子煩悩な父親の特徴9つ

外で仕事をするよりも、家庭の中で奥さんや子供と交わっていることのほうが大好きで、またそのことが自分の使命でもあると思ってるような人、こういう人は子煩悩な父親になることが多いです。

昨今よくもてはやされるイクメンは、まさにこの家庭的な父親に該当しますが、このイクメンは子煩悩である人が多いといるでしょう。

家庭的であるということは、子供の成長をいつも気にかけている証拠ですから、子煩悩へと変わりやすいのです。

 

自分が大好き

そもそも子供は自分のDNAを受け継いでいますから、自分が大好きな男性の子供を好きにならないはずがないのです。

しかしこのタイプの困った部分は、親ばかになってしまう傾向が強いことです。

自分と同じくらい子供が好きですから、どんなことにも過大評価をしてしまい、客観的に自分の子供を見ることができなくなってしまいます。

もちろん子供は可能性に満ち溢れているので、過大評価は仕方ありませんが、親ばかとまでいけば、逆に子供の将来が心配になってしまいます。

 

自己犠牲的である

父親になる前からとても自己犠牲的な人がいますが、こういう人も子供ができると子煩悩になるケースが多いです。

独身の頃は、その自己犠牲的な精神を自分以外の他人や会社にぶつけていましたが、父親になって子供ができると、その精神を子供にぶつけはじめます。

子供のためなら命を捨ててもいい、なんだってやる、こうした父親としての子供に対する自己犠牲的な精神は、子煩悩な父親が見せる特徴としては、とても分かりやすいものです。

こういうタイプの人は、例え子供がどこかへ去っていっても、また別の人を対象にして自己犠牲的な精神を示そうとするでしょう。

 

時間もお金もある程度の余裕がある

時間にもお金にもある程度余裕がある家庭には、やはり心の余裕が生まれてきます。

そしてその余裕な時間を子育てにあてることができるので、結果的に子煩悩になりやすいというデータがあります。

逆に両方の余裕がない場合は、夫婦喧嘩の回数も増加し、子育ては母親に任せっきりになってしまう傾向が強いので、なかなか理想通りには結婚生活をおくれないケースも多々見られます。

 

可愛いだけではだめです

いかがだったでしょうか。

子煩悩な父親の特徴についてですが、よくこんな質問をする女性がいます。

「子供を可愛いといっている彼なんですが、子煩悩なのでしょうか?」

答えは、必ずしもそうとは言えないです。

なぜなら子供は自分の理想通りには動いてくれませんし、相手をするのにもかなりの体力が必要です。

ストレスから虐待に走ってしまう父親もいれば、育児放棄をしてしまう父親もいますので、可愛いという発言だけで子煩悩だと決めつけるのは、あまりにも危険だといえるでしょう。

また、「夫婦円満な人によく見られる特徴」もセットで読んでみましょう。

子煩悩と夫婦円満の関係性は強く、子煩悩な父親がいる家庭には、上記のページでご紹介している特徴が多々当てはまっているかと思います。

そんな特徴についても、一度チェックしてみましょう。

ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP