猫が嫌いな人の10パターン

猫は私たちの生活にとって馴染み深い動物の1つです。

日本は猫好き国家と言われていますが、全ての人が猫が大好きというわけではありません。

猫の行動パターンを見て、猫嫌いになってしまう人も珍しくないのです。

そんな猫嫌いな人の10パターンについて、ご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

猫の持っている行動を嫌悪している

猫嫌いな人は猫独自の行動に嫌悪感を抱いているようです。

特徴として
①ひっかく
②自由気まま
③犬のように順応ではない

こういった猫の特徴で嫌悪感を抱く場合が多いようです。

犬のように集団で暮らす生き方をしてこなかった猫は、飼い主のいうことを守らない場合があります。

さらに犬のように、生活の大部分を飼い主に依存しているわけではありません。

それが猫の持つ自由気ままさに繋がっているのでしょう。

また猫は自由気ままに行動しますし、犬のように叱っても言う事をきかない場合が非常に多いです。

集団行動をする生き物ではないので、猫をしかってもあまり有効ではありません。

それが猫の魅力でもありますが、それが嫌いになってしまう理由にもなってしまうようです。

 

猫独特の冷たさ

猫には独特の冷たさがあります。

こうした猫独特の冷たさで嫌いになってしまう人もいるようです。

しかしこれを理由に挙げる人の多くに共通することは、猫を飼ったことが無いということです。

飼い主にとってはこの猫独特の冷たさが癖になるのであり、珍しく甘えてきた時の可愛さや嬉しさは癖になるほど快感にさえ思えます。

この快感こそ、猫嫌いを猫好きに変える猫ならではの可愛さなのです。

 

家がボロボロになる

猫を飼う上では必ず爪とぎが必要となりますが、猫が必ずしもその爪とぎで爪をとぐとは限りません。

中には家の柱や畳で爪をとぐ猫もいて、そういった猫を飼っている家庭は必ず家がボロボロになってしまいます。

またふすまや障子を破いてしまうことも珍しくなく、手直しの費用も必要です。

こういった猫特有の行動が原因で嫌いになる人は少なくないはずです。

 

おしっこが臭い

猫のトイレは定期的に掃除してあげないといけません。

また猫のおしっこは匂いが強烈で、放置していると家に匂いがこびりついてしまいます。

多くの猫を飼っていて、定期的にトイレ掃除をしていない家庭の家の匂いは強烈ですよね。

その匂いがトラウマとなってしまい、猫嫌いになってしまう人がいます。

もちろんトイレ掃除さえ定期的にしていれば匂いはこびりつきません。

しかしトイレ掃除の際にも強烈な匂いがするのは間違いありません。

 

不妊手術が必要

猫を外に出す家庭や、猫を雄雌で飼っている家庭には避妊手術が必要となるが多いです。

特に外に出す場合は、知らないうちに妊娠しているケースが非常に多く、そのため子供を捨ててしまう人が後を絶ちません。

猫を外に出すのであれば避妊手術は絶対に必要です。

外に出さないといいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、飼い主の目を盗んでまで外に出てしまうのが猫なのです。

 

猫アレルギー

子供のころに猫アレルギーで痛い目にあった人は、そのイメージがずっと浸透してしまい、結果的に猫嫌いになってしまいます。

もちろん酷いアレルギーの人にとっては、猫は脅威でしかないでしょう。

こういった人は猫自体が嫌いなのでは無く、アレルギーで痛い目にあったイメージが残っているので、自然に苦手という意識が生まれるのです。

 

ネコ目に苦手意識が…

猫の野生本能は犬に比べるとかなり野性的で、セミや子供の雀など、人間が教えなくても本能で狩りができます。

そのイメージもあってか、猫の目は昼間は非常に怖いと答える人も少なくはありません。

その通りであり、猫は夜になると可愛い丸目に戻りますが、昼間は目つきが鋭くて野性的な目をしています。

そんな目を見て、可愛いというよりも怖いイメージを抱いてしまっている人もいるようです。

また夜になると猫の目は光っているように見え、その光に恐怖心を持つ人もいるようです。

 

犬と比較してしまう人も

猫と同じように生活に身近な動物である犬。

その犬と比較して、犬のほうが魅力的に感じるという人も珍しくありません。

犬のほうが猫と違って忠実で愛嬌があると魅力を感じ、そのため身近な猫と比べてしまい、猫が嫌いになってしまうのも猫嫌いな人の特徴といえます。

 

猫には猫の魅力があります

猫が好きな人にとって、猫の持つ自由気ままな行動が上品に映り、犬の持つ順応さが嫌に見えてしまうことがあるようです。

好き嫌いというのは、その人の持っている感性の部分が及ぼす影響が大きいのです。

そのため自由気ままに行動することも、ある意味猫の持っている魅力に思える人と思えない人に分かれてしまいます。

だからこそ猫が嫌いな人に無理に猫を近づけて、好きになってもらう必要はありません。

無理に近づけてしまうとそれだけでトラブルになってしまう恐れがあるので、猫が嫌いな人にはそれなりの対応をしてあげることがベストでしょう。

また、「犬が嫌いな人の6パターン」もセットで読んでみましょう。

犬は世界共通で好かれている生き物ですが、そんな犬をなぜ嫌いになってしまうのか?

この1ページを読むことでその理由が判明するでしょう。

スポンサードリンク

コメント

    • きらい
    • 2016年 5月 29日

    ねこ好きな人がきらい

    • 嫌い
    • 2016年 6月 04日

    同じく猫好きはきらいです

    • マミ
    • 2017年 8月 26日

    猫 大大大大大大
    好き(ΦωΦ)

    • 名無し
    • 2017年 10月 05日

    猫嫌いの理由って大体が人間本位の考えが基だよね
    そこらでクソするとか、引っ掻くとか、懐かないとか。
    猫からすれば人間の方が邪魔だし、地球からしても人間の方が邪魔。
    従順な犬は好きでわがままな猫は嫌いとか。
    嫌な上司みたい笑

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP