だんじりが嫌いな理由|迷惑な人の意見やアンチの心理14選

だんじりといえば岸和田だんじり祭が非常に有名で、大阪の泉州地区では一大イベントと呼ばれるほど多くの人が訪れます。

様々な観光客がだんじり祭を見にくるほど、多くの人にとっては魅力的に映るだんじり祭ですが、実はそのだんじりが心の底から嫌いな人がいて、むしろだんじり祭は迷惑であると発言をする人がいます。

この1ページでは主に、多くの人が知らないだんじり祭の闇や問題に触れていくことで、なぜだんじりが嫌われるのかの答えを導き出していきます。

だんじり嫌いな人の特徴


だんじり嫌いな人の特徴は、だんじりや青年団について詳しい人であると言え、泉州地区に住む人やだんじり祭が盛んな地域に住む人などが主な特徴です。

例えば、岸和田市に住んでいる人が全員だんじりが好きなのかと言えば、ある程度大人になると興味がなくなる人もたくさんいますし、子供の頃からだんじりが好きになれない人もたくさんいます。

こうした人たちが好きになれない理由は単純で、だんじりの闇や青年団の裏の顔を知ることができるからこそ、あまり好きになれないわけです。

もちろんだんじりに関わる人の多くは、嫌われるような性格の持ち主ではありませんが、一部が苦手なことによってだんじり嫌いな気持ちが強まっていくのです。

素晴らしい伝統と魅力のあるだんじり祭ですが、なぜ嫌われるのかを以下に述べていきます。

 

だんじり嫌いな人の意見


青年団が嫌い

だんじり祭が嫌いというよりかは、だんじり祭を仕切る青年団が嫌いとの声は多く聞かれ、青年団といっても全員が良い人なわけでもないですし、中には暴力的であったり怖い人もいます。

こうした人を一定層が恐れるのは当然のことで、むしろ攻撃的で権力を持つ人ほど青年団に入る確率が高いことは言うまでもありません。

他にも、地元出身の人は青年団の迷惑行為に悩まされた経験がある人もいるでしょうし、昔は夜遅くまで騒いでいた時期もあったので、こうした過去が青年団のイメージを悪くしているのでしょう。

また、元々はだんじりが大好きで青年団に入った人であっても、いじめや厳しすぎるルールを守れずに脱退した人もいて、青年団に対して良いイメージを持つことができない人もいます。

実は青年団内でも喧嘩や揉め事になるのは非常に多くて、何かと居心地が悪くて青年団を辞めてしまう人も多いことは、だんじり祭が抱える闇の1つです。

 

ヤンキーやDQNが嫌い

ヤンキーやDQNが嫌いな人にとっては、だんじり祭はそうした人たちが最も喜ぶイベントですし、また気合いを入れてはしゃぐことが多々あるため、だんじり自体を嫌いになってしまいがちです。

もちろん体育会系なども好きなイベントですが、特に調子に乗ることで目立ちやすいヤンキーやDQNといったタイプは、何かと注目を浴びやすい傾向にあります。

後もう1つは、青年団にそうした人々が集まりやすいこともあって、青年団はどちらかといえば勉強ができない人が多く、元ヤンキーばかりが集まる地域もあるなど、ヤンキーやDQNが嫌いな人にとっては良いイメージを持つことができません。

この本音を口に出すとすれば、「これだから陰キャは…」とバカにされそうなものですが、これもまただんじりを嫌いになる原因なのでしょう。

世の中には強面であったり、バカな人が嫌いな人もたくさんいるわけですから、こうした人が集まりやすいだんじり祭を好きになれない人がいて、アンチだんじりとなってしまうことは、仕方がないことだと言えそうです。

 

だんじり嫌い=隠キャ

だんじり祭が盛んな地域では、子供の頃からだんじりに参加することが普通であって、逆に参加しない人の方が珍しいと言われるくらいなので、だんじりに参加しなかった人は隠キャ扱いされたり、バカにされることも少なくありません。

「実際に陰キャが多いだろ?」と言われると、確かに大人しい人ほどだんじりに参加しない人が多いようにも思えますが、それだけで隠キャ扱いされたり、バカにされる側の気持ちからすれば、だんじりを好きになれないのも当然です。

だんじりが好きな人にとっては、「良い思い出が作れる最高のイベント」とか、「仲間たちと1日頑張れる幸せな時間」などと思える一方で、だんじり嫌いで参加しない人にとっては、「地獄の1日」なのです。

だからといってだんじり嫌いになるのはわがままだし、それは楽しめない本人の性格に問題があるとも言えそうですが、ヤンキー嫌いなどの苦手な要素が重なることで、どんどんとだんじりに嫌悪感を抱くことも。

実際に岸和田の学校では、だんじり嫌いな人ほど学校に馴染めなかったり、いじめにあっている人が多かったりします。

 

家族や恋人を困らせる

家族や恋人を困らせるのは、主に青年団に入る人であって、だんじりが盛んな地域ほど年がら年中祭りに縛られるため、祭りが終わった後も寄り合いと言う名の飲み会をすることは、家族や恋人を困らせてしまいます。

これは良く彼女が口にする意見で、「本当に付き合いがだるい」とか、「どれだけ飲み会するんだよ」と突っ込みたくなるほど、一年中寄り合いと言う名の飲み会をすることは、何かと大事な人を不愉快にさせます。

もちろんメリットもあって、新しい仲間がたくさん増えることや、先輩方に可愛がってもらえること、楽しい思い出ができるなど、悪い部分ばかりではないのは確かですが、これが一年中続くとなれば相手は嫌気をさし、別れる原因となることも。

逆を言えば、だんじりを心から愛している人の恋人や家族は、こうした行動への理解が必要となるのでしょうが、興味がない人からすればこれが非常に難しく、理解しがたい行動なのです。

 

集団でイキる人が多い

集団でイキる人が多いと感じる人がたくさんいることには、ある原因が隠れていて、その原因こそ「一人の時は大人しい人がいる」ことです。

こうした人であっても、なぜかだんじりの時期ともなれば集団に交わることでイキり出しますし、一人では何もできないような人でも、祭り好きの仲間に加わることで急に調子に乗る人がいます。

このタイプが嫌われやすいのは普通のことですし、「一人じゃ何もできないくせにイキって…」とライバル視する人が出てくることも、なんら不思議ではありません。

人は自分の中で上下をつけていて、自分よりも下の存在だと思う人が目立った行為や調子に乗ることに対して、不快感や嫌悪感を覚えてしまうものです。

だからこそ、だんじりの時期が近づくほどに集団でイキる人を見て、不快感を覚える人が増えてしまうことも、だんじり嫌いになる理由と考えるべきです。

 

祭りバカにもほどがある

祭りに命を賭けるほど愛することは、岸和田のだんじり祭では有名な話で、祭りで自らの命を落とす人が絶えず増え続けていることに対して、理解できないと頭を悩ませる人もだんじり嫌いな人の特徴です。

だんじり祭を心の底から愛している人は、だんじりが終わるとまた次の年のだんじり祭を考えるほど、年がら年中祭りのことばかりを考えていて、それが正しいと思いこむ人もいるほどです。

これが間違いだとは言いませんが、学校や勉強などをないがしろにして青年団を優先する人も珍しい光景ではなく、こうした人は何よりもだんじりを愛している人なのです。

一方で、だんじり嫌いな人はこうした人を理解できませんし、むしろ「他に趣味はないのか」と呆れる人もいるほど、青年団の活動が一年中盛んなことが嫌われる原因となることも。

こちらに限っては、特にだんじり嫌いな人に迷惑をかけているわけでもありませんが、よく耳にする意見の1つとして紹介しています。

 

子供に悪影響

子供に悪影響と考える親もいて、こうした親は偏見による子供への悪影響を考える人もいれば、青年団に入ることで悪影響を及ぼすと考える人に分かれます。

偏見を持っている親については、ヤンキーなどが嫌いであったり、自分が祭り嫌いだからこそ子供に避けて欲しく、好きになって欲しくない気持ちを持っているものと考えられます。

もう1つ、青年団に入ることの悪影響に関しては、青年団はメリットデメリットが大きく分かれやすい環境であって、例えば人付き合いや地域活動などに貢献できるのは、青年団であるメリットです。

一方でデメリットは、お酒を覚えるのが早くなるとか、大人のお店を覚えるのも早くなるなど、未成年であっても大人の世界を知れる場所こそが、青年団といっても過言ではありません。

近年では未成年の飲酒等に厳しい世の中となったので、こうしたルール違反は見られにくくなったものの、今でも隠れて飲酒する未成年の青年団がいることに対して、快く思わない親も必ず存在します。

 

そもそも祭りが嫌い

そもそも祭り自体が苦手であったり嫌いな人もいて、こうした人は特に大きな岸和田だんじり祭ともなれば、避けたい気持ちは大きくなります。

原因としては、そもそも人混みが嫌いであったり、マナー違反する人が増えることが苦手、街がゴミで溢れかえるのが嫌だなど、様々な理由が存在しますが、有名なだんじり祭ほど当てはまる項目が多くなるからです。

一概には言えませんが、中には「リア充が羨ましい」とか、「祭りはいつも嫌なイベントだった」などの経験が、祭り嫌いの心理には見られやすいです。

 

祭りがなぜ迷惑なのか?


人が溢れかえること

だんじりが迷惑だと訴える人の多くは、「人が溢れかえることが迷惑である」との訴えが多く、実際に岸和田だんじり祭の当日には多くツイートが挙げられ、「人が鬱陶しい」や「マナー違反が多い」などの指摘が数多くあげられます。

祭りが開催される地域に住んでいる人からすれば、参加しない人にとっては街が汚されるだけだと感じたり、うるさい奴が増えると思ってしまうのも仕方がないことで、人が溢れかえることによって騒音被害なども増えてしまいます。

地域の伝統であったり街の活性化などには素晴らしいメリットを与える一方で、興味がない人にとっては自分への被害が大きく、外に出ることすら難しく思ってしまうどの人気を誇るのが、岸和田だんじり祭です。

程よい人混みであればまだしも、歩くことや運転することすら困難とする祭り人気の背景には、多くの市民が犠牲になっているとも言えるでしょう。

 

走り込みがうるさい

だんじりが近づくと走り込み等で青年団は体を鍛える必要があるため、毎日のように頑張る姿は魅力的に映るとも思えそうですが、実際はこの走り込みがうるさいと思う人もいて、静かに暮らしたいと思う人もいます。

こちらに関しても昔よりは改善されていて、今ではかなり静かになっていますし、10時までと決めていることが当たり前となったので、こうした訴えを起こす人も少なくはなっているものの、不満に思う人が0なわけでもありません。

走り込みの他にも、青年団はお酒の付き合いが非常に多いこともあってか、酔うことで声が大きくなることが不愉快に感じたり、酔っ払い自体を嫌う人もいるなど、細かな部分でも迷惑だと思うことに繋がる部分がたくさん存在するのです。

マンションの騒音問題などと同じで、少しの音でも敏感に反応してしまう人がいるように、走り込みや少し大きな声などを嫌う人も世の中にはいます。

 

祝儀が鬱陶しい

祭りには祝儀がつきものですが、その祝儀を回るのも青年団の仕事であって、この祝儀周りが非常に鬱陶しいと感じる人もいれば、何に使っているのかも分からない祝儀に対して、違和感を覚える人も。

それもそのはずで、祭りの祝儀が全て祭りに使われているとは言いきれませんし、過去には青年団の風俗代に祝儀が使われているなど、様々な問題が発覚したこともあります。

祝儀が鬱陶しいと感じてしまう一番の原因は、ノルマがあることによって多くの家庭を訪ねることが、だんじり嫌いな自宅を訪ねることに繋がり、より存在自体を否定する心理にさせてしまいます。

祝儀に積極的な人もたくさんいますが、一部では祝儀に対して「家に来ないでほしい」と思う人もいて、SNSでは賛否両論が分かれるほど、祝儀に対して様々な意見が交わる時代となっています。

 

交通規制による渋滞

交通規制による渋滞も近隣地域の頭を悩ませる原因で、仕事帰りの人からすれば堪ったものではありませんし、事故のリスクが増えたりイライラの原因となる渋滞を起こすなど、こちらもだんじりが迷惑と感じる瞬間です。

さらにだんじりの時期は脇道に車を違法駐車する人もたくさん出てくるので、こうしたマナーの悪さもだんじりをよく思えない原因で、住む人に不快感を与えてしまう瞬間なのです。

交通規制は必要であるものの、多くの人の協力あってこそのだんじり祭であることを、祭り好きな人はもう一度理解する必要があるのかもしれません。

 

悪い部分ばかり見るのもダメ


だんじり嫌いな人の意見や心理を述べてきましたが、こうした人にも悪い部分は必ず見られることも間違いなく、その悪い部分とは「良い部分が見えていない心理」です。

嫌いな人や苦手な人に対しては、自分が嫌である部分ばかりを見えてしまうのが人ですが、視野を広げてみれば良い部分もたくさんあって、だんじりのおかげで岸和田が有名になれたことも良い部分の1つです。

故に祭りやだんじり嫌いな人は、「だんじりだから受け付けない!」と端から否定するのではなく、一度視野を広げてみる意味でも良い部分を探してみましょう。

人間とは面白いもので、嫌いなものほど実は気になる存在であることから、良い部分を知れば知るほどイメージが変わったり、柔軟な考えを示すことができます。

だんじり嫌いなのは問題ないですが、だからと言って自分たちの迷惑となっていない部分までも粗探しすることは、多くの人が犯しがちな間違いであるため、控えることを心がけましょう。

関連記事:祭り嫌いな人の特徴と意見|性格傾向と好きとの違い17選

関連記事:ヤンキーの心理〜性格傾向や武勇伝に憧れる理由とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP