小心者の特徴と克服方法10選

気が小さいからこそ、我慢に我慢を積み重ねたり、自分を大きく見せるために、感情的に自分の気持ちを伝えてしまいがちです。

ですから小心者ほど、感情的になってしまい、恋人を傷つけて破局してしまうことが多く見られるということになります。

 

周りの評価を気にする

小心者ほど周りの評価に敏感であり、とにかく自分の評判や馬鹿にされていないかといった部分を気にしがちです。

ですから小心者ほど、無難なファッションをしがちであり、また意見なども周りに流されてしまうことが多くなります。

周りの評価を気にするあまり、自分という人間を偽ってみせてしまっては、それは自分の長所を消すということにも繋がりますので、結果的に魅力的と感じない人の特徴に当てはまってしまうことが多くなります。

 

他人に依存してしまう

小心者ほど恋人や友達、親に依存しがちであり、一人で生きていける自信がありません。

もちろん一人で生きていける人など存在しませんが、小心者ほど依存してしまうために、恋人から重いと思われてしまったり、めんどくさいなどの感情を抱かれてしまいがちです。

さらに他人に依存してしまう人というのは、どうしても地元から出ていけなかったり、誘われなかったことを仲間外れにされているかもしれない、といった負の感情を抱くことも多くなるので、妄想から自分自身を責めてしまうことも多くなってきます。

 

心配事が尽きない

小心者は心配事が尽きずに、とにかく小さなことであってもくよくよ悩んでしまったり、マイナスなイメージを抱いてしまいがちです。

特徴的であるのは、小心者ほど考えすぎて疲れてしまうといった傾向がみられ、この気持ちが他人に共感されにくいといった特徴も見られます。

心配事が尽きないということは、他人の気持ちに共感する能力に長けるといったメリットも見られますが、自分で自分を苦しめてしまうといったデメリットも見られますので、やはり小心者である性格をある程度改善できた方が、メリットは多いといえるでしょう。

 

対処法~自信をつけよう!

さてここからは、対処法についてお伝えしていきます。

小心者への対処法として最も効果的であると言われているのが、この自分に自信をつけることであり、自信をつけるためにはまずは小心者である原因を見つけなければなりません。

例えば、コンプレックスを抱いている場合は、自分のどういった過去が原因でコンプレックスを抱くようになったのか?または、なぜそれほどのコンプレックスを抱かなければならないのか?といった部分を考え直す必要があります。

そしてこのコンプレックスが、鼻が大きいのであれば、整形手術をしてみるのはもちろんのこと、雰囲気お洒落でカバーをしてみるなど、【自分が魅力的に見えるためにはどうすればいいのだろうか?】ということを、常に考えておきましょう。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP