親切な人の特徴〜押し売りとの違いとは?

「優しいなぁ。感謝感謝」と、他人にされた親切に対して嬉しい気持ちを持ったり、自分自身も親切心が必要であると自覚させられたことがあるのは、世の中に親切で優しい人がいる証拠です。

一方で、親切のつもりが相手を怒らせてしまったり、お節介な人だ!と迷惑な思いをする人もいて、こうした人との対応の違いとは、どのような部分にあるのでしょうか。

そんな細かな違いや特徴に関してまで、全てこの1ページでお伝えしていきます。

親切な人の特徴〜条件とは?

相手の立場となって物事を考える

親切な人は相手の立場となって物事を考えることができ、自分が同じ立場ならどう思うのか?を考えられる人であるため、親切なことをされた時には多くの人が感謝の気持ちを持ち、ありがとうの一言を言いたくなります。

自分の立場ばかりで物事を考える人の場合、「自分がどう思うのか?」が答えの全てとなりますから、相手が困っていてもそれに気づくことができなかったり、「自分なら別に困らないし…」などの理由から、相手を助けることをしません。

これは思いやりがある人とない人の違いでも説明可能で、思いやりがある人とは、相手の気持ちを読み取るからこそベストな対応ができ、相手にとって迷惑とならない、心地よい対応ができます。

このタイプは無神経な人とは違い、相手を傷つける言葉を避けることが上手であったり、相手が嫌がることを察する能力に長けているため、一緒にいて居心地がいい人であると思われることが多いことが、魅力的な特徴となります。

 

気遣いができる

親切な人は気遣いもしっかりできて、相手が上手く成功するようにサポート役に徹底したり、相手を心配することができるので、落ち込んだ時に優しい一言をかけてくれたり、前向きになれる言葉をかけてくれるのは、親切で感謝する瞬間の1つでもあります。

ここで重要となるのが、相手がどれくらいの気遣いを求めているのか?を察する能力であり、必要以上に気遣いをしてしまう人は、相手を困らせてしまうことに繋がりかねないので、感謝される親切な人とは、さじ加減が上手な人であるとも言えるでしょう。

「気遣いありがとうございます」という言葉は、まさに親切に対応していただいて、ありがとうございますと感謝の気持ちを込めた言葉であり、相手を思いやる気持ちが強く、上部だけではない心配ができるからこそ、相手の心にぐさっとくるものを感じさせます。

このタイプは体調だけに限らず、メールや精神面での気遣いなども可能であることから、とても心が広くて気が効く人だと評価されることも珍しくありません。

 

時には自己犠牲を伴わない

親切な人は時には自己犠牲を伴わず、相手が大変だろうと感じた時には時間や労力を犠牲にしたり、相手を気遣うことで体力を使うなど、決して自分だけが良ければそれで良いという考えではなく、損得勘定で動くような人物ではありません。

例えば、雨の日に妊婦さんが一人で歩いているとして、体を冷やすことは妊婦にとってダメなことを知っている親切な人は、自分の体が濡れるリスクを冒してまでも、傘に入れてあげる優しさがあります。

他にも、体調が悪くて顔色が悪い人が電車で立っていたとして、それを察した親切な人は、自分の座っていた席を譲ることで感謝されるなど、世の中悪い人ばかりではないことを気づかせれくれるのも、親切な人の特徴でしょう。

損得勘定が強い人の場合は、自分が利益となることがなければ動くこともしませんし、自分が楽をして大きな利益を得るのが第一であるのに対して、親切な人は損得勘定よりもまず、思いやりの気持ちを第一に優先できる素晴らしい人物です。

 

感謝の気持ちを持ってる人

感謝の気持ちがある人は、相手にしてもらったことを当然であると受け取るのではなく、しっかりと感謝の気持ちを持つことができ、ありがとうが言える人であったり、自分のことを特別な存在などと、自惚れた思い込みをしない人です。

だからこそ親切なことができる思考に繋がり、やってもらって当たり前の気持ちでいる人は、「それが当たり前」であるために、相手の親切心をなんとも思わない薄情な一面があります。

薄情な一面を持つ人は、冷たい性格で「だから何?」という考え方をするのに対して、感謝の気持ちを持っている人は、「ありがとう」という捉え方をするので、ある意味で親切な人は素直な性格であるとも言えます。

人を見下していたり、自分は特別な存在だと思っている人は、感謝の気持ちを持たないことから、親切にされる嬉しさを否定してしまう一方で、素直な人はそのままの気持ちを受け止め、自分も親切心を見せてみようと思える人物であるはずです。

 

勇気がある

親切な人は、初対面の人でも困っていれば話しかける勇気があったり、周りが一歩引く状況であっても声をかけるなど、どんな時にでも勇気を出して行動に移すことができ、ピンチの時には力となる勇気がある人です。

人は誰でも否定されるかもしれない恐怖心を持っていて、好きな人に対して積極的に話しかけることができなかったり、好意的な行為が難しいのは、自分の本心がバレて否定されることを恐れてしまう、人間の弱さでもあります。

しかしながら、親切な人はそんな恐怖心に負けることもなく、助けることで目立つことが恥ずかしいという、日本人ならではの性格には当てはまらず、助けることで目立つことに恥ずかしさを持っていません。

道端でこけた人に対して、「大丈夫ですか?怪我はないですか?」と声をかけるのは、目立つため恥ずかしいと思いがちですが、そんな感情に負けない勇気を持つことができるからこそ、相手に感謝されるきっかけを作り出せます。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP