癒される男性心理に隠された4の本音|見分け方と癒される為の方法も

他にも何をしても怒らないとか都合のいい男に成り下がるなど、目的を果たすためには様々な手を使おうと必死なこのタイプは、深く掘り下げていくごとに矛盾が見つかることでしょう。

一方で安心できる癒される本音を持つ男性の場合、あなたに心を許しているので様々な質問にすぐに答えてくれるはずですし、話をきちんと聞けたり双方が落ち着いている状態にあるなど、様々な共通点が見られるはずです。

癒されているわけですから精神的に安定していたり、包容力があるとも思えるような心の余裕もできているはずなので、相手を落とそうと必死になってる男性とは余裕面での大きな違いが出てきます。

 

ポイント②自然な笑顔が見られるか?

本当に癒されている時は自然な笑顔が見られることは有名ですが、下心がある男性も必死に笑顔を作ることで楽しいふりをしたり、癒されたふりをするわけですから、こちらは作り笑いの見分け方を知っておけばいいです。

作り笑いを見分ける際のポイントとしては笑った後の顔に要注目すべきで、作り笑いは作るのは簡単であっても消すのは非常に難しく、真顔になるなどの本性が見え隠れする瞬間なので、是非笑ったあとに注目してみましょう。

他にも作り笑いをしている人は「笑わなければならない」との気持ちが強いので、不自然なタイミングで笑顔を見せたりすぐに辞めてしまうなどの、明らかにおかしな言動が見られます。

自然な笑顔が見られることはリラックスしている時ほど見られる仕草なので、本当に癒されている男性には必ず現れる仕草であり、さらに沈黙でも気まずさがないなどの自然体でい続けることができるはずです。

怪しいと思った方は是非意図的に沈黙の間を作ってみることで、相手がどう反応するのかを確かめてみるのもいいでしょう。

 

ポイント③安心感を得ているか?

本当に男性が癒されている時にはあなた自身も安心感を持っているはずで、居心地がいい環境だからこそ人はリラックス効果で癒されるわけです。

緊迫感のある場面や緊張する場面では安心感など全くなくて、癒されるどころの余裕は心にないことを例に挙げると非常に分かりやすいでしょう。

対人関係で人が安心感を持つ瞬間とは、「対人関係の確かさがある」「不安・苦痛が少ない」時に限られるので、互いに信頼できる関係を築いていない時には、本当の意味での癒される気持ちは味わえないはずなのです。

例外としてはフィーリングが合う相手やソウルメイトであった場合などには、不思議と初対面から安心感を持てたり親近感が湧くので、こちらのケースだけは例外と覚えておいてください。

ちなみにフィーリングが合う相手やソウルメイトでも安心感を得れることは間違いのない事実なので、あなた自身が安心感を持てずにリラックス状態でいられないことは、相手に警戒心を持つべきです。

 

本当に癒されたいなら実行すべき3つの対処法


①精神面を整えること

癒しが欲しい人は心が疲れていたり心が乾ききった人ですから、まずは精神面を整えることで心のバランスを整えることが必要です。

自律神経を整えることでホルモンバランスが良くなり心のバランスが整うことは、充実な私生活や満足のいく日々を送れているとの実感にも繋がるので、あなた自身を幸せにできる方法ともなり得ます。

自律神経を整える方法としては、食生活の改善や私生活の改善、お風呂に入ることや太陽を浴びることなど様々な方法が存在しますが、音楽を聴いたりサプリを飲むことが最も簡単な方法となることでしょう。

これに関しては特別は工夫もいらないですし、電車の中で音楽を聴いたり帰ってサプリを飲むだけなので、是非とも自律神経を整えることで心を満たし癒されてください。

 

②セロトニンを増やす

心が弱った時にセロトニンの分泌量を増やすことも心を満たすことができ、その方法は思った以上に簡単で誰でもできることばかりです。

例えばジムなどで体を動かすことは寂しい気持ちを吹っ飛ばしてくれる効果がありますが、これはセロトニンが分泌することで筋肉などの痛みを忘れさせている効果の現れです。

ヴァーモント大学の研究者が行なった発表によると、なんとジムで軽く20分汗を流しただけで12倍もの気分転換ができ、素晴らしい気持ちになれることが発表されています。

他にもマッサージや太陽の光を浴びること、瞑想を30分程度することなどもセロトニンの分泌量を増やす方法で、心が不安定な癒しを求める人はとにかくセロトニンを増やすことさえできれば、癒されたい側から癒したい側へと変わることができるはずです。

 

③血糖値の安定化

血糖値が上がることや下がることは脳に様々な支障をもたらし、高血糖な方ほど疲れやすいことから心の疲れが溜まっていくようになり、やがて癒しを求めてしまうことになります。

食事の際に一気に食べるような食生活を続ければ、自ずと血糖値は高くなってしまう傾向が見られるため、食生活の改善を心がけるべきです。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP