ニュートラルな人とは?心の特徴と意味について

「あなたってニュートラルな人だね。」なんて言われると、「えっ?それは褒め言葉なの?」と疑い深くなり、「もしかすると嫌味で言われてるのかもしれない…」などと、不安になることは普通のことです。

普段の生活では聞かない言葉だけに、ニュートラルな人に見られる特徴やメリットデメリットを知ることで、素晴らしい意味であることも同時に理解できることでしょう。

この1ページを読むことで、本当の意味、性格面での特徴、良くない部分の全てが理解できます。

意味/良い意味なのか?

ニュートラルの意味は「中立、中間」であるため、ニュートラルな人の意味は「中立的な立場に立てる人」と捉えておくことが、最も分かりやすい意味となります。

また、この「中立的な立場」をさらに深く掘っていくと、「公平な立場で」「第三者的な立場で」「贔屓しない人」などの類似語が確認できることからも、ニュートラルな人とは悪い意味ではなく、むしろ良い意味で捉えることが正しい意味となります。

何らかの事件が起きた時に、第三者委員会が事実の確認を行うニュースが報道されますが、こうした人は中立な立場に立てる人であることからも、当事者からすればニュートラルな人であり、自分にとっては味方にも敵にもなる存在とも言えそうです。

故に、ニュートラルな人と評価された時には、「自分は高く評価してもらっている」とか、「自分の魅力である」と捉えるべきでしょう。

 

ニュートラルな人の特徴

えこひいきはしない

ニュートラルな人は公平な人であるため、えこひいきしないことが絶対条件で、贔屓目に見てしまうことは、片方だけの肩を持つこととなったり、または片方が悪いと決めつけてしまう要因そのものです。

例えば、一方から自分にとって都合のいい話を聞かされたとして、もう一方からも同じく都合のいい話を聞かされたとすれば、えこひいきする人は片方のみの証言を信じるなり、味方してしまうことでニュートラルな立場に立つことができません。

会社や学校でも同じく、えこひいきする人は中立的な立場に立つこともなく、最初から答えが決まっているかのような対応をしてしまうことが多く、贔屓目に見ている人ほど甘い対応を取りがちです。

えこひいきは不公平を感じさせる瞬間でもあるので、ニュートラルな人ほどこうした人が嫌いで、性格的にも全く合わないと感じることが多くなることは、類は友を呼ぶことが証明しています。

 

視野が広い

えこひいきしないニュートラルな人は、視野が広いからこそ中立的な立場に立つことができ、逆に視野が狭い人ほど贔屓目に見てしまうことが多くなります。

視野が狭い人にとっては、目の前にある環境こそが全てであるかのような捉え方をしているので、会社にとって大きなメリットとなるのか?という視点よりも、自分にとって利益となる存在かどうか?で物事を判断するため、自分に最も都合がいい人をえこひいきすることで、正当な評価をすることができません。

逆に視野が広い人は、会社にとって利益になるかどうか?で物事を捉えることができるので、どれだけ自分にとって都合がいい存在となろうが、会社にとっては不利益となる実力であることは、高く評価する理由とはなりません。

また、中立的な立場に立つためには、最初から決めつけるような固い頭となってしまえば、一方に不利な判断を下してしまいやすくなるので、柔軟な考えができる人でもあるとの表現も正しい特徴となります。

 

芯が強い/損得勘定で動かない

ニュートラルな人は見た目や能力で態度を変えることもなく、上司や部下の立場であっても公平な立場となって物事を考え、損得勘定のみで動かない芯の強い一面が魅力的です。

損得勘定が強い人であった場合、権力者に媚びた方が後々のメリットが大きそうだとか、イケメンの近くにいた方が自分の評価も上がるなどの、損か得かで物事を考えてしまった結果、どうしてもメリットが多い方の肩を持ってしまいがちです。

ニュートラルな人はそうではなく、自分の生き方にポリシーを持っていたり、一匹狼になってしまう不安に打ち勝てる人であるため、権力者であっても自分のポリシーを守り続け、どんな時にも中立的な立場に立つことができます。

こうした人は言葉に一貫性があることからも、頼りになるイメージを持たれやすく、劣位な立場の人がつい頼ってしまいたくなるような、強い心を持っている人が多いです。

 

話をきちんと聞ける

中立的な立場に立つためには、双方の話をきちんと最後まで聴き続け、どちらの言い分もしっかりと受け入れる必要があります。

早とちりな性格であったり、自分の意見をすぐ口にする人ほど、真実を追求しようとするよりかは、自分の思い込みで行動に出てしまうことが多くなるので、すぐに「こちらが悪い!」と決めつけ、片方の肩を持つ行動を起こしてしまいます。

こうした特徴が見られることは、ニュートラルな人ほど聞き上手であると表現することもできますし、自分の意見を相手に押し付けない魅力があることも、はっきりと分かりますね。

大人になっても他人の話をきちんと聞ける人は意外と少なく、聞き上手な人ほど相手に信頼されやすい特徴があるので、ニュートラルな人ほど心理カウンセラーや看護師等の仕事が向いていることも、こうした傾向から見えてきます。

 

他人に関心がある

話をきちんと最後まで聞くことは、他人に興味があるからこそ聞くことができ、逆に他人に興味がなく自分にしか興味がない人は、「どうでもいい」と話を適当に切り上げたり、そもそも親身になって話を聞くことができません。

こうした人は冷酷であったり、相手の気持ちに寄り添って話を聞くことができない一方で、ニュートラルな人は思いやりを持って話を聞くことができ、苦しい人を無視することが難しい一面を掛け持ちます。

そもそも他人に無関心で、自分にしか興味がない人は、トラブル等で第三者として中立的な立場に立つことを避けやすく、自分の利益になること以外は興味を示しません。

どんな面倒なトラブルであっても、中立的な立場で第三者として話を聞けるニュートラルな人は、自分だけの利益を守るような人間ではないことも、ここから分かる事実の1つです。

 

人の好き嫌いが緩やか

人の好き嫌いが緩やかなニュートラルな人は、どんなタイプでも無難に対応することができるので、自分の得意なタイプだけを優遇するようなことにはならず、相手の良い部分をきちんと理解しようとできる人です。

人の好き嫌いが激しい人の心理には、「相手をコントロールしたい」欲求が隠れていて、自分がコントロールできないタイプは嫌う一方で、コントロールできるタイプとの相性が非常に良いとされています。

故に好き嫌いが激しい人は、第一印象ですぐに関係を諦めてしまったり、浅く深くの関係が好きである傾向が強くなります。

逆にニュートラルな人は、こうした欲求がそれほど強くなったり、どんなタイプでも上手に合わせることが得意であるため、浅く広くの関係が得意な人であるとも言えそうです。

 

客観視できる

客観視とは、周りの意見や視点で物事を判断することであり、自分を客観視できるニュートラルな人は、色々な角度から自分の評価を受け入れることができますし、またはその場の感情に身をまかせることのない、冷静さが生まれます。

ニュートラルな人ほど聞き上手であったり、視野を広く持てるのは客観視できることが関係しており、色々な角度から物事を見れる能力があるからこそ、自分の思い込みや感情で贔屓することもなく、中立的な立場に立てるわけです。

さらに客観視できることで、誤解からの間違いやミスが減ったり、洞察力がつくことも分かっていて、「この人はこうだから、これはきっと〇〇さんが悪いのだろう」と決めつけないことで、勘違いから起きるトラブルを避けることができます。

洞察力に関しては、周りの人間や自分まできちんと観察することで、良い部分を見つけてあげることができたり、相手に関心を持つことができるのも、ニュートラルな人が持つ魅力です。

 

寛容な対応ができる

寛容とは、ミスや失敗を攻めることなく理解することができ、誰にでも優しくできる心を持つ人のことを指し、寛容な人になるためには相手の立場となって物事を考えることが必要です。

ニュートラルな人は誰にでも優しくできたり、ミスに寛容であるからこそ一方の立場の肩のみを持つのではなく、ミスした側にもしっかりと理解を示し、ミスした相手の気持ちを知ろうとします。

こうした姿勢は、見捨てないことにも繋がると考えられ、大きなミスをしても決して見捨てようとはせずに、相手の気持ちとやる気をしっかりと受け止めようとできる人は、心が広いと賞賛されることも珍しくありません。

寛容な対応をするためには、ストレスばかりの生活では難しくなってしまうため、常に余裕のある私生活を心がけることが必須となります。

 

気持ちの波が緩い

感情的になってしまう人は、その場の感情に身を任せて不適切な判断をとったり、中立的な立場に立てない人でありますが、ニュートラルな人は気持ちの波が緩いことから、常に冷静な判断を可能とします。

感情的な人とはどのような人かを想像してみると、話を聞くことなく自分の意見を一方的に押し付ける人や、心に余裕がなく見えてるものでしか判断できない人であるはずです。

第三者的な立場で物事を判断するはずが、その場の感情で答えが左右されてばかりの人がいたとすれば、その人は到底信頼できる人ではありませんし、公平な判断ができない人となることが、最も分かりやすい例となります。

 

経験豊富で正しい知識がある

中立的な立場で物事を判断したり、双方にとって不満のない答えを出すことは、人生経験や正しい知識が必要であり、どちらにとっても納得できるような答えを示す必要が出てきます。

あなたがニュートラルな人であると評価されるのは、もしかすると凄く知的に見えたり、人生経験が豊富であるからこそ、常に中立的で公平な立場を示すことができているのかもしれません。

権力者や頼りになる人ほど、犬猿の仲の二人の間に入ることで、平和にトラブルを回避する能力に長けたりしていることも、豊富な人生経験と正しい知識が導き出す、レベルの高さが要因となっています。

 

メリット/デメリット

メリット①尊敬されたり信頼される

損得勘定で行動に走らなかったり、どんな人でもきちんと対応できるニュートラルな人は、尊敬されたり信頼されやすく、相手からすれば「この人は決して裏切らない人である」との安心感や、「自分のにとって敵となる存在ではない」と思われやすいことは、間違いなくメリットです。

他にも、気持ちの波が緩いことで冷静であったり、寛容な対応ができることも尊敬されるポイントで、どんな人にも優しくできたり、過失をとがめるようなことのない姿勢は、部下であれば理想の上司となることでしょう。

尊敬されたり信頼されることは、相手から好意的に思われることであったり、自分に自信を持つことができる、誠実な自分を貫き通せるなどの、ポジティブな循環が生まれやすいので、ニュートラルな人ほど内面が磨かれやすい好循環を生みやすいです。

 

メリット②トラブルが起きにくい

中立的な立場となることは、トラブル回避だけにとどまることなく、双方の不満や不安を聞き出せる貴重な存在として、多くの人から頼りにされる自分を作り出します。

当たり前ですが、えこひいきばかりする人と比べてみると、トラブルになりにくいことに加えて、恨みや嫌悪感を抱かれにくいのも、ニュートラルになることで得れるメリットと言えます。

「この人だけは恨めないな…」とか、「この人ならつい許してしまう…」と評価される人がいますが、ニュートラルな人はこれにも当てはまる、立派な性格の持ち主です。

 

デメリット①裏切りや利用されやすい

ニュートラルでいることは、時として裏切りや利用されるターゲットともされやすく、中立的でいることは都合が悪い側からすれば、利用するにはもってこいの人物像です。

公平な立場でいることは、本人にとっては辛い立場であることも多々ありますが、恩を仇で返すような人物であった場合、あなたの善意が簡単に裏切られ、こうした経験がニュートラルな自分を遠ざけることも。

人の好き嫌いが緩やかなニュートラルな人だけに、本来であれば嫌われやすい性格の人を受け入れてしまうことで、辛い出来事へと繋がることは十分に考えられるデメリットです。

 

デメリット②振り回されやすい

中立的な立場でい続けることは、双方の愚痴や言い合いの間に挟まれる形となりやすく、自分勝手で自己中心な相手であった場合には、振り回されることで大きなストレスを溜めやすいです。

社会人ともなれば誰しもが自分の自由な時間を欲し、他人よりも自分の時間を優先したい気持ちが大きくなりますが、ニュートラルであることが原因で、休日が台無しとなることも。

えこひいきする人は、こうした自分にとって敵となる存在を排除し、味方となる存在を優遇する人であるため、振り回されにくいのはえこひいきする人であることも、ついでに覚えておきましょう。

 

嫌味でないことは確かである

いかがだったでしょうか。

ニュートラルな人とは良い意味で捉えるべきで、簡単になれるような人物ではないことが分かったかと思います。

基本的に人は面倒を避ける傾向にあり、中立的な立場となることは、様々な支障が発生するかもしれないとの想像となるため、多くの人が中途半端に中立的な立場に立つことを避けます。

それもそのはずで、中途半端に中立的な立場となったところで、途中で投げ出してしまうことがほとんどでありますから、ニュートラルな人でい続けることは、苦労やストレスを感じることも多くなるはずです。

だからこそ、数少ないニュートラルな人は個性的で魅力溢れ、多くの人から尊敬されたり、信頼される人物として認められることも多くなるのです。

もしもニュートラルと評価された時には、自分の個性を伸ばしていく方向で考えていくと、あなた独特の個性や魅力が育っていくのではないでしょうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP