占いのイメージ

占いを信じてしまう心理とハマりやすい人の特徴

占いは昔から世界中の国にもあるもので、人々の生活に深く根付いています。

かつては権力者の傍には占い師がいて、政治や軍略に大きな影響を与えてきましたが、現代では正月のおみくじから毎朝のテレビや雑誌で垂れ流される星座占いに至るまで、一般庶民のためのものとして溢れかえっています。

大多数の人は深刻に信じることもなく、かといってムキに否定するほどのこともなく、適度に楽しんでいるように思いますが、なかには自分を見失ってしまうほど占いにのめり込んでしまう人もいます。

今回は、なぜ人は占いを信じてしまうのか?、「占いを信じてしまう人の心理とハマりやすい人の特徴」についてご紹介します。

人はなぜ占いを気にするのか?

女性に限らず、男性でもその日の運勢を気にする人は多いものです。

しかし、人はなぜ占いのことがそんなに気になってしまうのでしょうか?

それは、「人間だけが未来を考えられる生き物だから」であると、ハーバード大学の社会心理学者、ダニエル・ギルバートは言っています。

考えられるだけに、未来が不安になる。だからなにがしかの指針を示してくれそうな占いが気になってしまうのでしょう。

また、別の心理学者は、「人が常に自分のアイデンティティを探し求めている生き物だから」だともいいます。

「私は何者なのか?」「私は何のために生きているのか?」と日々自問自答していても、その答えは見つかるものではありません。

その答えらしきものをいとも簡単に出してくれるのが「占い」。だから、つい気になってみてしまうのだというのです。

 

占いで利用される心理学的な手法

占いには、人の心を巧みに操る心理学的なテクニックが用いられることが多々あります。

そうした心理学的な手法について紹介します。

バーナム効果・二面性提示

よくある手口として、大勢の人に当てはまることを言ってまず当たると信じ込ませるというものがあります。

バーナム効果といわれる心理学的な手法です。

バーナム効果とは、”誰にでも当てはまるような一般的な文章を読んで、自分に当てはまっていると思い込んでしまう心理学の現象”のことをいいます。

例えば、以下のような文章です。

あなたは負けず嫌いですが、その反面、些細なことで弱気になって思い悩んでしまう人でもあります。また、自分を不器用な人間だと思っていて、人から好かれたい気持ちがあっても、それを上手く表現できないことがあります。それだけに、人間関係が原因で、恋愛にしても仕事にしても、トラブルを抱えてしまうことになりがちです。

また、この文章には、二面性提示という心理テクニックも用いられています。

二面性提示とは、相反する二つの面を同時に指摘するという方法です。

「負けず嫌い」と「弱気」という相反する二つの側面を指摘しているのです。

人は一面だけを指摘されるより、二面的に言われた方が当たっていると思いがちなのです。

ステレオタイプ

心理学でステレオタイプという言葉があります。いわゆる「思い込み(固定観念)」です。

一度、固定観念が形成されると、その考え方が定着してしまい、なかなか離れなくなってしまうというものです。

仮に、その固定観念に反することが起こって固定観念に疑問を抱くことがあったとしても、その後、また合致することが起こると、「やっぱり自分の考え方(固定観念)は正しかった!」と改めて思います。

先程起こった反例は「例外」として処理され、固定観念が維持・強化されるのです。

「占い」に関しても、それと同様に「思い込み」の心理が働きます。

人は一度占いを信じてしまうと、その後も信じやすくなってしまうものです。

たくさん占いをしていれば、一定の確率で当たることは不思議ではありません。

しかも、もともと占いを信じたくて占いに接する人達にとっては、前述の「思い込み」の心理も手伝って、当たったものだけを強く記憶します。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP