コーヒー嫌いで苦手な人の心理|苦労や対処法15選

「コーヒーが苦手…」と嘆く人は案外多く、コーヒーに対して強い嫌悪感を覚える人もいれば、コーヒーが優遇されることに腹を立てる人もいます。

そうした人の心理状況を丸裸にしていくことで、ここではコーヒー嫌いになった原因を追求していき、そこから効果的な対処法を導き出していきましょう。

この1ページさえ読めば、コーヒー嫌いで生きづらい世の中をガラリと変えることができるはずです。

コーヒー嫌いな人の心理


匂いが苦手

コーヒ好きな人にとっては、匂いこそが素晴らしいと述べる人もいるほどですが、嫌いな人からすれば匂いは地獄そのもので、匂いだけでも吐き気がしたり、食欲が失せるなど、様々な症状を起こす人もいます。

コーヒー嫌いな人からすれば、コーヒーをがぶ飲みする人は口臭が受け付けない人であることも多く、会話をするだけでも吐き気がするほど、匂いを受け付けない人もいます。

特に女性は匂いに敏感で、苦手な匂いともなれば体が様々な反応を起こしやすい傾向もあるため、コーヒーの匂いが苦手という人は、女性に多い意見であるとの考えができます。

香水や柔軟剤でも同じく、匂いに関して苦しむことが多いのは、圧倒的に女性に多く、コーヒーはその代表格と言えるでしょう。

 

独特な苦味が無理

コーヒーには酸味がつきもので、本来であればこの酸味こそがコーヒーの特徴でもあり、旨味でもあるはずが、受け入れられない人も世の中にはたくさんいます。

酸味が苦手な人にとっては、「変な味がする」と感じたり、「酸っぱい」と感じることもあるなど、豆の種類によって様々な意見が聞かれます。

コーヒー好きな人の中にも、酸味が強いものは苦手であったり、ミルクと砂糖は必須であるという人も多くいるため、コーヒー自体が飲めない人が酸味が苦手なことは、何も不思議なことではありません。

むしろ、好きな人でも苦手な人もいるほど、コーヒーの世界というのは様々な味が存在するものです。

 

お腹が下る

お腹をよく下す人にとっては、下痢の原因となるのがコーヒーであり、コーヒーを飲むだけでも必ずトイレに行くことに加えて、胃が痛くなるなど症状が見られる人もいます。

便秘には良いという考え方もできる一方で、やはり朝からお腹を壊すことは仕事に様々な悪影響を及ぼしますし、電車では我慢する必要が出てくることも、コーヒーでお腹を下す人がよく口にする意見です。

また、コーヒーが起こす下痢は、トイレで簡単に済ませるようなものでもなく、スッキリするのに時間がかかってしまうことも、コーヒーが苦手になる理由の1つです。

体質的に合わない人にっては、コーヒーが飲めても好きになれない人も多いです。

 

ブラックコーヒーが苦手

匂いや味、お腹は大丈夫であっても、「ブラックコーヒーだけはどうも苦手だ…」という人もいて、こうした人はミルクと砂糖があれば飲めるものの、ブラックコーヒーを楽しむことができない人です。

こちらに関しては、生きづらさを感じることもほとんどなく、コーヒー嫌いである苦労を感じることも少ないため、そこまでの生きづらさを感じることはありません。

 

コーヒー嫌いになる原因


対人によるもの

まず考えられるのは、「コーヒーから放たれる口臭」であり、おじさんの口臭がコーヒー臭くて吐き気を感じたり、今でもその臭いを覚えている人も多くいることでしょう。

特にタバコとコーヒーの臭いは非常に強烈なものがあり、タバコとコーヒーをセットで楽しむ風潮が残っていることが、小さな頃から今に至るまで、世の中のほとんどの人がコーヒーとタバコの強烈な臭いを経験する原因となります。

これに関しては、コーヒー好きな人であっても忘れることができないほどの、気持ち悪さを感じている人も多く、他人の評価を過剰に気にする人にとっては、特に気にすべき部分となります。

昔に経験したコーヒー+タバコの臭いが原因で、今でもコーヒーに対してポジティブなイメージを持てない人は、苦手意識がつきやすいです。

 

カフェインによるもの

カフェインに対してネガティブなイメージを持つ人や、そもそもカフェインに弱い体の人もいて、カフェイン耐性が低い人はコーヒーを飲むことができず、そのことを周囲に理解されません。

理由は簡単で、日本人はカフェイン耐性が強いと言われており、そもそも弱い人が少ないという認知であることから、こうした苦労を理解してもらうことを困難とします。

また、カフェイン耐性ができてしまったことが原因で、コーヒーを飲まない選択をする人もいて、こうした人はカフェイン中毒やコーヒー中毒を恐れる気持ちが大きい人です。

カフェイン感受性が高い人は、不眠や頭痛の症状が頻繁に見られることが分かっているので、こうした人にとっては、コーヒーとの相性は抜群に悪いことも覚えておきましょう。

 

コーヒー嫌いな人の苦労


人付き合いに必須

コーヒーは人付き合いには必須のアイテムであるため、仕事の訪問先ではいつもコーヒーを出されたり、友人の家でもコーヒーを出されるなど、招く際にはコーヒーを用意するという風潮は、日本に根強く残っています。

仕事先の営業であれば、コーヒーを出された以上は飲まないといけない気持ちも強いですし、無理をしてまでも最後まで飲みきる必要も出てくるため、我慢してでも全て飲みきることが、さらにコーヒーに対して嫌悪感を強めます。

さらに、ニコニコと好印象を残す必要もあることから、どれだけ苦味を感じていても、平気なふりをしてコーヒーを飲み進めることが、仕事を辞めるきっかけとなる人もいるほどです。

これを知ったコーヒー好きなあなたは、できるだけ飲めるか飲めないかを確かめてあげると、コーヒー嫌いな人を助ける一言となるはずです。

 

公共の場でも我慢

電車やエレベーターの中など、公共の場でコーヒーを飲むことはマナー違反ではないために、コーヒー嫌いな人にとっては我慢するのが当然で、嫌だと言い出すことはわがままと思われる原因そのものです。

匂いが苦手な人からすれば、隣に座った人がコーヒーを飲んでいるだけでも最低の時間となり、嫌な一日に終わってしまうことも珍しくありません。

コーヒー嫌いな人の場合、お酒嫌いな人とは違って、周りはマナー違反であるとの認識を示さないために、電車に座れる場合であろうが、自ら違う席を探す必要が出てくるのです。

これがもし、後から隣に座ってきた人がコーヒー臭い人だとすれば…?それは間違いなく、コーヒー嫌いな人にとって苦労となること間違いなしです。

 

申し訳ない気持ち

友人の家に行っても出されて断ることがあったり、お店でコーヒーを頼まれた後に飲めないことを説明することは、何かとコーヒー嫌いな人を申し訳ない気持ちにさせる瞬間で、生きづらさを感じる瞬間ともなります。

コーヒーが苦手であることを批判する人は少ないものの、相手が善意でコーヒーを出してくれたことに対して、断ることは罪悪感が生まれます。

他にも、コーヒーが苦手なことを知る人が、「コーヒーダメだから違うの作るね」と、何かと気遣ってもらえることも、コーヒー嫌いな人に生きづらさを感じさせ、申し訳ないと思わせる瞬間です。

特に気を使う性格の人は、こうしたことで気疲れが絶えず、人付き合いが嫌いになることも十分に考えられます。

 

お子ちゃま等の言葉

コーヒーを飲めないことに対して、「お子ちゃまだね〜」と冗談交じりに言われたり、「人生もったいない」と言われることは、何かとイラッとしてしまったり、余計なお世話であると思わせる瞬間です。

プライドが高い人からすれば、見下されたと感じることでストレスを溜めたり、人づきあいを難しくしてしまうことも、しばし見られます。

コーヒーは大人の嗜みであることは確かにそうですが、それを理由に相手を挑発するような言葉は、コーヒー嫌いな人を生きづらくさせてしまうことも。

 

効果的な対処法


自分の為に断る捉え方

日本人は特に、自分の意見を口にすることが悪であるという風潮がある為、コーヒーを断ることや嫌いであることを口に出しにくい国民性を持ちますが、ここに対する意識をまずはガラリと変えていきましょう。

その為にも、「断れないと自分を苦しめる」ことを理解し、コーヒーを断ることができない自分でい続けることは、今後一生あなたを苦しめる原因となることに加えて、あなた自身を守ることができないことを、理解していきましょう。

今後、あなたを利用しようとする人と出会うこともあると想定すれば、自分自身を守る為にも、今から嫌なことは断る癖をつけておけば、今後あなたを苦しめる様々なものから回避することができます。

もう1つは、「断る=相手を否定するわけでない」ことを理解し、「コーヒーを作ってくれたのに断ることは、相手に失礼である」という思い込みは、あなたを苦しめることになります。

そうではなく、「相手を否定しているわけではない」ことを理解し、きちんと事前に断ることさえできれば、今後コーヒーに対する思いであなたのエネルギーを無駄にすることさえも無くなるはずです。

コーヒーが苦手で嫌いであれば、自分の為に断ることをきちんと理解し、断ること=悪であるという認識をまずは変えていきましょう。

 

嫌われることを恐れない

コーヒー嫌いなことを言い出せなかったり、苦手なことを口にできないのは、「相手に嫌われてくない」心理が潜んでいる証拠で、嫌なことを口にすれば自分は嫌われるかもしれないという不安が、我慢する選択へと導きます。

ここで重要なのは、「コーヒー嫌いなだけであなたを嫌いになる人」に対して、「あなたは心の底か仲良くしたいのかどうか?」であり、そのようなちっぽけな理由で嫌われるのであれば、いっそのこと嫌われてしまった方が、今後の付き合いが楽になるかもしれません。

本当にあなたを好意的に思っている人であれば、そのようなちっぽけなことで嫌いになることはあり得ませんし、あなたが苦手なことを教えることも、人間関係を良好にする秘訣の1つです。

コーヒー嫌いや苦手なことを伝えるのは、自分がどういう人間かを相手に伝えることですから、積極的な自己開示は、やがて好意の返報性へと形を変えて、二人の距離を良い方向へと縮めていくはずです。

 

酸味を抑える

コーヒーの嫌な味の原因は、酸味が強いことにあるため、酸味が弱いコーヒー豆を選ぶことで、コーヒー嫌いを克服できる人も出てくるはずです。

こちらはコーヒーを飲めるようになりたい人の対処法であり、コーヒー豆を非常に飲みやすいものを選んでいくと、やがてコーヒーが苦手である意識も薄れていくことでしょう。

この為には、酸味が弱いコーヒーを扱うお店を知ることから始める必要があり、様々なコーヒー点に電話で聞いてみるのか、または市販されている酸味の強いコーヒーを購入しましょう。

匂いが苦手という人も、コーヒー豆によって微妙に異なる匂いをするので、自分にとって大丈夫なコーヒー豆を探し出す、良い機会にもなります。

 

感謝の気持ちを述べる

コーヒーが飲めなくてどうしても断る必要がある場合には、必ず感謝の気持ちを伝えることをセットにすれば、相手もそれほど嫌な気持ちにはなりません。

コーヒーを用意してくれたという相手の行為に対して、「作ってくれてありがとう」と一言加えるだけでも、相手は無駄ではなかったと感じることや、コーヒー嫌いなあなたを苦しめなかったと思えるようになります。

営業先でも同じく、コーヒーがどうしても飲めない状況にある時には、「作ってもらったのに申し訳ないのですが…」という尊敬を込めて、「飲めないけれど作ってくれてありがとうございます」という形で、相手に伝えましょう。

嫌われない断り方にはコツがあって、まずは尊敬の意を込めて丁寧に断り、感謝の気持ちを述べた後に、代替案を提示することができれば、より完璧に近い断り方となります。

 

飲めるようになりたい人も多い


コーヒー嫌いで苦手な人の中にも、「本当は飲みたいのに飲めない…」との本音を持つ人もたくさんいて、飲めるのであれば便利な世の中こそが、今の日本です。

コーヒーが優遇されすぎな一面を感じる今の社会では、誰もがコーヒーは飲めた方がいいと思いますし、飲めないことを苦痛に感じることでしょう。

だからこそ、コーヒーが飲めない人に対して共感してあげるのも優しさで、飲めないことを冗談交じりにいじらないことは、相手を傷つける心配がなくなります。

冗談も言えない世の中は苦痛ですが、コーヒーが飲めないことに劣等感を感じ、触れて欲しくない気持ちを持つ人がいることも、まぎれも無い事実なのです。

関連記事:食事が嫌い!めんどくさい心理と共感できる理由とは?

関連記事:お風呂がめんどくさい心理〜眠い時などの対策|改善方法も

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP