しようが美人には敵わないでしょう。

しかし大切なことは、他人と比べることではなく、自分自身がどれだけ充実した人生を送れるかにあり、捉え方を変えることで、”残念な顔などどうでもいい”と思えるきっかけを作ることができます。

自分が魅力的になっていくことはモチベーションとなったり、自分を高める方法となることは間違いないので、「自分にはまだまだ可能性がある」とポジティブに捉えることで、この先の人生が大きく変わることでしょう。

また、「残念な人の特徴や共通点10選」もセットで読んでみませんか?

中身や仕草が残念な人とは、中身のない尊敬されない人間のことです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP