野球部の性格傾向とは?恋愛ではモテる秘密の理由20選

「野球部って性格悪いよな!」と陰口を言う人もいれば、「野球部って礼儀正しくて素敵!」と高く評価する人もいますが、どのような性格が多いとあなたは感じるでしょうか。

実は野球部には素晴らしい一面も見られる一方で、悪い一面も見られることが多く、賛否両論となりやすいことが特徴的です。

さらに恋愛ではモテる理由を説明することで、「なぜ野球部はちやほやされるのか?」の理由が、はっきりと分かることでしょう。

野球部の性格傾向11選


上下関係に厳しい

野球部は特に上下関係が厳しいスポーツで有名であるため、まず野球部に所属すると上下関係をきちんとすることから学び、先輩にはきちんとした態度で接することが、野球部では当たり前です。

特に高校野球ともなれば、先輩が絶対であるかのような学校もまだまだ多く、監督が一番で先輩が二番目といったように、縦社会の中で結束力を高めていくのが野球の伝統的な風潮です。

上下関係をはっきりさせたり、気にする人の性格面でのメリットは「先輩に好かれやすい」ことにあり、権力者や先輩に好かれる方法を野球を通じて学ぶことで、大人になっても上手に社会を渡れたり、先輩に可愛がられる人が野球部には多いです。

また、上下関係をはっきりとさせることは、年齢関係なしに能力のある人はきちんと認めることができたり、尊敬することができる人でもあるため、先輩に対して尊敬する部分を持っていたり、憧れを抱きやすいのも野球部の性格傾向となります。

 

敬語をきちんと使える

少年野球から大人の野球まで、どの世代でも共通することは「敬語を学ばせる」ことであり、監督や先輩に対して敬語を使うのは当然のこと、保護者や初対面の人にも敬語をきちんと使える人が多いのも、野球部の性格傾向です。

これは運動部では当たり前のことですが、監督やコーチに向かって「うん」なんて返事をすると、雷を落とされてしまいます。

野球はスポーツの一環であるため、体を鍛える上でマナーをきちんと学ぶことも重要視されていて、野球部は必ず敬語を使うことができますし、敬語を使うべき場面もきちんと理解できています。

 

挨拶に厳しい

挨拶に厳しいのは野球部あるあるの1つで、保護者が応援に来ると挨拶をきちんとすることができたり、通りすがりにグラウンドを通っただけであっても、礼儀正しく挨拶できるのが野球部の魅力です。

さらに、ただ挨拶をするだけではなくて、元気よく大きな声で挨拶できることも野球部の性格傾向で、挨拶に対して恥ずかしいという思いを抱く人は少ないです。

もちろん、恥ずかしがり屋な性格であったり、引っ込み思案な性格の場合は、声も小さくなりがちですが、それでも勇気を出して挨拶することができるのが、野球部であることのメリットであり、人間力を育てる証拠です。

 

集団行動が得意

野球は個人技ではなく、連携プレーや結束力が必要なスポーツであるため、野球に携わることで手段行動が得意となった結果、何かと集団行動で群れることが好きな性格となりやすいです。

公園で練習をするにも試合をするにも、野球をする上では必ず人数が必要となるので、気づけば集団行動となってしまうことが集団行動を得意な性格とさせ、一匹狼にはなりにくい傾向が見られます。

集団行動が得意は人の特徴としては、「相手に合わせることが得意である」「周りの空気を読むのが得意である」「集団の中でルールを守ることができる」など、様々な魅力が見られるので、野球部でも自己中心的で勝手な人は嫌われるはずです。

世の中には集団行動が苦手で、学校や会社で苦痛な思いをする人もたくさんいるので、こうした苦痛を味わいにくいのも野球部の特徴です。

 

社交的な人が多い

社交的とは「人と人との付き合い」のことであり、上記では野球部は上下関係をきちんとさせたり、手段行動が得意であると述べましたが、これらは社交的であるからこそできる行動であります。

例えば、他の地域の野球部と仲良くすることができたり、顔見知りであれば積極的に話しかけることができるのは、社交的な性格だからこそ仲良くできるのであって、社交性がない人は臆病で話しかけることはできません。

一方で、誰にでも比較的話すことができやすい野球部は、付き合いが派手で遊び人であるなどと思われやすいデメリットも存在するので、よく野球部ほどチャラい人や遊び人が多いと言われるのは、こうした原因が隠れています。

 

遊ぶことでストレス発散

野球部のストレス発散方法といえば、外で遊ぶことでストレスを発散することにあり、多くの野球部は家に引きこもることでストレスを発散するというよりは、外に出て体を動かすことこそがストレス発散だという考えをします。

例外として、ゲームを家でたくさんする人の場合は、遊びよりもゲームを優先することになってしまいがちですが、同じゲーム好きでも外での運動を選択しやすいのは、野球部であることに間違いありません。

野球部であるあなたは、おそらく小さな頃から公園で様々なスポーツをしたり、壁当て等で普段のストレスを発散していたのではないでしょうか。

 

聞くより話すが好き

野球部は大人しく人の話を聞くよりかは、自分の話を相手に伝えることが好きである人が多く、きちんと自分の情報を相手に伝えることができる能力は、他の野球部と仲良くなれる秘訣ともなります。

話すことが好きな野球部は、何かと相手を笑かせることが得意であったり、男性特有の下ネタで盛り上がれるなど、その場を盛り上げたり話を繋げることがとても上手です。

一方で、自分の話ばかりをしてしまう人も稀に見られるこのタイプは、相手の話を聞く前に自分の意見を口にしてしまう傾向にあるので、しっかりと相手の話を聞くこともできれば、より魅力的になれることでしょう。

 

忍耐強さを持っている

真夏であっても厳しい練習に堪えることができたり、積極的に練習に参加できる野球部は、やがて忍耐強さを手に入れることができ、自分に対して大きな自信を持つことができることも。

忍耐力が強い人とは、厳しい練習に逃げることなく続けることができたり、高い目標を持って練習に取り組むことができる人であるため、どちらかといえば強豪校に推薦入門を果たした、高校球児に多いと言えます。

辛いことがあっても常に前を向き続け、後ろは決して見ない高校球児は、様々な苦労を乗り越えてきたからこそ、最後の夏に大勢の高校球児が涙を流すことに繋がります。

 

熱血タイプが多い

熱血タイプとは、「涙もろくて仲間思いな人」のことであり、仲間がピンチの時には優しい声をかけることができたり、負けた悔しい試合で涙を見せることができるのは、野球部に熱血タイプが多いことを証明しています。

熱血タイプの性格は、自分がこういう方向に進むと決めると後ろは振り向かず、一気にぐっと成長するタイプである反面、そうした方向性が定まらなかったり見つからない時には、腐ってしまう欠点も見られます。

「仲間がピンチの時には助け合う」精神を持つ野球部は、人情味が暖かい人として評価されることもしばしば。

 

負けず嫌いで勝ちにこだわる

負けず嫌いで勝ちにこだわる野球部は、スポーツに限らずじゃんけんであったり、トランプゲームやテレビゲームにすら勝つことにこだわり、基本的に負けることは好きではありません。

負けず嫌いだからこそ、負けを認めずに再選を何度も申し込んでしまったり、1つの勝負事に熱中することができます。

このデメリットとしては、ムキになることで怒ってしまう人が出てくることで、温厚な人であると思われるためにも、野球以外での勝負事にはあまり感情をむき出しにしないことが、とても重要となります。

 

お祭りなどの派手なイベントが好き

お祭りなどの派手なイベントに必ず参加することも、野球部に多い性格面での特徴であり、何かと皆んなでワイワイと行事を楽しめる性格は、人生を楽しくさせます。

地元の祭りであったり、花火大会であるなど、大きなイベントに積極的に参加できることは、異性と出会えるチャンスともなるのです。

故に、こうしたイベントにデートに出かけた結果が、交際のきっかけとなった野球部も多いことでしょう。

 

野球部の恋愛傾向4選


見た目にこだわる

野球部は好きになる人の見た目にこだわりやすく、周りが認めてくれるような可愛い子を好きになったり、横にいるだけで自慢できるような美人を好きになりやすいです。

理由は簡単で、プライドが高い男は評価が高い女性を横につけることで、自分が有能であることをアピールしたい気持ちが強く、部員や仲間意識が強い野球部ほど、周りの目を気にしやすいからです。

もともと野球部はモテやすいこともあって、周りが評価の高い女性と付き合いやすい環境もあってか、自分が負けたことを認めることにもなってしまう、ブサイクな人との交際はあまり好まない環境を作りやすいのです。

故に、面食いや高嶺の花ばかりに望んでしまうのも、野球部の恋愛傾向と言えるでしょう。

 

運動部が好き

あまり見た目にこだわらない人であっても、同じ運動部が好きだという人が多く、トレーニングや激しい練習を繰り返す運動部同士は、辛いことや嬉しいことを分かち合いやすいので、何かと気が合うことが多くなります。

人は共通点が多い人ほど好感を持ちやすく、好きになりやすいことが分かっているので、運動部男子と運動部女子ほど共通点も多くなり、好きになりやすいのです。

また、自分が運動部であるからこそ文化部や帰宅部を見下し、バカにしてしまうことが運動部好きを多くするとも考えられるので、恋愛傾向の特徴として覚えておきましょう。

 

積極的にアピールする

野球部あるあるの1つに、女子が通ると急にやる気を出したり、大きな声を出す光景を見かけがちですが、野球部は異性に対して積極的にアピールすることができ、気になる異性が見ている試合ともなれば、人一倍やる気を出すのが野球部です。

また、積極的にアピールできるもう1つの理由に、野球部集団の中にいることでサポート役をつけやすいことも、自分の背中を押してくれることに繋がるので、積極性が生まれます。

恋愛傾向を細かく言えば、積極的な人ほど自己アピールが非常に上手であるため、相手の視線を感じると大きなパワーを発揮できたり、人一倍練習に精がでる人が多いです。

 

目移りしやすい

野球部はタイトルにもあるようにモテる人が多いため、魅力的な異性に目移りしやすく、相手からも積極的にアピールされることも多いので、無理に一人にこだわる必要もありません。

もちろん、野球部が浮気性であると言いたいわけではありませんが、一途な彼であっても目移りしてしまうほど、注目されやすいのが野球部の魅力です。

性格傾向でも述べましたが、お祭りなどの派手なイベントが好きな野球部は、こうした場でも多くの出会いが訪れることになるため、異性との連絡交換するチャンスも多くなります。

 

野球部がモテる秘密4選


自己アピールが上手

野球部が自己アピールが上手なことは間違いのない事実で、恋愛傾向でも述べたとおり、「女子が通ると急にやる気を出す」ことは、自分の存在を相手にアピールしている瞬間です。

自己アピールが上手な人は、自分の長所やできることをきちんと相手に伝えることができるため、異性に対して自分の魅力をきちんと伝えることができる人であります。

だからこそ、野球部はモテる人が多いと昔から言われやすく、女性の視線が集まるシーンでは力を発揮できる人が多いです。

 

ギャップ惚れしやすい

普段はふざけてバカなことを言い合うのが男というものですが、練習や試合になると普段の姿からは想像もつかないほどの、真剣な眼差しは大きなギャップ効果を生み出し、評価がうなぎのぼりに上がっていきます。

強面のヤンキーが笑顔を見せたり、優しい一面を見せることで「実は凄くいい人なんだ」と思うように、普段ふざけている野球部も「実は凄く真面目なんだ」と思われることで、その時に抱いたポジティブな感情が脳裏に焼きつくのです。

すると結果的に、「野球部の〇〇君は凄く魅力的だ!」と脳が判断することで、モテる人や恋愛には困らない野球部が多くなるというわけです。

 

異性に苦手意識が少ない

異性と会話することが苦手であったり、異性と話すことに恥ずかしさを覚えている人は、モテない人の特徴でもありますが、話すことが得意な野球部は異性への苦手意識が少なく、場慣れしている人が多いです。

恋愛でもそうですが、たくさんの恋を経験している人の方がモテたり、魅力的である人は多いですよね。

たとえ普通の顔であっても、異性に苦手意識が少ないことは会話を可能とするため、どんどんと距離が縮まっていくことで、恋に発展することもしばし見られます。

 

男らしさの意識が強い

運動部に共通することですが、男の運動部に所属する人は男らしさの意識が強く、「男としてのプライド」や「女々しいことが嫌いである」人が非常に多いです。

周りの野球部が女性に積極的にアピールできたり、気楽に話すことができる環境で居続けることは、「自分だって周りに負けてられない」と思わせる瞬間であり、周りに女々しい男だと思わせない行動に繋がります。

すると結果的に、異性への苦手意識が少なくなったり、気になる異性にアピールすることができるなど、モテる人の条件を満たしていくことになり、恋愛上手な野球部が多くなると考えられます。

 

野球部の魅力まとめ


野球部の性格を大きくまとめると、「社交的である」「外向的である」「礼儀や挨拶に厳しい」「上下関係を重んじる」の4つこそが、野球部に多い性格と言えます。

あくまで大きくまとめた場合でありますが、運動部でもある野球部は、異性から注目の的となりやすかったり、何かとちやほやされることも多い部活です。

だからこそ、他の部活から恨まれたり嫌われることも多くなりがちですが、これらは野球部が魅力的であるからこそ嫉妬しているのです。

中には、いじめっ子やヤンキーが所属していることもあるでしょうが、それはあくまで一部の人間であって、全ての野球部が最低であるなんてことはあり得ないことです。

関連記事:野球部が嫌い!うざい理由やクズと思う人の意見22選

関連記事:野球嫌いな人の心理〜つまらない理由/アンチの本音とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP