貯金できない男の特徴8つ

自己投資は成長を続ける上で必要ですが、明確なビジョンをもたないまま闇雲に資格を取ろうとする意識は、変えなければなりません。

 

優しすぎる

周りに気を遣ってばかりで、優しすぎると言われる男性は、意外と貯金ができにくい男性でもあります。

なぜなら優しすぎる男性というのは、友達に頼まれたり困った姿を見れば、手を差し伸べずにはいられません。

お金を貸してほしいと言われると貸してしまいますし、金欠と言われればご飯をおごることも珍しいことではありません。

またギャンブルなどの誘いも断れないので、友達付き合いの延長でギャンブル依存症になってしまうケースもよく見られます。

 

見栄っ張り

見栄っ張りになればなるほど、見た目を派手にするためにブランド物を買いあさったり、高級車に手を出したりしがちです。

このタイプの男性は非常にプライドが高いため、周りにお金持ちがいればいるほど見栄を張り、余計な出費が多くなってしまいます。

また、見栄っ張りな男性ほど自分を大きく見せようとするので、嘘つきの可能性が高くなってしまいます。

 

数々の保険に加入する

予期せぬ事態を乗り切るために保険は必要ですが、毎月支払う保険料は家計を圧迫します。

貯金できない男性の多くは、必要以上の保険に加入する傾向にありますので、注意が必要です。

日本では毎月支払う保険料は、一人当たり平均2万円程度となっていますが、これ以上の支払いをしている場合は注意が必要です。

2人以上の世帯でも、保険料の合計を2万円程度まで抑えなければ、貯金は難しいでしょう。

 

一度将来を真剣に考えてみよう

今を全力で楽しむことは大事ですが、将来を真剣に考えてみることもとても大事なことです。

結婚願望がある男性であれば、貯金がなければそれなりの裕福な生活は期待できません。

結婚願望が無い男性であっても、将来の年金額や税金の増税等を頭に入れておかなければ、老後に豊かな生活をおくることは難しいといえるでしょう。

毎月の貯金額を決めて、使える範囲内で今を全力で楽しむスタイルに切り替えることをおすすめします。

また、「軽い男の特徴」もセットで読んでみましょう。

軽くて女好きな男性ほど貯金ができにくいと言われており、考えられる理由の1つに多くの女性にお金を使ってしまうから、という理由が考えられます。

貯金できない男=軽い男の可能性が高いので、こちらもセットで読んでみることで、より当てはまっている特徴が多くみられるかと思います。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP