犬好きに多い性格面での特徴7つ

動物が好きな人に悪い人はいない!そんな言葉がありますが、身近な動物の代表である犬好きな人にはどんな特徴があるのでしょうか?

今回は
①犬好きな人にはどんな人がいるのか?
②猫好きとはやっぱり性格が違うのか?

という分部を重点的にご紹介しつつ、犬好きな人の特徴に焦点を当てて見ていこうと思います。

犬好きな人の特徴

犬好きな人は、猫好きな人よりも感情表現が豊かだと言われています。

一方で猫好きは物静かなイメージがあるようです。

また犬が好きな人は、犬のように積極的で行動的な性格をしている場合が多いようです。

世界的に広い視野で見てみても、何を考えているか分からない自由きままな猫よりも、順応で素直な犬のほうが魅力的と答える人が多いのが現実です。

 

寂しがり屋

犬は家族という人が多いですが、まさにその通りであり、自分の寂しい心を癒してくれる家族なのです。

寂しがり屋の人ほど、家に帰った時にしっぽを振って出迎えてくれることに幸福感を強く感じ、愛されていることを実感します。

また犬はどこでもついてきてくれるので、寂しい時間を紛らわしてくれます。

独身がペットを飼うと結婚ができないなんて言いますが、ペット自体が家族なので一緒に成長していくことに満足してしまうのです。

 

思いやりが深い

犬を飼うことで思いやりが深くなると言われており、感情が豊かになる理由の1つだと考えれています。

これはイギリスがおこなった調査でも同じような結果が出ており、思いやりが深いということが判明しています。

犬とは10年以上の長い付き合いになることが多いので、犬を通じてたくさんの思いやりが生まれることは確かです。

そんな長い付き合いの中で、犬の世話をしているだけのようにも思えますが、実は人間もたくさん犬に教えられているということでしょう。

 

尽くすことが好き

犬好きの特徴として、尽くすけど見返りを求めない部分があります。

恋愛や友情において、犬好きな人は相手に貢献することに見返りを求めないことが多いです。

しっかりと相手に尽くして、見返りを求めない。

それは心を許した犬と同じことが言えますね。

また、犬好きな人は家族や恋人、友達を大切にします。

仲間意識が強い面があるので、家族や恋人、友達が困っていたり、騙されそうになると自分の身を挺して助けてくれるのです。

同じように、犬好きな人を支えてくれる周りの人が多いのも特徴でしょう。

 

安心感を欲している

人間は欲の塊で汚い心がありますが、犬には汚い心はありません。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP