中国人の性格の特徴10選

ただしこれは、顔見知りになってから、フレンドリーになった人が多いように感じました。

ネットのみでのイメージで、あまりいいイメージを持っていない人も多いでしょうが、いい人もたくさん中国にはいます。

これは日本も同じであり、いい人もいれば悪い人もいますが、イメージよりも全然いい人が多かったという印象を持ちました。

 

マナーが悪い

日本人はマナーに厳しい国ですから、日本人から見れば中国人はマナーが悪く見えてしまいます。

食事中のマナーであったり、集団行動でのマナーなどの意識がそれほど高くないので、マナー違反と思えるような行動をしがちです。

そもそもマナーというのは、比較的経済的に豊かな国ほど意識が高い傾向にあるので、大きな経済発展を遂げている中国だけに、これからそういった意識も高まってくる可能性も十分に考えられます。

 

無神経に感じることも

また、平気で人の年収を聞いたり、空気が読めない部分も多く見られ、こちらは育ってきた環境によって大きく変わります。

日本でも同じですが、やはり裕福な家庭に育ってこなかった人ほど、無神経なタイプの人が多いように感じました。

逆に厳しい教育を受けてきた人ほど、マナーであったり礼儀をしっかりとわきまえている人が多いです。

 

決して譲らない性格

中国人と日本人の性格面での特徴的な違いといえば、あまり他人には譲らないということです。

何か一つのものを取り合うとき、日本人は積極的に相手に譲ろうとしますが、中国人はあまり譲ったりはしません。

電車やバスでも、椅子が一つ空いていたらすぐに自分が座ることが多く、無理矢理席を確保する人も中にはいます。

もちろんこれは一部の人であることに間違いはありませんが、こういった性格の人が日本人よりも割合は多いと感じます。

これも育った環境の違いが大きいといわれており、育ってきた環境によって、決して譲らない性格が作り上げられてしまうのです。

 

志が高い

また、中国人の性格で日本人が見習うべき部分は、とても志が高いことです。

中国人は誰もが大業を成すことを考えており、人生を小さく終えようなどとは考えていません。

これまで誰も成し遂げられなかったことを目標にする人間も多く、そういう人はその目標を達成するためによく学び、また勤勉に働こうとします。

小さな目標で満足せず、常に高い志を抱いているので、その個性と個性がぶつかり合うこともしばしば。

 

地域によっても差が出ます

いかがだったでしょうか。

中国は非常に広い国であるために、地域によっても性格に大きな差が出ます。

上海と北京では少し性格の特徴が違ってきますし、貧困層が多く住んでいる地域では、全く性格が違ってきたりもします。

当サイトでは中国でも都会よりに多い性格の特徴をご紹介しましたが、田舎に行けば、また新たな中国人の良さというものが多々見られるでしょう。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP