小心者の特徴と克服方法10選

もちろん一人で生きていける人など存在しませんが、小心者ほど依存してしまうために、恋人から重いと思われてしまったり、めんどくさいなどの感情を抱かれてしまいがちです。

さらに他人に依存してしまう人というのは、どうしても地元から出ていけなかったり、誘われなかったことを仲間外れにされているかもしれない、といった負の感情を抱くことも多くなるので、妄想から自分自身を責めてしまうことも多くなってきます。

 

心配事が尽きない

小心者は心配事が尽きずに、とにかく小さなことであってもくよくよ悩んでしまったり、マイナスなイメージを抱いてしまいがちです。

特徴的であるのは、小心者ほど考えすぎて疲れてしまうといった傾向がみられ、この気持ちが他人に共感されにくいといった特徴も見られます。

心配事が尽きないということは、他人の気持ちに共感する能力に長けるといったメリットも見られますが、自分で自分を苦しめてしまうといったデメリットも見られますので、やはり小心者である性格をある程度改善できた方が、メリットは多いといえるでしょう。

 

対処法~自信をつけよう!

さてここからは、対処法についてお伝えしていきます。

小心者への対処法として最も効果的であると言われているのが、この自分に自信をつけることであり、自信をつけるためにはまずは小心者である原因を見つけなければなりません。

例えば、コンプレックスを抱いている場合は、自分のどういった過去が原因でコンプレックスを抱くようになったのか?または、なぜそれほどのコンプレックスを抱かなければならないのか?といった部分を考え直す必要があります。

そしてこのコンプレックスが、鼻が大きいのであれば、整形手術をしてみるのはもちろんのこと、雰囲気お洒落でカバーをしてみるなど、【自分が魅力的に見えるためにはどうすればいいのだろうか?】ということを、常に考えておきましょう。

自分磨きをするということは、自分に自信をつけるきっかけとなることも多いですから、とにかく自分が魅力的に見える為の方法をたくさん実行し、コンプレックスへの意識を自信に変えていくことによって、小心者の性格を克服することは可能です。

また、自分の魅力をしっかりと理解し、自分には自分にしかない魅力があるということを受け入れることができれば、小心者である自分を変える確率をグッと上げることができるはずです。

 

勝ちの基準を決める

小心者の克服方法の2つ目は、勝ちの基準を自分で決めてしまうということです。

今のままで他人と比べたところで現状がすぐに変わるわけでもありませんし、何より自分にまた大きな劣等感を抱いてしまうだけです。

そうではなく、勝ちの基準を自分で決めてしまい、自分はこういった部分は勝っているといった自己評価をしてあげましょう。

例えば、顔は負けているけどお笑いセンスと気遣いセンスでは勝っているから、2対1で自分の勝ちだという勝ちの基準を設けることによって、自分に自信を持ち、小心者を克服できるようになります。

物事というのは考え方次第では、いろんな捉え方ができますから、できるだけ自分にとってプラスになるように、勝ちの基準を勝手に決めてみてください。

また、外見にコンプレックスを抱いている場合は、人それぞれタイプというものがありますから、初めから外見で負けているなんて思い込むことは、例え相手があなたの外見がタイプだった場合であっても、自分に自信をつけるチャンスを失うことになりかねませんので、そんな考え方は捨ててしまうように努力する必要があります。

 

小心者を卒業しよう

いかがだったでしょうか。

小心者を克服することによって、自分の魅力を引き出すことに繋がり、あなたの人生は大きく変わるでしょう。

幸せである人と幸せでない人の違いというのは、考え方1つで幸せなのか不幸せなのか、といった部分が大きく違ってきますので、自分に自信を持ち、小心者の自分とはおさらばしてしまいましょう。

小心者を卒業できた証には、今まで感じれなかった自分自身への感情や、他人への感情といった部分を感じることができるはずです。

また、「攻撃的な人の心理的特徴7選」もセットで読んでみましょう。

小心者であるあなたは、臆病である自分を守るために攻撃的になってしまうことがありませんか?

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP