ポリウレタンの特徴と劣化などの弱点は?

 

保存状態をしっかりと

最も多いトラブルがポリウレタン製の洋服をクリーニングに出してしまい、そのせいで劣化が早まる事です。

紫外線もポリウレタンの劣化を早める原因になりますので、衣類を置く場所は直射日光が当たらない場所にするなど工夫も必要です。

ポリウレタンは製造されてから徐々に劣化が進むので、新品でも製造日から時間が経過している場合は、既に劣化が目に見える場合もあります。

 

ポリウレタンのメリットとは?

一見ゴムと似ている素材ですが、ゴムよりも耐久性があり軽量です。

このためストッキングのようなデリケートで繊細なアイテムにもピッタリですし、実際に女性用のブラジャーやガードルにもポリウレタンが使われています。

ゴムは劣化しやすく染色ができませんが、ポリウレタンは染色ができるのでカラーバリエーションも豊富です。

 

ポリウレタンのデメリットについて

ゴムより耐久性には優れていますが、劣化は避けられません。

洋服などにも多く使われていますが、ポリウレタンの寿命は2年から3年程度です。

合成皮革や人工皮革にも使われていますが、ポリウレタン製のジャケットなどを雑に扱えば、その分寿命も短くなります。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP