ハーフのイケメンはなぜ多い?理由と条件|損得について

「ハーフってイケメンが多いよなぁ」とか、「ハーフが羨ましい…」など、特に西洋人に憧れを抱く日本人にとっては、ハーフは憧れの的となることが多いです。

芸能界でも、ハーフでイケメンと言われる人はカッコよさと色気を兼ね備え、とてもキリッとした顔が魅力的です。

この1ページでは、「ハーフほどイケメンになる理由」や「ハーフでもイケメンにならない理由」について、分かりやすく丁寧に説明していきます。

ハーフがイケメンになる理由

ハーフがイケメンになりやすい理由は、優性遺伝という現象が関係しており、イケメンや美人の定義に当てはまりやすい外人の遺伝子が、優先された子供は魅力的な顔になりやすいのです。

この優性遺伝とは簡単に言えば、「鼻は高い方が優先される」という具合に、どちらの方が優先されやすいのか?という法則のことです。

勘違いしてはいけないのが、優性だから優れた遺伝子という意味ではなくて、優性は優先されやすい遺伝子と捉えておくとよく、逆に劣性遺伝は優先されにくいだけであるため、こちらが優先された場合は、ハーフであっても微妙な顔となってしまうことも。

また、これはハーフだけに当てはまる法則ではなく、鼻が高い両親から生まれてくる子供は鼻が高くなりやすいように、親の骨格の特徴などが引き継がれる法則となります。

以下に、ハーフでイケメンになりやすい人の条件を事細かに伝えていくので、どういう子供が最も魅力的な顔になりやすいのか?という視点で、確認してみてください。

 

イケメンになりやすい人の条件


西洋人とのハーフ

西洋人とは、「ヨーロッパ州とアメリカ州(北アメリカ/南アメリカ)」を合わせた3大州のことであり、西洋人の中でも、「白人」とのハーフは基本的に良い部分が遺伝しやすく、キリッとした顔立ちになりやすいです。

西洋人と言えば、「鼻が高い」「目が大きい」「二重である」など、日本人が憧れる顔立ちである人が多いですが、これらは全て優先されやすい遺伝子なのです。

もっと砕いて説明すると、「鼻が低いor鼻が高い」であれば、鼻が高い方が優先されやすく、これを優性遺伝と呼ぶのです。

他にも、「目は二重の方が優先されやすい」ですし、「まつげは長い方が優先されやすい」ので、日本人よりも平均で1mm以上も長いとの報告もある西洋人との子供であれば、目が二重で鼻が高く、まつげも長いなんて風に、とにかく羨ましい遺伝子が優先されやすくなります。

一方で、イケメンに”なりやすい”と述べているのは、劣性遺伝が優先されてしまうこともあり得るため、この場合は父親と母親のバランスを取った感じの顔となりやすく、両親の顔がどれだけ整っているのか?にて、大きく顔つきも変わることでしょう。

ちなみに、眼球は黒の方が優先されやすいので、ハーフの子供はほどんどが日本人に多い黒色となったり、肌も濃い色ほど優先されやすいので、白人のような真っ白な肌とならないのも、日本人とのハーフに見られやすい子供の特徴です。

 

母親が整った顔立ち

男の子は母親に似ると昔から言われているように、男の子は母親の性質が現れやすく、母親が整った顔立ちであればイケメンになりやすいのは、ハーフ以外にも当てはまることです。

母親が整った顔立ちで、父親が西洋人であるとすれば、母親の良い部分をそのまま引き継いだまま、鼻筋がさらに高くなるなどの特典がついてくるため、それはそれはイケメンの子供が生まれてくることでしょう。

もちろんハーフであるため、どちらにしても純日本人とは違った雰囲気の子供となりますが、母親が外国人であった場合は、よりハーフっぽい顔立ちとなることも特徴的です。

イメージで言えば、母親が整った顔立ちであればそれを受け継いだ子供は、日本人に多い団子鼻ではなく鼻筋が高く、雰囲気は母親にそっくりであるという感じの、雰囲気も見た目もイケメンである子供となるのではないでしょうか。

 

どちらも身長が高い

どちらも身長が低い両親であった場合は、残念ながら子供の身長も小さくなりやすいことが分かっていて、特に男性は身長が重視される傾向にあるため、身長が低い男性は残念なイケメンとなってしまいます。

一方で、どちらも長身であるのか、または一方が高くて一方が普通程度であれば、身長は高くなりやすいと考えられ、身長に関しては低い方が優性遺伝となるため、どちらも小さければより小さい子供が生まれてくることも。

また、一方が高くて一方が低い場合は平均的な身長となりやすいので、平均的な身長で西洋人とのハーフであった場合も、イケメンの定義に当てはまりやすくなると言えるでしょう。

後もう1つ、男性は母親に似やすいこともあって、母親が身長が低い場合も男性は身長が低くなりやすい傾向にあるようです。

身長に関しては、育った環境によるものも大きいため、こちらは一概には言えないことではありますが、遺伝が関係していることは確かなのです。

 

親の足が長い

足の長さは身長同様に遺伝の影響が大きく、基本的に足が長い西洋人とのハーフは純日本人よりも足が長くなりやすく、長足の人はスラッとして、ジーンズをかっこよく着込ませるなど、自分をより魅力的に見せることができます。

胴長短足が多い日本人だけに、足が長い両親の元で生まれてくることは、日本で生活する上ではかなりのメリットで、多くのライバルと差をつけることができることでしょう。

足に関しては食生活の影響も関係してきますが、ほとんど親の遺伝子で決まってしまうとも言えるほど、大きな割合を占めています。

日本人の親が短足でない限りは、そこそこ足の長い子供が生まれてくることが期待できるでしょう。

 

親に若ハゲが見られない

特にヨーロッパでは、30代にもなるとハゲている人が多く見られますが、ハゲやすい体質もきちんと遺伝するので、ハーフであっても若ハゲが原因でイケメンと見られない人も存在します。

ここが遺伝してしまうと、父親と全く同じ時期から若ハゲに悩まされる人もいて、これは規則的に遺伝することが分かっています。

日本人は外国人から見れば、「なんてハゲが少ない国なんだ…」と驚かれる国ですから、ハゲやすい体質を持っている外国人とのハーフは、ここも重要なポイントとなってきます。

ちなみにハゲに関しては、遺伝子以外の要因も関係しているため、きちんと知識をつけて対応することで、ここのリスクを回避することも可能です。

 

☑️アジア同士はイケメンじゃない?

アジア同士のハーフでも当然イケメンになる人はいて、芸能界であれば松田翔太さんは韓国とのクォーターですし、EXILEのメンバーの白濱亜嵐さんはフィリピンとのハーフです。

アジア系とのハーフの場合は、主に両親の見た目が非常に重要となり、イケメン美人の間から生まれてきた子供は、イケメンになりやすいことは誰だって分かることですよね。

ちなみにアジア系であれば、日本人とフィリピンのハーフがイケメン美人になりやすく、ラブリさんや秋元才加など、美形の子供が生まれやすいと言われています。

 

ハーフで得すること

憧れや褒められることが多い

白人系のハーフはとにかく憧れを抱かれやすく、周りから羨ましいと思われるほどの魅力は、純日本人では真似することができないこともあり、とにかく目立つ存在として注目の的となれます。

イケメンだなぁとか、顔が整っているなどの褒め言葉に慣れてしまうほど、周りの憧れの存在となり得るのがイケメンハーフの得することです。

もちろん、芸能界で活躍するようなイケメンハーフばかりではありませんが、白人系とのハーフはイケメンになりやすいことは、間違いのない事実です。

世の中顔が全てと言われるほど、容姿一つで得する世の中なので、イケメンハーフと呼ばれることは人生において、多くの利益をもたらすことでしょう。

 

モデルに選ばれやすい

イケメンハーフはファッションモデルやカットモデルに選ばれやすく、ファッションモデルであれば服をもらえたり、カットモデルであればカット代がタダになるなど、学生などでお金がない人にとっては、とても助かります。

服はやはり足が長い人の方がかっこよく見えますし、外人の方が似合う髪型だってたくさんあるので、こうしたモデルはイケメンハーフにうってつけの仕事なのです。

また、若き頃はモデルに抜擢されることは自慢となったり、周りから注目される存在となれる武器なので、周りよりも自分は優れているんだと、優越感に浸れることもメリットと言えるでしょう。

競争心が強く、負けず嫌いな男性にとっては、モデルに抜擢されることは男心を満たし、至福の瞬間といってもいいほど、快感を覚えることの1つなのです。

 

他言語に触れる機会が多い

例えば父親がアメリカ人であれば、普段から英語を聴きながら生活することで、英語に強くなるといったメリットは、ハーフだからこその経験ですよね。

簡単な会話程度であれば、普段から英語を聴き慣れている家庭で育てば自然と身につきますし、後々の成績にも結びつくことは当然考えられます。

言葉以外にも、外国のコミュニケーションの取り方や、その国独自の考え方などを知ることができるのも、視野を広げるにはうってつけの方法で、子供の可能性を広げることにも繋げれるのが、ハーフの特権です。

ちなみに、イケメンで英語もそれなりに話せるとなれば、女性にちやほやされることは目に見えているので、これがハーフ+イケメンであることの得する部分です。

 

名前が被らない/被りにくい

ハーフは『日本の苗字・ミドルネーム・ファーストネーム』というように、全てを合わせると非常に長くなる分、世界でも誰にも被ることのない、世界でたった一人だけの名前となることも、ハーフの特権です。

イケメンハーフともなれば、カタカナが入ることでよりかっこよさ感じさせるため、「似合ってるなぁ」なんて思われることは、イケメンならではの経験ですよね。

日本人が想像する王子様とは、日本人顔ではなく外人であるため、学校では王子様なんてあだ名がつけられることもいるほど、カタカナは知的さやカッコよさをより強くします。

 

実は苦労も多いハーフ

いじめに遭いやすい

日本と韓国のように、アジア系のハーフはぱっと見わからないものですが、西洋系とのハーフは見たからに外国人の要素が入ってくるため、小学生から中学生くらいの思春期にかけて、いじめに遭いやすいです。

例えば、子供は自分たちとは違う人をからかう傾向にあるため、「なんで一人だけ顔が違うの?」という素朴な疑問でさえも、ハーフの人にとっては辛い質問であったり、いじめられていると感じることもあります。

他にも、「ハーフの出来損ないだ」と藤田ニコルさんは言われた経験があるなど、特に昔の時代はハーフに対する偏見が強かったこともあり、芸能界で活躍する多くのハーフタレントでさえも、いじめに遭っていたほどです。

今ではハーフタレントの活躍もあり、比較的ハーフに対して偏見を持たない時代となりましたが、それでもハーフということが原因でいじめに遭う子供は、後を絶ちません。

さらに、日本人とのハーフが海外の学校でいじめに遭うことも多く、日本人顔でないことを恨んだり、一人だけハーフである疎外感を感じる子供にとっては、グレてしまう原因となることも。

 

劣化が早い

外国人は若いうちは凄く綺麗だけれども、劣化が早いことは有名ですが、西洋系とのハーフの人は特に劣化が早く、ロシアとのハーフともなれば、肌が弱いことも関係してか、純日本人と比べると非常に劣化が早い傾向にあります。

海外であれば自然と衰えていくことは目立ちませんが、日本は童顔多い国であるため、やはりこうした人々の中で暮らしていくことは、劣化の速さは気になる部分であり、悩んでいるハーフの人も多いです。

若き頃は大人っぽい魅力が溢れた青年であるものの、20代中盤になると「劣化したね…」なんて言われた経験があるイケメンハーフは、決して少ないわけではありません。

逆を言えば、若い頃は他を圧倒してイケメンという評価を集めやすいので、若い頃にどれだけ自分の魅力を生かすことができるのか?が、イケメンハーフ利点を最も活かせることになりそうです。

 

太りやすい/体型変化

こちらもアジア系のハーフ以外は太りやすく、少し食べただけでも脂肪がついたりと、華奢な体つきが多い日本ならではの悩みとなりやすく、歳をとることで信じられないほど体型が変わってしまう人も。

実は、日本人は世界で2番目に太りやすい民族であるとの報告もあるほど、太りやすい性質を持っているわけですが、デブは遺伝で決まる部分が大きく、太っている割合が高い西洋人とのハーフは、遺伝的に太りやすいのです。

これは遺伝的に、太っている親から生まれた子供は太りやすい環境を求めやすいことが原因で、体型は遺伝が大きく左右する部分です。

体型変化については、純日本人の子供であればぽっこりお腹となりやすいですが、ハーフの人は外国人にありがちなお尻や腰回りが太くなりやすい人もいて、アメリカ人によく見かける、典型的な太っている人をイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

アメリカ人の太っている体型になるタイプは、若い頃はヒップの位置が高くて、プリッとした綺麗な下半身の形ができるものの、歳とをとるごとにお尻や腰回りが巨大化してしまうタイプです。

 

外人とよく間違えられる

道を歩いていると外国人に道を尋ねられたり、飛行機に乗ると外国人に英語で話をされるなど、見た目が外人っぽいハーフの人ほど、何かと面倒な出来事と遭遇しがちで、英語をしゃべれない人にとっては対処法に困ります。

国内旅行であっても、飛行機の中で英語でCAに話をされるなど、外国人に間違われることは、いちいち訂正する必要があるために、非常に面倒なのです。

他にも、初対面の人に「どこの国の人?」と聞かれたり、外人と思われることで、「うわぁ。外人の対応めんどくせぇ」と聞こえる声で言われるなど、一歩外に出ると外人扱いされてしまうことに、ハーフは頭を悩ませています。

難しい名前の人がいつも呼び間違えされることを指摘しないように、ハーフの人も面倒なのでそのまま外人で通してしまうことは、ハーフあるあると言えるでしょう。

 


イケメン/美人は正義である

イケメンは正義であるとか、美人は正義であると言われるように、カッコいいからこそ許されることもたくさんあって、ブサイクがいたずらをするのとイケメンがいたずらをするのでは、どう考えてもイケメンの方が許してもらえやすいです。

なんでもそうですが、イケメンが格好をつけると絶賛されたり、ブサイクが格好をつけると叩かれてしまうように、イケメンであることは正義なのです。

こうした悲しい現実があることからも、イケメンハーフで生まれたことは非常に有利で、その利点を活かすべきだと当サイトでは伝えたいです。

恋愛や就職や成績にしても、顔の評価が高いほど得することが多いという実験結果も出ているので、こうした遺伝子を引き継げることは羨ましいばかりです。

また、こうした悲しい現実を多くの人が認めているからこそ、多くの人が自分磨きをすることで、少しでもライバルたちと差をつけようとする気持ちが生まれるのでしょう。

関連記事:【世の中顔が全て】それらを証明する16の現実

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP