コーヒー嫌いで苦手な人の心理|苦労や対処法15選

「コーヒーが苦手…」と嘆く人は案外多く、コーヒーに対して強い嫌悪感を覚える人もいれば、コーヒーが優遇されることに腹を立てる人もいます。

そうした人の心理状況を丸裸にしていくことで、ここではコーヒー嫌いになった原因を追求していき、そこから効果的な対処法を導き出していきましょう。

この1ページさえ読めば、コーヒー嫌いで生きづらい世の中をガラリと変えることができるはずです。

コーヒー嫌いな人の心理


匂いが苦手

コーヒ好きな人にとっては、匂いこそが素晴らしいと述べる人もいるほどですが、嫌いな人からすれば匂いは地獄そのもので、匂いだけでも吐き気がしたり、食欲が失せるなど、様々な症状を起こす人もいます。

コーヒー嫌いな人からすれば、コーヒーをがぶ飲みする人は口臭が受け付けない人であることも多く、会話をするだけでも吐き気がするほど、匂いを受け付けない人もいます。

特に女性は匂いに敏感で、苦手な匂いともなれば体が様々な反応を起こしやすい傾向もあるため、コーヒーの匂いが苦手という人は、女性に多い意見であるとの考えができます。

香水や柔軟剤でも同じく、匂いに関して苦しむことが多いのは、圧倒的に女性に多く、コーヒーはその代表格と言えるでしょう。

 

独特な苦味が無理

コーヒーには酸味がつきもので、本来であればこの酸味こそがコーヒーの特徴でもあり、旨味でもあるはずが、受け入れられない人も世の中にはたくさんいます。

酸味が苦手な人にとっては、「変な味がする」と感じたり、「酸っぱい」と感じることもあるなど、豆の種類によって様々な意見が聞かれます。

コーヒー好きな人の中にも、酸味が強いものは苦手であったり、ミルクと砂糖は必須であるという人も多くいるため、コーヒー自体が飲めない人が酸味が苦手なことは、何も不思議なことではありません。

むしろ、好きな人でも苦手な人もいるほど、コーヒーの世界というのは様々な味が存在するものです。

 

お腹が下る

お腹をよく下す人にとっては、下痢の原因となるのがコーヒーであり、コーヒーを飲むだけでも必ずトイレに行くことに加えて、胃が痛くなるなど症状が見られる人もいます。

便秘には良いという考え方もできる一方で、やはり朝からお腹を壊すことは仕事に様々な悪影響を及ぼしますし、電車では我慢する必要が出てくることも、コーヒーでお腹を下す人がよく口にする意見です。

また、コーヒーが起こす下痢は、トイレで簡単に済ませるようなものでもなく、スッキリするのに時間がかかってしまうことも、コーヒーが苦手になる理由の1つです。

体質的に合わない人にっては、コーヒーが飲めても好きになれない人も多いです。

 

ブラックコーヒーが苦手

匂いや味、お腹は大丈夫であっても、「ブラックコーヒーだけはどうも苦手だ…」という人もいて、こうした人はミルクと砂糖があれば飲めるものの、ブラックコーヒーを楽しむことができない人です。

こちらに関しては、生きづらさを感じることもほとんどなく、コーヒー嫌いである苦労を感じることも少ないため、そこまでの生きづらさを感じることはありません。

 

コーヒー嫌いになる原因


対人によるもの

まず考えられるのは、「コーヒーから放たれる口臭」であり、おじさんの口臭がコーヒー臭くて吐き気を感じたり、今でもその臭いを覚えている人も多くいることでしょう。

特にタバコとコーヒーの臭いは非常に強烈なものがあり、タバコとコーヒーをセットで楽しむ風潮が残っていることが、小さな頃から今に至るまで、世の中のほとんどの人がコーヒーとタバコの強烈な臭いを経験する原因となります。

これに関しては、コーヒー好きな人であっても忘れることができないほどの、気持ち悪さを感じている人も多く、他人の評価を過剰に気にする人にとっては、特に気にすべき部分となります。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP