韓国人顔の特徴8つ

韓国人顔の特徴をご存知でしょうか?

実は韓国人が日本に渡来したのはずっと昔で、今では日系3世や4世の時代になっています。

そのため、日本で生まれた韓国人は韓国人顔とはかけ離れており、日本人の顔と瓜二つであることが分かっています。

本人が打ち明けなければ国籍が分からなかったというケースも多々あるようです。

それでも韓国人顔の特徴というものは存在しますので、さっそくチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

一重まぶたが多い

韓国人顔の特徴として一重まぶたということがありますが、これはほとんどの人は整形して二重にしているので、見分けがつかないことが多いです。

韓国人にぽっちりな二重まぶたが少ないと言われている理由は、氷河期には目に反射する雪が多く、目視力低下のおそれがあり、そのため一重まぶたがうまれるようになったと言われています。

あくまで仮説ですが、一重が多いという分部は事実です。

 

切れ目が典型的

韓流スターでもそうですが、目に関しては非常に切れ目が多いのが特徴的です。

くっきりとした目の人は整形している人が多く、韓国のアイドルグループを見ても切れ目かパッチリ二重に分かれていることがほとんどです。

切れ目の人はあまり目はいじっておらず、パッチリ二重の人は整形している、という現地ならではの整形の見極め方があるそうですよ。

 

頬骨が高い、エラが張っている

頬骨とは目の横あたりの骨のことであり、日本人と比べても頬骨が高い人が多いです。

またエラが張っている人も多く、ゴツゴツな骨格な人が多いです。

このような条件をしている人は、韓国でもモテない人の顔の特徴でもあり、あまりニーズの無い顔だそうです。

逆に整形では、頬骨とエラを削る人が多いんだとか。

 

肌が綺麗

韓国人は非常に肌が綺麗であり、それは韓国ならではの文化に関係しています。

毎週のようにサウナに通うと言われるほどサウナが大好きで、また唐辛子などの辛い食べ物も毛穴から油分を排出することが分かっています。

さらに美意識が日本以上に高いと言われており、整形大国と言われる理由も納得できますね。

パックなども日本では取り入れていない特殊なパックをしていることがあり、男女ともに美意識の高さが肌の綺麗さへと繋がっているのです。

 

あまり髭がないのが特徴

韓国人顔で男性の場合、髭があまりないのが特徴としてあげられます。

韓国人は髭があまりなく、髭があると氷河期はつららになって困るため、髭がなくなったと言われています。

こちらも仮説なので真実は分かりませんが、確かに韓国に旅行に行くと髭を生やしている人は少ないですね。

 

耳たぶが薄い

福耳の人が少なく、これは韓流グループを見れば分かりやすいかと思います。

またパククネ大統領などの歴史人を見てみても、耳たぶが薄いですね。

日本人でも耳たぶが薄い人が多い分、それほど日本人とは変わらないような気もしますが、基本的には耳たぶが薄いのが特徴的です。

 

のっぺりした印象

また韓国人顔の場合、日本人と同様にのっぺりした顔であることが分かります。

あまり北欧などの彫りの深い顔ではないことが分かっています。

日本人に似ている系統の顔のため、実際街ですれ違っても分からないほど日本人に似ています。

見分けるのであれば、日本人はサル顔が多く、韓国人はのっぺり顔かゴツゴツ顔が多いです。

 

韓国は北と南で若干違う

韓国はもともと朝鮮という1つの国だったが、それを2つに分割し、北朝鮮と韓国という今の国のあり方になっています。

韓国人顔も北と南では若干違いがあったようです。

北は吊り目で細長いのが特徴的であるのが分かっています。

南の韓国はどちらかといえば、目鼻立ちがはっきりしていることが多かったようですね。

 

在日の方は見分けがつきにくくなっています

このように北と南でも韓国人顔の特徴は分かれているようです。

現在日本にいる在日韓国人の数は数え切れないほど多いですが、それだけ帰化している韓国人も多いです。

ですから、本当に日本人にしか見えないという韓国人も多く、大体3世あたりから日本人にしか見えないことが多いようです。

2世の方々は現在高齢になっていますから、ほとんど日本のおばあちゃんと変わりない様相になっているようです。

4世や5世になってくるとますます日本の顔に近くなってきて、既に帰化した後に生まれた子供も多く、日本国籍を最初から取得している子供も多いので、韓国人顔を見極めるのは非常に困難であると言えます。

それでも知りたければ、知りたい人に直接聞いてみましょう。

韓国文化を隠している人はあまりいませんし、今では国境関係なく徐々に親しくなってきている間柄もありますから、聞いてみると良いですね。

また、「日本人顔の特徴」のセットで読んでみましょう。

日本と韓国では具体的にどのように顔の構造の特徴的な違いがあるのか?

この1ページを見ると全てが分かるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

    • 渡来人との関連
    • 2017年 5月 04日

    関西3都市圏の住まいで、3都市間の移動も多く電車に乗っていて観察するのですが、耳たぶ部分の終端が地面の方に向いているタイプは関西でも多くいます。特に、京都には朝鮮的な顔の形質が、このエベンキ耳と細切れ目を代表に目立ちます。当然日本人なわけですが、日本人全てが縄文的な形質な訳ではないので、朝鮮耳や細目のみによる判断は危険に思います。ただ、ガチな朝鮮系の耳には特徴があり、耳たぶの有無での判断ではなく、耳たぶが無くさらに、耳の下部分の終端が地面に水平に顔にくっ付いている場合には可能性が高まります。水平どころか、上もあります。マジ朝鮮人を見て、そういうの多かったです。

    耳たぶがない&薄い→ (混血でない朝鮮人には)必ずだが日本人にもみられる
    耳たぶ(部分)の終端が水平か、上を向いている・ 耳がコンパクトな作り ・ 耳の位置が高い→ 朝鮮人の可能性が高くなる。

    • 山田
    • 2017年 6月 30日

    韓国人と日本人の一重ってどこか違うよね!
    韓国人は瞼が薄くてつり上がっていてとても細い。

    日本人は瞼が厚くて垂れ目ともつり目とも言えない。大きさは一重にしてはやや大きい。

    一重でどっちの方がモテルかと言えば韓国系じゃない?日本人は中途半端。あくまでも多いとされるって一つの仮説で皆そうとかじゃないよ!

    全体的に国際結婚珍しくないし血筋もあるしさ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP