コーヒー嫌いで苦手な人の心理|苦労や対処法15選

理由は簡単で、日本人はカフェイン耐性が強いと言われており、そもそも弱い人が少ないという認知であることから、こうした苦労を理解してもらうことを困難とします。

また、カフェイン耐性ができてしまったことが原因で、コーヒーを飲まない選択をする人もいて、こうした人はカフェイン中毒やコーヒー中毒を恐れる気持ちが大きい人です。

カフェイン感受性が高い人は、不眠や頭痛の症状が頻繁に見られることが分かっているので、こうした人にとっては、コーヒーとの相性は抜群に悪いことも覚えておきましょう。

 

コーヒー嫌いな人の苦労


人付き合いに必須

コーヒーは人付き合いには必須のアイテムであるため、仕事の訪問先ではいつもコーヒーを出されたり、友人の家でもコーヒーを出されるなど、招く際にはコーヒーを用意するという風潮は、日本に根強く残っています。

仕事先の営業であれば、コーヒーを出された以上は飲まないといけない気持ちも強いですし、無理をしてまでも最後まで飲みきる必要も出てくるため、我慢してでも全て飲みきることが、さらにコーヒーに対して嫌悪感を強めます。

さらに、ニコニコと好印象を残す必要もあることから、どれだけ苦味を感じていても、平気なふりをしてコーヒーを飲み進めることが、仕事を辞めるきっかけとなる人もいるほどです。

これを知ったコーヒー好きなあなたは、できるだけ飲めるか飲めないかを確かめてあげると、コーヒー嫌いな人を助ける一言となるはずです。

 

公共の場でも我慢

電車やエレベーターの中など、公共の場でコーヒーを飲むことはマナー違反ではないために、コーヒー嫌いな人にとっては我慢するのが当然で、嫌だと言い出すことはわがままと思われる原因そのものです。

匂いが苦手な人からすれば、隣に座った人がコーヒーを飲んでいるだけでも最低の時間となり、嫌な一日に終わってしまうことも珍しくありません。

コーヒー嫌いな人の場合、お酒嫌いな人とは違って、周りはマナー違反であるとの認識を示さないために、電車に座れる場合であろうが、自ら違う席を探す必要が出てくるのです。

これがもし、後から隣に座ってきた人がコーヒー臭い人だとすれば…?それは間違いなく、コーヒー嫌いな人にとって苦労となること間違いなしです。

 

申し訳ない気持ち

友人の家に行っても出されて断ることがあったり、お店でコーヒーを頼まれた後に飲めないことを説明することは、何かとコーヒー嫌いな人を申し訳ない気持ちにさせる瞬間で、生きづらさを感じる瞬間ともなります。

コーヒーが苦手であることを批判する人は少ないものの、相手が善意でコーヒーを出してくれたことに対して、断ることは罪悪感が生まれます。

他にも、コーヒーが苦手なことを知る人が、「コーヒーダメだから違うの作るね」と、何かと気遣ってもらえることも、コーヒー嫌いな人に生きづらさを感じさせ、申し訳ないと思わせる瞬間です。

特に気を使う性格の人は、こうしたことで気疲れが絶えず、人付き合いが嫌いになることも十分に考えられます。

 

お子ちゃま等の言葉

コーヒーを飲めないことに対して、「お子ちゃまだね〜」と冗談交じりに言われたり、「人生もったいない」と言われることは、何かとイラッとしてしまったり、余計なお世話であると思わせる瞬間です。

プライドが高い人からすれば、見下されたと感じることでストレスを溜めたり、人づきあいを難しくしてしまうことも、しばし見られます。

コーヒーは大人の嗜みであることは確かにそうですが、それを理由に相手を挑発するような言葉は、コーヒー嫌いな人を生きづらくさせてしまうことも。

 

効果的な対処法


自分の為に断る捉え方

日本人は特に、自分の意見を口にすることが悪であるという風潮がある為、コーヒーを断ることや嫌いであることを口に出しにくい国民性を持ちますが、ここに対する意識をまずはガラリと変えていきましょう。

その為にも、「断れないと自分を苦しめる」ことを理解し、コーヒーを断ることができない自分でい続けることは、今後一生あなたを苦しめる原因となることに加えて、あなた自身を守ることができないことを、理解していきましょう。

今後、あなたを利用しようとする人と出会うこともあると想定すれば、自分自身を守る為にも、今から嫌なことは断る癖をつけておけば、今後あなたを苦しめる様々なものから回避することができます。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP