心が温かい人に見られる14の魅力〜人柄の特徴とは?

「心が温かい人だなぁ。」なんて思われる人は、人柄が凄く良いと評価される人であったり、周りからの評価も高い人であるはずです。

人は誰しも印象操作をおこなうことで、自分のイメージをコントロールする一方で、本当に心が温かい人にしか見られない魅力をあなたはご存知でしょうか。

相手の心をほっこりとさせるような、心が優しい人の要因や魅力がはっきりと分かれば、人はどんな時に心が温かいと感じるのか?についての疑問も明確となるはずです。

心が温かい人ってどんな人?

思いやりがある人

「この人は優しい人だ」とか、「心が温かい人である」と思われる瞬間とは、思いやりのある言動が見られる瞬間であり、思いやりとは相手を思ってこその行動であります。

その為には相手の立場となって物事を考える必要があり、自分の立場ばかりで物事を考えないからこそ、思いやりのある行動に繋がります。

例えば、相手が何かに悩んでいるときに、自分の立場で物事を考えた結果、相手のためになるだろうと思う行動をするのは、時としてありがた迷惑となってしまいますが、心が温かい人は相手の立場で物事を考えるので、どんなことで悩んでいるのか?を聞くことができたり、常に相手目線で物事を考えようとします。

自分の利益ばかり考える人は、その為であれば時には非常になることができますが、思いやりがある人は利益ばかりを求めず、相手のためになることを理解し、それを実行できる魅力がある人です。

 

義理人情に厚い

義理人情がある人は道徳心が強く、決して相手を裏切らない人であったり、相手を不愉快にさせることが少ない傾向にあります。

特徴としては、お返しを忘れない、約束はしっかりと守る、埋め合わせをきちんとするなどであり、相手をガッカリとさせることが無かったり、相手の心に配慮した行動ができるのは、心が温かいからこそできる行動であります。

こうした行動は一見簡単なようにも見えがちですが、息苦しくストレスだらけの社会で生きていくと、人は自ずと自分の気持ちばかりを優先しがちで、義理と人情を忘れてしまうほどの心理状態となることも多々あるため、義理人情に厚いと評価される人は、心が温かいと評価されやすいのです。

 

好意を持つことができる

思いやりのある行動や義理人情に厚くなれるのは、人に興味があるからこそ親切にできるのであり、自分以外の人間に興味がない人は、相手の気持ちに寄り添うことができないので、冷酷な人間であると評価されやすいです。

例えば、相手が辛い時にそっと気持ちに寄り添うことができるのか、または甘えだと決めつけてしまうのかでは、相手が思う心の温かさは大きく違い、前者は人に興味があるからこそ、優しく思いやりのある行動に繋がります。

よく冷酷で自分以外に興味がない人ほど、「それは甘えだ!」と決めつけ、相手を傷つけてしまう失言をしがちですが、これは自分にしか興味がないからこそ、相手が傷つくことにも鈍感になってしまっている証拠です。

 

自己犠牲の精神がある

自己犠牲の精神は美徳として語られることも多く、他人のために自分を犠牲にする行為でありますが、心が温かい人は自己犠牲の精神があり、損得勘定のみで動くような人間ではありません。

例えば、妊婦さんがたくさんの荷物を持つ姿を見て、ドアを率先して開けてあげるなどの行為は、自分のエネルギーを犠牲にすることによって、相手を助ける行為です。

他にも、大雨の日に見知らぬ人を傘に入れてあげる行為も、自分が濡れるリスクを上げるのに対して、大きな見返りはほとんど期待できませんよね。

このタイプも親切で心が温かい魅力がある一方で、頼られると断ることができない性格の人が多いので、親切心を利用されてしまうこともしばしば。

 

感謝されることが多い

心が温かい人は、親切にされた時に自分が感じた感謝の気持ちを忘れることなく、困っている人を助けることができる人であるため、赤の他人であっても感謝されることが多いです。

感謝されることが多くなれば、当然ながら”ありがとう”を口にしてもらえる回数も多いですし、それが本人にとっても快感で、モチベーションとなることも。

感謝される人とは、いつも”ありがとう”を相手に思わせる人でありますから、心温まるエピソードに対して心がほっこりとするように、親切にした相手に対して「世の中悪い人ばかりではないんだな」と実感させれる、とても親切な人であるとも言えるでしょう。

 

気遣い上手である

気遣い上手な人は、相手を知ろうと努力できる人であるため、相手がどのような性格でどんなことを望んでいるのか?を把握する力に長けており、相手が本当に望んでいることを察し、行動に移せる人です。

人は本当に困っている時に、そっと助けの手を述べてもらえることで、感謝の気持ちを持つと同時に、「自分のためを思って助けてくれるなんて…とても優しい人だ」と、心が温かいことを感じる瞬間となりがちです。

気遣い上手な人は、どんな時でも相手を思いやる行動ができる人であるので、体調や飲み会の場だけに限らず、メールや部下にも気を使うことができる、優秀な人として社会では評価されやすいです。

 

気持ちの変化に敏感である

心が温かい人は、相手に好意を持って接することができたり、相手のことを知ろうとする人物であるため、相手の細かな変化にも敏感に気づくことができ、少しの変化で心配できるような優しさを持ちます。

気持ちの変化に敏感であることは、自分のことを理解してくれる存在として、相手も好意を抱きやすいですし、評価が上がることは心が温かいなどの、ポジティブな評価に繋がりやすいのです。

無神経な人ほど気持ちの変化に鈍感で、心が温かい人ほど変化に敏感ということは、無神経な人ほど落ち込んだ時に失言をしてしまいがちで、心が温かい人ほど優しい言葉をかけやすい違いが見られます。

 

近寄るなオーラを出さない

職場や学校でも、近寄るなオーラを満開に出す人がいて、こうした人は話しかけにくい雰囲気であったり、暗い雰囲気であるため、孤立していることが多いです。

心が温かい人は、そんな雰囲気とは真逆の空気感を作ることができ、笑顔でニコニコと対応できたり、自分を客観的に見ることができるので、とても近寄りやすい雰囲気であることも、魅力の1つです。

心が温かいとは、「他人に対する親切な感情が強い」という意味を持つので、こうした人は自分の評価に敏感で、他人から自分はどう映っているのか?を気にする人でもあるため、暗い雰囲気や怖い雰囲気を嫌う心理が働きやすくなりがちです。

 

失敗を許すことができる

心が温かい人は他人のミスにも寛容で、他人に厳しくなってしまったり、完璧主義になってしまうことは、相手にとっても自分にとってもメリットが少ないことを、はっきりと理解している人です。

こうした人の中には、嫌われたくない気持ちが強い人もいますが、本当に心が温かい人とは、「自分も失敗していた時の気持ち」を忘れず、「完璧な人間など存在しない」ことを、体で感じている人なのです。

だからこそ、他人の失敗に寛容になることができ、このタイプは人を育てることが上手であったり、ミスした原因に対してきちんと耳を傾けることができる、聞き上手な人として評価されることも多くなります。

 

痛みに敏感である

痛みに敏感な人は、感受性に強いので深い愛情を持っていたり、人の気持ちをすぐに察することができるので、心の痛みに敏感で深く共感できる優しさを持つ、心が優しい人です。

一方でこのタイプは、周りの反応に敏感になりすぎる部分があるため、自分の意見やちょっとしたわがままを言えなかったり、些細なことで傷ついてしまう弱さも見られます。

痛みに敏感であることは、相手にとっては非常にありがたい存在となるものの、自分にとってはストレスや悩みの原因となってしまう、何とも悩ましい一面を掛け持ちます。

 

弱いものにも優しい

心が温かい人は弱い者に優しく、強いものばかりに媚びるような性格とは真逆で、どんな人に対しても平等に接することができる人です。

仲間外れにされている人がいたとすれば、すぐに優しい声をかけてあげることができたり、悩みに対して聞く耳を持つことができたり、一緒に解決策を考えることができるなど、弱い立場の人を決して見捨てることはありません。

冷たい人は強いものばかりに媚びて、都合のいい時だけ弱い者に近寄ろうとしますが、そうした性格の悪さを持たないことも、心が温かい人の魅力の1つです。

 

おおらかでゆったりしてる

心が温かいと評価されるためには、常に心に余裕を持っておく必要があり、常にせかせかした人ほど余裕がない人と思われやすく、逆にいつもゆったりとしている人は、どこか余裕のある人だと思われるのが良い例です。

そもそも相手の気持ちを読み取るためには、じっくりと相手を観察する必要があったり、相手の変化に気づく必要があるため、せっかちな人ほどじっくりと考えることをしないので、すぐに自分の考えで答えを出してしまいます。

故に心が温かい人ほど、温厚な性格であると評価されやすいとも言えるでしょう。

 

節度のある行動が得意

節度とは、行き過ぎない適切な行動のことであり、相手の心を読むことに長けている心が温かい人は、節度のある行動が得意で、相手を疲れさせることが少ないです。

空気が読めない人ほど、自分の話を一方的にして相手を疲れさせたり、長々と自慢話をすることで相手に嫌気をさしますが、心が温かい人は空気を読むことも得意であるため、相手が心地よい空気感を作ることも可能です。

相手にとっては心の温かさが伝わりにくい行動となりますが、相手を尊重できる立派な行為であり、嫌われにくい要因を作るきっかけともなります。

 

周りの意見を尊重する

心が温かい人は、自分中心に物事を考えるのではなく、しっかりと周りの意見を尊重できる人であります。

そのため聞き上手であったり、周りが納得することにこだわる性格だと評価されやすく、相手の意見を端から否定したり、話を最後まで聞かないような頑固人間とは違います。

人は自分の悩みを真剣に聞いてくれたり、自分の意見を尊重してくれるからこそ、「この人はなんて心が温かい人なんだ」と思える瞬間へと繋がり、尊敬できる人として見られることにも繋がりやすいです。

 

人柄〜心が温かい人に対する評価は?

尊敬できそうな人である

心が温かい人は、弱い者にも優しかったり、話をきちんと聞いてくれたり、相手の立場となって物事を考えてくれる人であるため、尊敬できる先輩や上司になりそうと思われがちです。

それもそのはずで、強い者に媚びる人や否定的な人に対して、尊敬できるのか?と考えてみると、むしろ嫌ってしまいそうなイメージが湧く人も多いはずです。

これは、心が温かい人の立派な魅力と言えるでしょう。

 

相談に乗ってくれそう

心が温かい人に対して、相談に乗ってくれそうだと思うことは、世の中には相談にも乗ってくれない心が冷たい人が多く、一人で悩んでいる人が多い証拠かもしれません。

社会に出ると誰もが心の余裕を失いがちで、自分自身で精一杯となりがちですが、心が温かい人は相手の相談役になることで、多くの人を救える貴重な存在となり、人から求められるような魅力がある人であります。

相手の心に寄り添って最後まで話を聞ける人は、相手を理解しようと好意を持って接することができており、その心が相手からすればとても温かいと感じる瞬間なのです。

 

上司になってほしい

尊敬できそうな人でも述べましたが、心が温かい上司の元に所属するとすれば、どれだけ精神的な支えとして悩みを解決してくれたり、頼れる存在となるでしょうか。

心温かい上司になるためには、様々な人生経験や心の余裕が必要となりますが、こうした条件をクリアして昇進していく人は、デキる上司として部下から慕われ、理想の上司として好かれることでしょう。

 

結婚相手に選びたい

結婚相手に求める条件は、顔より中身や年収と答える人が昔から多いように、生涯を終えるパートナーであると考えると、心が温かいパートナーである方が、温かい家庭を築いていけそうな想像ができる人は、私だけではないはずです。

心が温かい人との子供を授かることも同じく、子供にたくさんの愛情を注いだり、たくさんの悩みを一緒に考えてくれそうなど、ポジティブな想像ができますよね。

特に女性は、「この人との将来が明るいのかどうか?」を想像することで、結婚相手や恋人を決める心理傾向があるので、心が温かい男性は女性にとって明るい将来をイメージしやすい、理想的な人となりやすいです。

 

【結論】相手の立場に立てるかどうか

いかがだったでしょうか。

人が相手に対して「あっ!この人は心が温かい人なんだなぁ」と感じる瞬間とは、損得ばかり考えた挙句、自分の立場で物事を判断してしまうような人ではなく、相手の立場となって物事を考え、相手にとってベストな対応ができる人と出会った時です。

自己中心的な人や無神経な人が、心が温かい人であると評価されないことや、損しないことを重視する人が、同じく心が温かい人だと評価されないことが、これを証明しています。

さらに冷たい人は、基本的に自分以外に興味がない人であるため、相手の心の痛みや辛さを理解しようとはせず、否定してしまう人であることも覚えておいてください。

意外と相手を受け入れることは難しいことで、特に警戒心が強い人や利用された経験がある人にとっては、親切なことが無駄だと感じてしまう時期もあることでしょう。

しかしながら、心が温かい人を周りにつけたいのであれば、類は友を呼ぶとも言うように、自分自身がまずは心の温かい持ち主になることが、最も有効で効果的な方法となることは、言うまでもない事実です。

また、「クズ人間の特徴と意味15選〜性格傾向とは?」もセットで読んでみませんか?

世の中には、根性が腐ったようなクズ人間が溢れかえっていて、そうした人の特徴を共感することで、スカッとした気持ちになれる1ページとなっています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP