野球部の性格傾向とは?恋愛ではモテる秘密の理由20選

「野球部って性格悪いよな!」と陰口を言う人もいれば、「野球部って礼儀正しくて素敵!」と高く評価する人もいますが、どのような性格が多いとあなたは感じるでしょうか。

実は野球部には素晴らしい一面も見られる一方で、悪い一面も見られることが多く、賛否両論となりやすいことが特徴的です。

さらに恋愛ではモテる理由を説明することで、「なぜ野球部はちやほやされるのか?」の理由が、はっきりと分かることでしょう。

野球部の性格傾向11選


上下関係に厳しい

野球部は特に上下関係が厳しいスポーツで有名であるため、まず野球部に所属すると上下関係をきちんとすることから学び、先輩にはきちんとした態度で接することが、野球部では当たり前です。

特に高校野球ともなれば、先輩が絶対であるかのような学校もまだまだ多く、監督が一番で先輩が二番目といったように、縦社会の中で結束力を高めていくのが野球の伝統的な風潮です。

上下関係をはっきりさせたり、気にする人の性格面でのメリットは「先輩に好かれやすい」ことにあり、権力者や先輩に好かれる方法を野球を通じて学ぶことで、大人になっても上手に社会を渡れたり、先輩に可愛がられる人が野球部には多いです。

また、上下関係をはっきりとさせることは、年齢関係なしに能力のある人はきちんと認めることができたり、尊敬することができる人でもあるため、先輩に対して尊敬する部分を持っていたり、憧れを抱きやすいのも野球部の性格傾向となります。

 

敬語をきちんと使える

少年野球から大人の野球まで、どの世代でも共通することは「敬語を学ばせる」ことであり、監督や先輩に対して敬語を使うのは当然のこと、保護者や初対面の人にも敬語をきちんと使える人が多いのも、野球部の性格傾向です。

これは運動部では当たり前のことですが、監督やコーチに向かって「うん」なんて返事をすると、雷を落とされてしまいます。

野球はスポーツの一環であるため、体を鍛える上でマナーをきちんと学ぶことも重要視されていて、野球部は必ず敬語を使うことができますし、敬語を使うべき場面もきちんと理解できています。

 

挨拶に厳しい

挨拶に厳しいのは野球部あるあるの1つで、保護者が応援に来ると挨拶をきちんとすることができたり、通りすがりにグラウンドを通っただけであっても、礼儀正しく挨拶できるのが野球部の魅力です。

さらに、ただ挨拶をするだけではなくて、元気よく大きな声で挨拶できることも野球部の性格傾向で、挨拶に対して恥ずかしいという思いを抱く人は少ないです。

もちろん、恥ずかしがり屋な性格であったり、引っ込み思案な性格の場合は、声も小さくなりがちですが、それでも勇気を出して挨拶することができるのが、野球部であることのメリットであり、人間力を育てる証拠です。

 

集団行動が得意

野球は個人技ではなく、連携プレーや結束力が必要なスポーツであるため、野球に携わることで手段行動が得意となった結果、何かと集団行動で群れることが好きな性格となりやすいです。

公園で練習をするにも試合をするにも、野球をする上では必ず人数が必要となるので、気づけば集団行動となってしまうことが集団行動を得意な性格とさせ、一匹狼にはなりにくい傾向が見られます。

集団行動が得意は人の特徴としては、「相手に合わせることが得意である」「周りの空気を読むのが得意である」「集団の中でルールを守ることができる」など、様々な魅力が見られるので、野球部でも自己中心的で勝手な人は嫌われるはずです。

世の中には集団行動が苦手で、学校や会社で苦痛な思いをする人もたくさんいるので、こうした苦痛を味わいにくいのも野球部の特徴です。

 

社交的な人が多い

社交的とは「人と人との付き合い」のことであり、上記では野球部は上下関係をきちんとさせたり、手段行動が得意であると述べましたが、これらは社交的であるからこそできる行動であります。

例えば、他の地域の野球部と仲良くすることができたり、顔見知りであれば積極的に話しかけることができるのは、社交的な性格だからこそ仲良くできるのであって、社交性がない人は臆病で話しかけることはできません。

一方で、誰にでも比較的話すことができやすい野球部は、付き合いが派手で遊び人であるなどと思われやすいデメリットも存在するので、よく野球部ほどチャラい人や遊び人が多いと言われるのは、こうした原因が隠れています。

 

遊ぶことでストレス発散

野球部のストレス発散方法といえば、外で遊ぶことでストレスを発散することにあり、多くの野球部は家に引きこもることでストレスを発散するというよりは、外に出て体を動かすことこそがストレス発散だという考えをします。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP