コーヒー嫌いで苦手な人の心理|苦労や対処法15選

もう1つは、「断る=相手を否定するわけでない」ことを理解し、「コーヒーを作ってくれたのに断ることは、相手に失礼である」という思い込みは、あなたを苦しめることになります。

そうではなく、「相手を否定しているわけではない」ことを理解し、きちんと事前に断ることさえできれば、今後コーヒーに対する思いであなたのエネルギーを無駄にすることさえも無くなるはずです。

コーヒーが苦手で嫌いであれば、自分の為に断ることをきちんと理解し、断ること=悪であるという認識をまずは変えていきましょう。

 

嫌われることを恐れない

コーヒー嫌いなことを言い出せなかったり、苦手なことを口にできないのは、「相手に嫌われてくない」心理が潜んでいる証拠で、嫌なことを口にすれば自分は嫌われるかもしれないという不安が、我慢する選択へと導きます。

ここで重要なのは、「コーヒー嫌いなだけであなたを嫌いになる人」に対して、「あなたは心の底か仲良くしたいのかどうか?」であり、そのようなちっぽけな理由で嫌われるのであれば、いっそのこと嫌われてしまった方が、今後の付き合いが楽になるかもしれません。

本当にあなたを好意的に思っている人であれば、そのようなちっぽけなことで嫌いになることはあり得ませんし、あなたが苦手なことを教えることも、人間関係を良好にする秘訣の1つです。

コーヒー嫌いや苦手なことを伝えるのは、自分がどういう人間かを相手に伝えることですから、積極的な自己開示は、やがて好意の返報性へと形を変えて、二人の距離を良い方向へと縮めていくはずです。

 

酸味を抑える

コーヒーの嫌な味の原因は、酸味が強いことにあるため、酸味が弱いコーヒー豆を選ぶことで、コーヒー嫌いを克服できる人も出てくるはずです。

こちらはコーヒーを飲めるようになりたい人の対処法であり、コーヒー豆を非常に飲みやすいものを選んでいくと、やがてコーヒーが苦手である意識も薄れていくことでしょう。

この為には、酸味が弱いコーヒーを扱うお店を知ることから始める必要があり、様々なコーヒー点に電話で聞いてみるのか、または市販されている酸味の強いコーヒーを購入しましょう。

匂いが苦手という人も、コーヒー豆によって微妙に異なる匂いをするので、自分にとって大丈夫なコーヒー豆を探し出す、良い機会にもなります。

 

感謝の気持ちを述べる

コーヒーが飲めなくてどうしても断る必要がある場合には、必ず感謝の気持ちを伝えることをセットにすれば、相手もそれほど嫌な気持ちにはなりません。

コーヒーを用意してくれたという相手の行為に対して、「作ってくれてありがとう」と一言加えるだけでも、相手は無駄ではなかったと感じることや、コーヒー嫌いなあなたを苦しめなかったと思えるようになります。

営業先でも同じく、コーヒーがどうしても飲めない状況にある時には、「作ってもらったのに申し訳ないのですが…」という尊敬を込めて、「飲めないけれど作ってくれてありがとうございます」という形で、相手に伝えましょう。

嫌われない断り方にはコツがあって、まずは尊敬の意を込めて丁寧に断り、感謝の気持ちを述べた後に、代替案を提示することができれば、より完璧に近い断り方となります。

 

飲めるようになりたい人も多い


コーヒー嫌いで苦手な人の中にも、「本当は飲みたいのに飲めない…」との本音を持つ人もたくさんいて、飲めるのであれば便利な世の中こそが、今の日本です。

コーヒーが優遇されすぎな一面を感じる今の社会では、誰もがコーヒーは飲めた方がいいと思いますし、飲めないことを苦痛に感じることでしょう。

だからこそ、コーヒーが飲めない人に対して共感してあげるのも優しさで、飲めないことを冗談交じりにいじらないことは、相手を傷つける心配がなくなります。

冗談も言えない世の中は苦痛ですが、コーヒーが飲めないことに劣等感を感じ、触れて欲しくない気持ちを持つ人がいることも、まぎれも無い事実なのです。

関連記事:コーラのまずい味おいしい味10選!【世界のコーラはこれほど酷い】

関連記事:食事が嫌い!めんどくさい心理と共感できる理由とは?

関連記事:お風呂がめんどくさい心理〜眠い時などの対策|改善方法も

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP