ドラえもんが嫌いな人の特徴とは?アンチの声・心理も

 

現実世界として考えてしまう

アニメを現実の世界として考えてしまう人も、ドラえもんを楽しめないのは当然のことで、非現実的な世界だからこそ多くの人が見入り、楽しめるアニメなだけに、現実世界として考えてしまうことは、イライラしてしまう原因そのものです。

現実世界にドラえもんがいれば、世界中の人々が働く選択などしないでしょうし、ひみつ道具を使って世界征服を企む人だって出てくることでしょう。

アニメの世界だからこそ平和的で、心温まるような世界が描けるわけであるため、現実世界として考えることでイライラする人は、捉え方を変える必要が出てきます。

 

人気者にアンチはつきもの


アンチが多いのは人気者の証であることは間違いなく、世界的にも有名でファンが多いドラえもんには、必ず一定のアンチが付いてしまいます。

なんでもドラえもんは、J-WAVEが3446名の会員を対象に行った調査結果によると、世界に誇れるアニメだと答えた人の割合が37%で一位であったとの報告もされているほど、多くの国民に愛されているアニメであります。

もちろんアンチになることも人の自由ですし、他人に迷惑をかけないのであれば、アンチになることも決して悪いことではないでしょう。

中には、アンチになる気持ちを共感してほしいことから、ネットに書き込んでしまう人もいますが、これこそドラえもんが大人気で愛されている裏返しであると言える、決定的証拠なのです。

関連記事:アイドル嫌いな人の特徴〜理由とそうなる心理について

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP