アンパンマンが嫌いな人の特徴とは?アンチの声|心理も

自分が育った環境と大きく違う人に対して、批判的になってしまうのが良い例で、人は自分が育った環境とは違う人を見ると、素直に認めることができなかったり、嫉妬に似たような感情を抱くことが多いです。

「他人に頼るばかりは甘えだ」とか、「自分一人で解決すべきだ」という環境で育った人ほど、こちらの心理からアンチへと変わってしまいやすいのです。

 

脳内で作られる痛み

アンパンマンにリアルな想像をしてしまう人は、顔が変わった時には「脳みそはどうなっているのだろうか?」とか、「記憶が残っているのはなぜ?」などとリアルな想像をすることで、人間と同じような作りと考えてしまうことが、生々しい想像を掻き立ててしまします。

リアルな想像をするということは、顔の一部がかけた時には「うわっ!痛い!」と感じたり、新しい顔がついた時にも「首が取れた!」と捉えてしまうことで、最終的には「生々しさ」と「気持ち悪い」感情が芽生えてきます。

アニメの世界として楽しむことができる人は、アンパンマン独自の世界を楽しむことができる一方で、真面目に考えてしまう人にとっては、少しグロさを感じさせるアニメとなるのがアンパンマンなのです。

 

子供にとっては絶対的ヒーロー


アンパンマンが子供に絶大な人気を誇るのは、やはり子供にとっては絶対的なヒーローで、悪者をやっつけるカッコよさと、周りを助ける優しさを兼ね備えているからこそ、多くの子供が熱狂的ファンとなるわけです。

子供と違って様々な考えのできる大人は、絶対的ヒーローであるという子供の気持ちを理解できず、中にはアニメを見せない選択をしてしまう人もいますが、やはり子供が喜ぶ姿が一番と考えるべきではないでしょうか。

子供から楽しみを奪ってばかりでは、必ずしも理想の子供に育つとも限りませんし、子育てに100%の正解はないということも間違いのない事実です。

本当にアンパンマンに悪影響があるとすれば、日本人の多くはそれに影響を受けているはずなので、あまり真面目に考えすぎるのも、あなた自身を苦しめるだけの結果を招くことになりかねません。

関連記事:コナンが嫌いな人の特徴とは?アンチの声|心理も

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP