長男の性格面での特徴10選

長男といえば何かと頼りにさせる存在で、妹や弟にとっては憧れの存在でもあります。

何事にも先に立って冒険し、安全確認してから下の子を呼んであげる頼もしい存在です。

しかし、長男だからこその悪い面での性格も存在します。

下の子が生まれれば自分は後回しが当たり前で、それこそ下の子の面倒を見る羽目にもなってしまう環境にある長男ですが、一体どのような特徴が見られるのでしょうか。

特に共通している確率が高い、10選にしぼってみました。

スポンサードリンク

不安やストレスに強い

長男あるあるの1つに、誰もいない場所で泣いたことがある、というあるあるが存在しますが、長男はそういった不安やストレスがかかる環境で育っていくので、不安やストレスには非常に強いです。

ですが時にはその不安やストレスに負けてしまい、部屋で一人きりになり泣いてしまうことも。

それでも家族の前では、頼りがいのあるお兄ちゃんを演じますから、家族にとっても頼もしい存在であることは間違いありません。

 

恋愛は人一倍慎重に

恋愛は慎重派が多く、失敗しないようにと慎重にデートを重ねることが多いです。

これは何も恋愛だけに当てはまることではありませんが、恋愛に関しては人一倍慎重になってしまう傾向にあるようです。

そのため、本気になると真面目な恋愛になってしまうことが多く、遊び心を忘れてしまいがちです。

チャラいよりは真面目派の人からすれば、長男はうってつけでしょう。

 

マイペースが一番

自分で計画を立てることが好きで、逆に計画を誰かに邪魔されることが何よりも嫌いな長男。

ですから一日の計画が30分でも遅れようものなら、不機嫌になってしまうという一面も存在します。

とにかく自分のペースで進めたいという願望が強いので、周りはそれに合わせるようにすれば、より人間関係が上手くいきやすいです。

 

責任感は人一倍

長男は責任感が人一倍強い性格をしています。

よく言えば頑張り屋、仕切りたがりだけれど、それを胸にしまっています。

責任を抱え込んでいる長男は連帯責任まで感じるので、友人の起こした問題を自分のことのように悩んでしまう傾向があります。

ストレスも溜まりやすいと言えるでしょう。

責任感がありプライドが高いので、傷つけるような物言いは長男にはやめておいたほうが良いでしょう。

 

人に頼るのが苦手

責任感が強く、リーダーシップを発揮している長男ですが、本当は誰かに頼りたいとも感じているようです。

これは無意識に感じていることが多く、プレッシャーなどがのしかかった場合に誰かに代わってもらいたいと感じているようです。

長男は生活していく上で誰かに相談をするということを知らずに育ち、妹や弟の相談にばかり乗っていたので、相談する術を知らないのです。

ですから本当は誰かに頼りたい、おおらかな人に包容してもらいたいという願望を持っています。

 

人の希望をかなえることが喜びでもある

また、長男はプライドは高いものの、誰かのために何かをしてあげることが当たり前だと思っているので、それで大げさに喜んでくれるととても幸せを感じます。

長男は周囲にとってどんな行動をとれば皆喜んでくれるだろうか?ということを考えながら生活しているといっても過言ではないでしょう。

 

思い立ったらすぐ行動

思い立ったらすぐ行動派が多く、これは特に旅行や趣味などでよく見られます。

行きたい場所が見つかれば即行動に出て予約を入れますし、趣味でもやりたいことには積極的に参加します。

こういった部分がとてもプラスになっているのは、付き合いが広くなるということです。

いろんな人と関わり、触れ合えるチャンスが多くなるだけに、人付き合いも上手な人が多いようです。

 

マザコンの確率が高い

長男はマザコン率が非常に高いのでも有名です。

最初の子供として最初は両親にとても可愛がられますが、数年も経てば下の子が生まれてきて、愛情をそちらに全部持っていかれます。

仕方がないことだと長男は分かっていても、嫌われたくないので両親の望むとおりに手伝ったり、無意識に望むとおりに演じてしまうという傾向があります。

そのためマザコンになってしまっていたということも多いのです。

あまり褒められることもなく、下の子と比較されると上の子が大体怒られるのと同様に、愛情をあまり受けられない長男は大人になるにつれ親に褒めて欲しいという心理が働き、結果マザコンになってしまうということなのです。

付き合う彼女に対してもマザコン傾向にありますから、母性に惹かれてしまうことが多々あります。

料理などを彼女に作ってもらい、母の味付けと違うなどという男性は、マザコン率が非常に高いといえるでしょう。

 

自分の世界が大切

自分の世界が何よりも大事で、一人の時間がとっても大好きです。

ですから同居をしても一人の時間を欲しがり、トイレにこもるといった行動をとりがちです。

ストレスを溜め込む傾向にある長男は、自分の世界に入り込んで息抜きをします。

誰にも邪魔されない自分だけの世界が心地よく、この時間があるからこそ、長男という立場を乗り越えることが可能といっても過言ではありません。

 

キレる時はいきなりやってくる

普段は温厚で我慢強い長男だけに、キレる時はいきなりやってきます。

そして何より厄介なのが、キレると自分でも収集不可能になってしまうことです。

怒鳴り散らしたり、普段は使わない暴言を無意識に吐いてしまったりと、自暴自棄になってしまうのです。

これが原因で彼女と別れてしまった経験をしている人は、数知れずいるのではないでしょうか。

 

長男といっても血液型で少し変わる

人の性格はそれぞれだと言われますが、やはり生まれた順番や血液型で多い傾向や少ない傾向に分かれており、長男といっても血液型によってまた違った傾向が強くなるケースも存在します。

もっとも、共通している確率が高い10選にしぼっていますので、共感できる項目はいくつかあったという人がほとんどではないでしょうか。

また長男あるあるの1つで、末っ子が羨ましく思うというあるあるが存在します。

そんな末っ子ですが、「末っ子の性格面での特徴10選」に当てはまっている項目が多くありませんか?

一度末っ子の性格を思い出してみて、チェックしてみると、笑えるほど当てはまっていますよ!きっと。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP