心を閉ざす人の心理的特徴~原因8選

これは過去のトラウマにより、「人を信じてはだめだ」という心理が強く働き、そして自分を守るために心を閉ざしたまま成長してしまうわけです。

このタイプはよく根暗と呼ばれる人に当てはまっており、恋人などをきっかけに、明るい自分を取り戻すことができたりもします。

 

被害妄想などの病気

被害妄想が激しい人や、何らかの病気が原因で心を閉ざしてしまうこともよくあることです。

基本的に被害妄想が激しい人の心理には、周りが自分だけを監視している…などの心理が働き、結果的に悲劇のヒロインを演じて心を閉ざしてしまう傾向が高くなりがちです。

また、何らかの病気が原因で心を閉ざしてしまう人の心理的特徴には、「周りに共感してもらえない…」という不満から、心を閉ざしてしまう傾向が高くなりがちです。

 

心を閉ざす=フェードアウトが鉄板

いかがだったでしょうか。

心を閉ざしてしまう原因には必ず、何らかの心理的変化が付きものであり、そして一度でも心を閉ざしてしまえば、関係がフェードアウトしていくことが非常に多いです。

ですから心の中でいつまでも憎しみを持つのではなく、その人の存在自体をフェードアウトさせることができれば、自分にとっても一番良い対策方法といえるでしょう。

間違っても、いつまでも憎しみを抱くなんてことは無いようにしたいものです。

また、「逆恨みする人の心理的特徴8つ」もセットで読んでみましょう。

心を閉ざした結果、逆恨みされてしまった。

または、逆恨みをしたことがある人も多いのではないでしょうか。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP