スタイルが悪い女の特徴10選

基本的に外で体を動かすことが大嫌いな人が多く、通勤通学など必要最低限のこと以外では、できるだけ体を動かそうとしません。

むしろインドアで、家の中で本を読んだりテレビを見て過ごすのが大好きです。

もちろん、体を動かさない生活が長いと体脂肪が蓄積されていくため、シャープなスタイルを維持することはできなくなります。

こうした生活スタイルにさらに食生活の乱れがそこに加わると、スタイルが悪い女としての地位は確定的になります。

 

お尻が垂れ下がっている

また外に出ない女性ほどお尻が垂れ下がりやすく、さらに食生活を気にしていなければお尻は大きく垂れ下がってしまいます。

この典型的な例として挙げられるのが、アメリカ人女性です。

アメリカは世界トップの肥満大国と言われており、30代を過ぎればお尻が垂れ下がり、激太りしてしまうことは何も珍しいことではありません。

その原因として考えられるのが、スタイルを維持するのが難しい食生活や私生活を送っていることが、第一の原因だと言われています。

 

それほどスタイルに関心がない

スタイルが悪い女の特徴には、そもそもスタイルに関心がないということもあります。

自分が関心を向ける対象が容姿やスタイルにはなく、別のところに関心を寄せているのです。

スタイルに関心がないので、それを整えたり改善することにも無関心、それに向けて何か努力することもせず、ほったらかしになってしまいます。

啓発を促して関心が向くようにさせることもできますが、こうした女性の場合、自分のスタイルを良くすること以上に重要な関心事が他にあるので、そこへの興味が薄れない限り、自分のスタイルを省みることはありません。

 

スタイルが強調される服を着る

これは意外に思われるかもしれませんが、スタイルが悪い女に限って、スタイルが強調される服を着用するケースが見られます。

これはどうしてかというと、スタイルが悪い女は、自分のスタイルの悪さに気付いていないことが特徴だからです。

自分のスタイルが悪いことを自覚している女性は、それが隠れるような服を着ますが、自覚がない女性は感覚が麻痺しているので、加減が分からずに自分のスタイルに無理のある服を着てしまいます。

スタイルが悪い女ほど、スタイルが強調される服を着る。

これはやや逆説的ですが、特徴の一つとして数えられます。

 

下半身デブ

上半身に比べて下半身が太っている女性のことで、特に太ももが大きい女性ほどスタイルが悪く見えてしまいます。

この下半身デブは女性は割とすぐに見抜くことができますが、男性は意外と見抜けないものです。

理由としては、タイツやファッションセンスにありますが、付き合ってみて実は下半身デブだったということに気づく男性は、案外多いものです。

 

スタイルを良くにしたいのであれば…

スタイルが悪い女の特徴10選をご紹介してきましたが、あなたはどれだけの項目に当てはまっていましたか?

今よりもよりスタイルを良くしたいのであれば、当てはまっている項目をしっかりとケアすることです。

改善できない項目もありますが、その部分はしっかりとテクニックでケアしていきましょう。

また、「草食系女子の恋愛傾向と特徴の6つ」もセットで読んでみましょう。

どちらかと言えば草食系とか、肉食系と答える人が多いですが、それらの人の多くは肉食系や草食系の特徴を分かっていません。

固定ページ:
1

2

3

コメント

    • えみり-
    • 2016年 9月 15日

    私は、けして顔も小さくないし、下半身デブです。????
    どうしても、自分の顔やスタイル良くなるように出来ないです。????自分なりに気をつけているつもりですが、ニキビは、昔よりましですが、歩き方もヘタだしどうしたら良いかわからないです。????
    どうしたら良いですか?スタイルや顔も治せないです。????すっぴんは、無理です。????モテない女です。????このままで良いです。????

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP