1973年生まれの特徴

1973年(昭和48年)生まれの人の特徴

1973年(昭和48年)生まれの人の干支は丑年、年齢は今年(2020年)の誕生日を迎えると満47歳になります(数え年は48歳)。

この記事では、1973年に生まれた人の特徴をご紹介します。

1973年生まれの人がこの記事を読むと「そうそう!」「懐かしいな〜」と共感できる内容になっています。

また、1973年生まれではない人も1970年代生まれの人であればおよそ共感できる内容になっています。職場や近所付き合いのある人で1973年前後に生まれた人がいる場合は、その人の言動の背景を知る上で参考になるでしょう。

1973年(昭和48年)生まれの共通点と特徴

①生まれた人の数が多い

1973年に生まれた人の数は209万1983人です。1971年から1974年までの「第二次ベビーブーム」と呼ばれる期間のなかでもピークの多さです。

「第二次ベビーブーマー世代」「団塊ジュニア」などと呼ばれています。

この1970年代前半生まれと、第一次ベビーブーム(1947年から1949年)のときに生まれた「団塊の世代」の子供の中心となる1970年代後半生まれを一括りにして「団塊ジュニア」と称することもあります。

1973年生まれの人の人生に最も影響を与えるのは、この「生まれた人の数が多い」という特徴です。

②やたらとクラスの数が多い

小学校から高校時代の1クラスあたりの生徒数は45人程度で教室内は常に満員でした。マンモス校では、1学年あたりのクラス数が10を超えることがざらでした。

教室が不足して校舎を増築したり立て直したりといった工事が頻発したため、仮設のプレハブ教室で過ごす経験をした人も多いのではないでしょうか?

③受験競争が激しかった

同級生の数が多いということが主な原因となって、高校や大学の入学時の受験戦争が激しかったのも1973年生まれの特徴です。

親世代の学歴信仰も強かったため、偏差値の高い学校への進学を目指して常に高い倍率の競争に晒されてきました。

④バブルにギリギリ間に合わなかった

バブル経済が最高潮の頃、1973年生まれの人は中学から高校生時代を過ごしており、バブル景気に湧く楽しそうな(狂った?)世の中の様子をみて、高校卒業後は自分も楽しめると信じて疑わなかったにもかかわらず、あえなくバブルは弾けてしまいました。

せっかく厳しい受験戦争を乗りきってようやく大学生になった時には、既にバブルは弾けて世の中は平成不況へと突入していったのでした。

1973年生まれの人は、まさにバブルを目の当たりにしながら自分は体験できなかったという、「バブルにギリギリ間に合わなかった世代」なのです。

⑤就職時は「就職氷河期」

そして、1973年生まれの人が(浪人や留年していなければ)大学を卒業して社会人になる1996年前後は「就職氷河期」と呼ばれる就職難の時期のど真ん中にあたり、困難な就職活動を強いられました。

バブルに間に合わなかったばかりか、バブル崩壊の煽りを受ける羽目になってしまいました。なんと星廻りの悪い世代でしょうか。

⑥バブル入社世代のできない先輩や上司に怒る

厳しい受験競争と就職氷河期を経てなんとか生き抜いてきた1973年生まれの人は、その体験から「真面目で堅実」な特徴を持つようになりました。

しかし、好景気のなかで厳しい競争に晒されることもなかった先輩・上司は「華やかで楽天的」な特徴を持っているため、大した実力もないのに楽して良い立場にいるだけの無能な人間に見えてしまい、苛立って仕方がないのです。

⑦ほかの世代よりも醒めている(現実主義)

バブルの崩壊で天国から地獄に落ちた人を見て、自分も就職氷河期と不景気を味わい、運よく就職できても会社内で酷使され、給料も上がらず、転職先もないという辛い経験をしてきたため、「ほかの世代よりも覚めている(現実主義)」ことも特徴としてあげられるでしょう。そのため、以下のような共通点を持っています。

  • ブランドものに対する興味が低い
  • コスパ・時短・効率を判断基準にする
  • SNSなど流行っているものを取り入れようと努力する

1973年生まれの人生年表

1973年生まれの人の人生の節目の年に何があったかを見ていきたいと思います。

7歳(1980年/昭和55年)小学校入学

  • 任天堂がゲームウオッチを発売
  • ルービックキューブが日本で発売
  • 山口百恵が引退
  • 巨人の王貞治選手が現役を引退
  • ジョン・レノン銃殺事件

その他、1980年代アイドルブームが到来し、松田聖子、田原俊彦、岩崎良美、河合奈保子、三原順子、柏原よしえ(現・芳恵)らがデビュー。

13歳(1986年/昭和61年)中学校入学

【出来事】

  • 任天堂がファミリーコンピュータ・ディスクシステムを発売
  • 人気アイドルの岡田有希子が東京都内のビルで飛び降り自殺
  • ドラゴンクエストが発売される
  • ビートたけしによる「フライデー襲撃事件」

【テレビ番組】

  • あぶない刑事(舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル)
  • 男女7人夏物語(明石家さんま、大竹しのぶ、池上季実子、奥田瑛二、片岡鶴太郎、賀来千香子)
  • スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇(浅香唯、大西結花、中村由真)

16歳(1989年/昭和64年・平成元年)高校入学

【出来事】

  • 昭和天皇が崩御。元号が昭和から平成に変更
  • リクルート事件(リクルート創業者・当時会長の江副浩正氏逮捕)
  • 任天堂がゲームボーイを発売
  • 冷戦の終結が宣言される(マルタ会談)
  • 大納会で日経平均株価が史上最高値38,915円87銭を記録

【テレビ番組】

  • 君の瞳に恋してる!(中山美穂、前田耕陽、菊池桃子、大鶴義丹、吉田栄作、田中美奈子)
  • 愛しあってるかい!(陣内孝則、小泉今日子、柳葉敏郎、田中律子、和久井映見)
  • ママハハ・ブギ(浅野温子、織田裕二、的場浩司、石田ひかり、所ジョージ、竹内力)

20歳(1993年/平成5年)成年

【出来事】

  • 当時プロ野球選手の江夏豊、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕
  • Jリーグ開幕
  • 横浜ランドマークタワー開業・レインボーブリッジ開通
  • 元首相の田中角栄氏・元フジテレビアナウンサー逸見政孝氏が死去

【テレビ番組】

  • ひとつ屋根の下(江口洋介、福山雅治、酒井法子、いしだ壱成、大路恵美、山本耕史)
  • あすなろ白書(石田ひかり、筒井道隆、木村拓哉(SMAP)、鈴木杏樹、西島秀俊)
  • 高校教師(真田広之、桜井幸子、赤井英和、京本政樹、持田真樹)

30歳(2003年/平成15年)

【出来事】

  • 「千と千尋の神隠し」がアカデミー賞長編アニメ映画賞受賞
  • 郵政民営化(郵政事業庁が日本郵政公社に)
  • 六本木ヒルズがグランドオープン

【テレビ番組】

  • GOOD LUCK!!(木村拓哉、柴咲コウ、堤真一、安住紳一郎)
  • 僕の生きる道(草なぎ剛、矢田亜希子、大杉漣、小日向文世)
  • 白い巨塔(唐沢寿明、江口洋介、石坂浩二、伊武雅刀)

40歳(2013年/平成25年)

【出来事】

  • ボストンマラソン爆弾テロ事件
  • 宮崎駿監督が長編映画からの引退を発表
  • 猪瀬直樹東京都知事が徳洲会から5,000万円収受判明

【テレビ番組】

  • あまちゃん(能年玲奈、小泉今日子、尾美としのり、杉本哲太、松田龍平)
  • 半沢直樹(堺雅人、上戸彩、香川照之、及川光博、片岡愛之助)
  • 救命病棟24時(松嶋菜々子、時任三郎、佐々木蔵之介、風間俊介、芦名星)

1973年に生まれた人がカラオケで歌っている曲

1973年生まれの人が、カラオケ(JOYSOUND)で歌っている曲ランキングトップ10はこのようになっています。

  1. Lemon(米津玄師)
  2. Pretender(Official髭男dism)
  3. まちがいさがし(菅田将暉)
  4. マリーゴールド(あいみょん)
  5. 粉雪(レミオロメン)
  6. 紅蓮華(LiSA)
  7. 白日(King Gnu)
  8. 糸(中島みゆき)
  9. 馬と鹿(米津玄師)
  10. 残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)

【出典】JOYSOUND「年代別カラオケランキング」

米津玄師、菅田将暉、あいみょんといった最近の人気ミュージシャン以外の曲をみると1973年生まれに長く愛されて歌われ続けている名曲がわかります。

  • 総合8位(女性6位、男性10位)で、男女共に歌っているのは「糸/中島みゆき」
  • 総合5位(男性6位)が「粉雪(レミオロメン)」
  • 総合10位(女性3位)が「残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)」
  • 総合ではランク外ですが、女性8位となっているのが「ハナミズキ(一青窈)」

となっています。1973年生まれの人には、「うん、わかる〜!」というランキングになっているのではないでしょうか?

固定ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP