プレッシャー世代の特徴と優秀の関係性10選

ですから、団塊の世代VSゆとり世代のバトルはよく耳にしたりしますが、プレッシャー世代は柔軟性があるので、どちらも世代とも上手くやっていけるといった特徴がみられます。

これはどちらの気持ちも共感できる部分があるので、中立の立場としてやっていきやすいのです。

 

jリーグに詳しい世代

1992年~1994年にかけてJリーグブームが起こったこともあり、サッカー経験者やサッカーに詳しい人が多い世代となります。

最近でも本田圭佑選手や長友佑都選手がビッグクラブでの活躍もあり、ブームが訪れましたが、それとは比較にならないくらいjリーグが盛り上がった時に子供であった時代です。

ですから、小学生のころにサッカーを習い始めた人も多く、非常にサッカーに詳しい人が多くなった世代です。

 

優秀

プレッシャー世代は優秀であると評価されることが多く、特に上下の差が激しくなってきた世代でもあります。

ですから優秀な人は非常に打たれ強く、向上心があったりもしますが、一方で心が弱い人も多いです。

プレッシャー世代全般が優秀というよりかは、できる人とできない人の差が大きくなってきた世代とも言えるでしょう。

スポーツで例えると非常に分かりやすいですが、世界を目標としてやってきた人が多くなってきて、その一方で無気力で打たれ弱い人も多くなってきたといえば分かりやすいでしょうか。

 

肉食系の最後の世代です

いかがだったでしょうか。

プレッシャー世代は肉食系男子が主流だった時代の、最後の時代となります。

もっとも、ゆとり世代でも上の世代は肉食系が主流ですが、携帯などに頼ることも少なかった時代ですので、モテる人が多いといった特徴も見られます。

これは特に男性に当てはまる特徴であり、携帯などの文字に頼らずに、直接言葉で伝えることも多かった時代ですので、聞き上手な人がゆとり世代よりも多いのです。

ですから下の世代からは、しっかりと話も聞ける、優しい上司として見られることも多いでしょう。

また、「嫌悪感を抱く心理的特徴7選」もセットで読んでみましょう。

大人になればなるほど嫌悪感を抱く回数も多くなり、あなたも嫌悪感を抱いてしまったこともいくつかあるはずです。

そんな嫌悪感を抱いてしまったあなたの心理を知ってみませんか?

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP